犬の骨肉腫→滑膜肉腫で脚を切断。今は元気いっぱいです!

【獣医師監修】犬の骨肉腫→滑膜肉腫で脚を切断。今は元気いっぱいです!

お気に入りに追加

愛犬が滑肉腫になり、脚を切断しました。最初は関節炎だったのですが、腫れが引かず腫瘍は大きくなって膿を持っていきました。悩みましたが脚を切断したところ、現在では3本足で元気いっぱいです!

5266view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

元気な犬

去年の冬、うちのワンは寒さから前脚が関節炎にかかりました。

少し歩き辛そうにしていましたが相変わらず散歩を楽しんでいたし、この時点ではワン本人も気にしていなそうでした。

犬の骨肉腫

注射

でも春になって右前脚だけは痛がったままで、病院へ行ったのですが触診では特に異常はなく痛み止めと関節用のサプリメントをもらいました。

中型犬の9歳ではほぼ老犬だし、仕方ないと思っていたのですが5月になると脚が腫れていて、どうも「ここ痛いの」という感じで心配そうに腫れる脚を見る私達をジッと見つめていました。

すぐに血液検査、レントゲン。

骨肉腫という診断でした。

「治療して1年、治療しなければ2~3ヶ月の命と言われてます」そう言われた時には絶望しました。

治療方法があるとしても、愛犬を病魔が襲えば誰でも最初は悲観にくれると思います。

転移もなく、副作用の少ない現状維持の目的で抗がん剤を飲むことになり、たまに元気がない時に抗がん剤をストップして痛み止めにしたり、表面上は何事もなかった様にワンは普通に暮らしていました。

ところが腫れた場所が膨らみ赤くなってくると、すごいスピードで腫瘍は成長。

本当に酷い有り様でした。

犬は腫瘍を舐めて、破けて膿?液?が出る悪循環。

さらには自壊した傷口から出る悪臭は家中に広がり、犬の部屋のシーツは変えても変えてもキリがなく、でも腫瘍を除けばほとんど普段と変わらない様子だったので救われました。

脚を切断

手術

しかし今後の治療方法を決めるのに詳しい検査を受けたら滑膜肉腫という診断で、検査結果が出るまで一週間、その3日後に腫瘍のある脚を切断する事になりました。

手術当日は、本人に了解を得ないで勝手に脚を切って良いのか?など悩み、術後の面会では痛々しい傷跡は気の毒でしたがパッと憑き物が晴れたように見えたのです!!

元気いっぱい!

元気な犬

退院する時には帰りにオシッコをさせに車から降ろすと、3本脚で喜んで走りました。

現在、切断手術から4ヶ月が経とうとしていますが「この子、こんなに悪戯っ子で力持ちだったなぁ」と再認識すると同時に腫瘍がいかに不快で痛かったかが伺える中、元気一杯に暮らしています。

再発防止に抗がん剤を服用していますが、これまでの事は一つの試練だったと考えていてます。

まとめ

犬は簡単に痛そうな顔をしないので気が付かないこともあります。しかし、全身を触って確認し気になる箇所があったり、決まった場所ばかり舐めるなどいつもと違うことをしていたら早めに受診してください。

大事なのはその時その時の対処なのかと思います。

治療に専念できるように環境を整えたり、膿が出るならシーツを大量に常備するなどでしょうか。

骨肉腫は骨の腫瘍です。骨は痛みを感じない臓器のように見えますが、実は骨の腫瘍はかなりの痛みを伴います。足を切断することには大きな抵抗があると思います。しっかり獣医師と話し合い、命が助かる選択肢を考えていきましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 太陽

    以前、愛犬をドッグパークに連れて行った時に3本脚のラブラドールが元気よく走り回っていました。3本脚でしたが不自由そうではなく、元気よく走り回る姿にとても感動しました。こちらのワンちゃんは交通事故で3本脚になってしまったようなのですが、骨髄腫という病気でも脚を切断するとは知りませんでした。この記事の飼い主さんの気持ちを思うと、切なくなります。相当な勇気のいる決断だったと思います。ワンちゃんだって、手術後に起きたらまさか自分の脚が無くなっているなんて思ってもいなかったと思います。しかし、命が助かって本当によかったと思います。また、退院した時にオシッコをさせてあげた際、3本脚で喜んで走っていたようで良かったですね。これからも元気に頑張って欲しいです。
  • 投稿者

    女性 らぶらん

    今、元気いっぱいの姿とのことで何よりです。治療中から切断までのやぶねこさんのお気持ちもお察しします。どうしたいかをわんこに答えてもらうことができないのはわかっていますが、飼い主として決断を下すこともまた難しいことだと思います。
    私は10歳(当時)を過ぎたラブラドールに精巣腫瘍がみつかり手術を行いました。気づくのも遅く精巣がとても大きく腫れていたことで病院にいきわかりました。私達家族は手術での摘出を決断しました。高齢になっていたので手術にたえられるのか、この子はどうしてほしいのかな、などいろいろと考えましたが1日でも長く生きてほしい思いで踏み切りました。術後の経過もよく、結局15歳を過ぎる長生きをしてくれてこの世を去りました。手術のときに、この腫瘍は去勢で防げるものだと初めて知りました。うちの子は繁殖もさせていなかったので、去勢を小さい頃にしていれば防げた病気でした。たくさんの喜びをもらう分、犬を飼う責任は重いですよね。やぶねこさんとわんこたちがこれからも幸せな毎日を送れますように。
  • 投稿者

    女性 雀3号

    足を切断してしまっても命があって元気ならそれは良い選択をしたのだと思います。後ろ足が動かなくても車椅子で元気にお散歩している子もいます。犬はなければどうにか順応していける動物です。飼い主が思っているよりも頑張ってくれます。

    骨肉種の発症は10kg以降の犬種で7~9歳頃に多くみられるとあります。そのくらいになると手術ができるギリギリのラインです。腫れや痛みも酷く、見ていてとてもつらいと思います。
    原因ははっきりと判明していないので予防することは難しいです。骨肉種は進行がとても早いので転移も早いです。日頃の体調の変化などを見逃さず、できる限り早期に手術や治療を進められるようにしてあげてください。

    手術後は抵抗力も落ちています。衛生面も注意し、感染症などうつらないようお散歩なども少しの間は控えた方が良いと思います。
    落ち着いたら、太陽の下で元気にお散歩させて免疫力をアップさせてあげてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。