日本犬は認知症になりやすい?理由とやりたい対策

【獣医師監修】日本犬は認知症になりやすい?理由とやりたい対策

お気に入りに追加

犬も人間と同じように認知症になります。そして近年、認知症になる犬は増えてきています。どの犬も認知症になる可能性はありますが、特に日本犬が認知症になりやすい傾向にあるのをご存知ですか?この記事では、なぜ日本犬は認知症になりやすのか、そして愛犬の認知症を予防するためにはどのような対策を行ってあげたらいいのかご紹介します。

7913view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

日本犬は認知症になりやすいの!?

柴犬

近年、犬の寿命が延びて高齢化が進んでいます。それに伴って、犬も認知症を発症するケースが増えているそうです。

認知症とは、加齢などによって脳の神経細胞が減少したり萎縮したりして、一度正常に発達した知能が低下した状態のことをいいます。認知症になると、

  • 狭いところに入りたがり、入ると出られなくなる
  • 昼間に寝て、夜中に起き出す
  • 夜鳴きをする
  • トイレの失敗が多くなる
  • 同じ場所をグルグルと旋回する
  • 食べても食べても痩せていく

などといった症状が現れます。

13~15歳辺りから発症しやすいと言われていますが、洋犬よりも日本犬や日本犬系のミックスが認知症になりやすい傾向にあり、中でも柴犬が最も認知症になりやすい犬種とされています。

なぜ、柴犬をはじめとする日本犬は認知症になりやすいのでしょうか?わが家にも柴犬がいるので気になり、調べてみました。

日本犬が認知症になりやすい理由とは?

秋田犬

日本犬が認知症になりやすい理由は、残念ながらまだはっきりとは分かっていません。しかし一説によると、食生活の変化が関係しているのではないかと考えられているようです。

日本犬は昔、人間の残飯を食事として与えられていました。日本人は魚中心の食生活を送っていたため、日本犬も主に魚からタンパク質を摂取してきましたが、1960年代ごろから肉を主成分とするドッグフードが普及するようになりました。つまり日本犬の食生活は、魚中心から肉中心へと大きく変化したのです。

この食生活の変化によって日本犬は、魚に多く含まれる不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)の摂取量が不足するようになり、それが認知症の発症につながっているのではないかと考えられています。実際、認知症の犬とそうでない犬のDHAとEPAの血中濃度を比較すると、認知症の犬のほうがその濃度が低いことが確認されています。

愛犬のためにやりたい認知症の予防対策

日本犬

日本犬が認知症になりやすい傾向にありますが、どの犬も認知症を発症する可能性はあります。認知症は発症してしまうと、現段階では根本的に完治させる薬や治療法はありません。ですから、認知症を発症しないように予防することが大切です。

認知症を予防するためには脳に刺激を与え、脳を活性化させることがポイントになります。では、飼い主さんは愛犬の認知症を予防するためにどんなことをしたあげたらよいのでしょうか?犬の認知症の予防対策を4つご紹介します。

①適度な散歩をする

散歩へ行くと、外界のさまざまな音やにおいや風景などが犬にとってよい刺激となり、他人や他犬と出会ったり触れ合ったりすることもできるので、それもまた刺激になります。時々、散歩の時間やコースを変えるとさらに刺激が高まり、脳が活性化されます。

愛犬が年を取ってくるとその身体を気遣い、散歩を控えようと考える飼い主さんもいるかもしれません。しかし、外界からの刺激がないと老化を促進してしまいますし、運動をしないと体力も低下してしまいます。ですから、愛犬の年齢や体力に合わせた、適度な散歩を続けていきましょう。

もし、愛犬の足腰が弱ってしまって歩行が困難である場合は、愛犬をカートに乗せて散歩するだけでも脳に刺激を与えることができ、気分転換にもなります。

②脳トレをする

『脳トレ』といっても、難しく考えなくても大丈夫です。『オスワリ』や『オイデ』や『マテ』など基本的なしつけを継続して行ったり、飼い主さんが話しかけたりするだけでもそれが犬にとっては刺激となり、脳トレになります。

その他、知育玩具を与えたり、飼い主さんとゲームをするのもオススメです。例えば、紙コップを3つ用意して、その中の1つにだけおやつを入れてシャッフルし、どの紙コップにおやつが入っているかを当てさせるゲームなどは、愛犬にとってよい脳トレになるでしょう。

③DHAやEPAを与える

青魚などに多く含まれるDHAやEPAといった不飽和脂肪酸は脳を活性化し、脳の老化が進みにくくなると言われており、認知症の予防や症状の改善への効果が期待されています。

ですから、認知症の予防としてDHAやEPAの犬用サプリメントや、DHAやEPAが含まれたドッグフードなどを愛犬に与えるのもいいでしょう。なお、愛犬にサプリメントを与える際は、獣医師に相談することをお勧めします。

④マッサージをする

マッサージをすると血行がよくなるため、脳の活性化が期待できます。飼い主さんがマッサージしてあげることで愛犬はリラックスすることができますし、大切なコミュニケーションの時間にもなります。

愛犬をマッサージするときは、優しくなでる程度でOKです。強く押しすぎないように気をつけましょう。

まとめ

柴犬と飼い主

近年、認知症が増えてきており、特に日本犬が認知症になりやすい傾向にあります。その理由ははっきり分かっていませんが、食生活の変化が関係しているのかもしれません。

しかし、日本犬だからといって必ず認知症になるわけではありません。そして、どの犬も高齢になれば認知症になるリスクは高まります。現段階では認知症を完治することは望めないため、予防と早期発見が重要になります。愛犬のためにできる限りの予防対策を行い、気になる行動などが見られた場合は早めに動物病院へ連れて行きましょう。

もし愛犬が認知症になったとしても、これまでと変わらない愛情を持って最期までお世話してあげたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。