犬を愛している人に共通する7つの特徴

犬を愛している人に共通する7つの特徴

お気に入りに追加

犬を飼っている人が犬を愛しているのは当たり前ですが、中には犬を愛していても飼うことができないという人も大勢います。そこで今回は犬を飼っている、飼っていないにかかわらず、犬を本当に愛している人に共通する特徴や癖を取り上げていきます。

49413view

犬を愛している人に共通する特徴とは?

犬におやつをあげる女性

犬を好きな人は大勢いますが、犬を本当に愛している人は自分の犬を甘やかしすぎたりはしません。なぜならば、それが犬のためにならないことだと知っているからです。

このように犬を愛している人は、基本的に「犬のために何ができるのか」「犬にとって何が良いことなのか」を理解しようとする傾向が強いです。ここでは犬を本当に愛している人に共通する特徴や考えをメジャーな点から意外な点までご紹介します。

1.犬の習性を理解している

犬と見つめ合う人

まずは犬の習性を理解しようとしている、あるいは理解しているという特徴が挙げられます。犬を飼っている人の中には、残念ながら犬をアクセサリーという感覚で見ており、本当の意味での家族として見ていない飼い主もいます。

犬と一緒に暮らすためには、まずお互いのことをよく理解することが大切です。問題行動と呼ばれる「吠える」「破壊行為」といった行動は、犬が本来持っている習性が関係しています。これを知った上で、どのようにしつけることが正しいのかを考えたりするのです。

犬の習性を知ることは、犬に無駄なストレスを与えず、快適に暮らしてもらうことに繋がります。これが非常に大事なことであると理解していると言えるでしょう。

2.自分の愛犬を構い過ぎない

パソコンをしながら犬を撫でる女性

犬を本当に愛している人の特徴として、自分の時間のすべてを犬に捧げるという考えを持つ人もいるかもしれませんが、実際はそうではありません。犬を本当の家族として愛しているのであれば、愛犬を構い過ぎないという特徴が犬を愛している人に共通する特徴でしょう。

もちろん、まだ子犬の場合には、イレギュラーなことも起こりますし、トレーニングなどの特別なお世話も必要になってきますので例外です。

愛犬を構い過ぎてしまうと分離不安症になってしまい、要らないストレスを溜めさせてしまう可能性が非常に高いです。「これは犬のためにならない」と理解している人であれば、自分のエゴを通さず、構い過ぎるという行動はしないのです。

3.構う時はついつい話しかけてしまう

男性と犬

しかし、やはり家族の一員、または犬も人間社会で共存する存在として見なしている人の場合、いざコミュニケーションをとる時についつい話しかけてしまうという特徴も持っています。

「ごはん美味しい?」や「ちゃんと待っていられたね!偉いね~」といったように、ちょっとしたことでも人間を相手に話しているかのように喋りかけてしまうのです。たまに我に返り、「なんでこんなこと愛犬に…」と思う人も多いのではないでしょうか。

4.オシャレは必要最低限

服を着た犬

最近では犬には必要のない過剰なオシャレをさせる飼い主さんがいますが、実際には犬に必要のない上、犬自身は違和感を抱いていたり、ストレスを感じていることも少なくありません。

本当に犬を愛している人であれば、その事実を知っている人も多いはずです。「実際は必要ないし、ストレスを溜めさせるなんて可哀想」と感じる人も多いでしょう。

冬場は防寒対策として1枚暖かい服を着させるという人も多いですが、過剰な装飾が付いている洋服は必要ありませんよね。このような装飾が付いている服は、犬にとってストレスの要因となりますので避けたいものです。

5.愛犬が寝ているのを見るとつい眠くなる

眠っている柴犬

自分が気を許している相手や本当に好きな相手が眠そうにしていると、ついつい自分も眠くなってしまうという現象は有名ですよね。これは犬と人間の関係にも同様のことが言えます。さらに人間が寝ているのを見ると眠くなる犬も多いです。

この特徴に関しては、「この現象が起きないから、私はまだまだなの?」なんて思うことはありません。共通することと言えど、犬を愛している人に必ず共通することではありません。どちらかというと「あるある」に近い特徴と言えるでしょう。

6.無意識の内に犬を目で追ってしまう

散歩する2匹の犬

これは犬が本当に好きな人であれば「わかる!」と共感する人がほとんどでしょう。しっかり頭をそちらに向けてみるわけではないけれど、つい目で追ってしまうという人は非常に多いです。

中には道で犬を散歩している人とすれ違う時、急いでいるのについつい目で追ってしまい、頭の中では「トイプードルだ」というように犬種当てクイズをしてしまうという人もいるのではないでしょうか。

7.しつけをしっかりしている

しつけをされる犬

「厳しくしつけをするのは可哀想」と言う人がいますが、しつけをせずに毎回怒られる方が犬にとってはストレスです。「可哀想」という理由をこじつけて、難しく面倒くさいしつけを怠るのはいけません。

たしかに、しつけは非常に難しいですし、一筋縄ではいきません。しつけをすぐに覚える子もいれば、1年かかってやっと覚えるという少々覚えの悪い子まで様々です。

しかし、人間と共存していく上で、しつけは非常に重要です。しつけをしないと、後々飼い主にとっても犬にとっても大変なことになります。飼い主の義務の1つとして、しっかりしつけという名のお世話をしましょう。

まとめ

犬を抱き上げる女性

いかがでしたでしょうか。この他にも、犬を愛している人が行ってしまう行動がたくさんあると思います。しかし、今回ご紹介したこれらの特徴や行動は、犬を愛している人ならばすべての人に共通しているものです。皆さんの中にも「ついついしてしまう!」と共感して下さる方がいれば嬉しいです。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 フウカパパ

    何が行動をする度に話しかけてしまいます。うちの子も理解しようとしてるのか首を傾けたりして、真っ直ぐにこちらを見てきますが、たまらなく可愛いしぐさの一つです。愛情を持って接すれば愛情で返してくるので親バカですが嬉しくなります。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    気がつくとよく声をかけてます。
    ご飯に食べムラがあるので全部食べれた時は全部食べれて偉いね〜とかオシッコやウンチの際も同じくです。
    褒められて嬉しいのかしっぽをプリプリさせて報告にくるので、声をかけるようにしてます。
    人間と同じで何かと褒めたり、声をかけるのはとても大切なように感じます。
    興味がない人から見るとただの自己満足や独り言に聞こえるかもしれないですが、何かと声をかけるのはコミュニケーションの1つでとても大切だと思います
  • 投稿者

    30代 女性 トリマー見習い

    愛犬には我慢を覚えさせること、鼻や耳をフル活用させる事を心がけています。

    しかしながら、部屋から立ち去ると、分離不安のような症状がでますが、数分もすれば他のことに気が向くようになるのでそこは安心できます!

    我が家の愛犬は三頭みなカット犬で、お洋服よりも可愛いカットが好きです!

    ショークリップが好きな飼い主のエゴに付き合ってくれる愛犬達に感謝しています。
    トリマー見習いの投稿画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。