飼い主のエゴになってない?犬にとって意味がない4つのオシャレ

8742view

飼い主のエゴになってない?犬にとって意味がない4つのオシャレ

最近、犬のオシャレの幅も広くなっています。カットの仕方も多種多様で、それぞれのわんちゃんの個性が光ります。しかし、オシャレの中には犬にとって意味がない飼い主のエゴであるものも存在します。どのようなオシャレが当てはまるのでしょう。

犬にとって意味がないオシャレとは?

過剰なファッションをする犬

犬も様々なオシャレを楽しめるようになった近年、同時に犬にとっては意味のないオシャレも多く存在します。そのほとんどは飼い主のエゴでできているため、犬自身は違和感を感じている可能性もあるのです。では、どのようなオシャレが犬にとって意味がないのでしょう。

1.装飾が過剰な洋服

派手な犬

まずは度々議題とされる犬の洋服です。本来、野生の犬は服を着ていなかったということから、服を着せること自体が人間のエゴだという声もよく聞きます。

しかし、それぞれの犬種によって、暑さに弱く寒さに強い犬もいれば、寒さに弱く暑さに強い犬もいます。それにより、冬の寒い日には寒さ対策として、服を着せる必要がある犬もいます。したがって、犬に服着せること自体が人間のエゴだとは思いません。

しかし、犬に服を着せることに関して、ある一定ラインを超えてしまうと人間のエゴとなるのではないかと感じます。

例えば過剰な装飾の付いた服です。先ほど紹介したように、服には寒さ対策や暑さ対策といった目的があります。本来の目的を逸れ、アクセサリーとしての目的のみとなってしまった服も多数存在します。特に装飾がジャラジャラ付いている服というのは、犬にとってもストレスとなり得るため、あまり良いとは言えません。

「愛犬のために買ってみる」というのは個人の勝手ですが、愛犬が少しでも嫌がるような仕草をするのであれば、過剰な装飾の付いた服はやめてあげる事が、犬にとって望ましいでしょう。

2.過剰なカットスタイル

ヘアカットされる犬

犬種によっても違いますが、最近は犬のヘアカットも様々なスタイルがあります。特に日本国内でも人気のトイプードルなどは、トイプードル専門のヘアカット集雑誌が販売されているほどです。

元々犬のヘアカットには、しっかり目的があります。例えば夏に向けて熱中症にならないよう、少しさっぱりさせてあげるという目的や、長毛種の場合には、トリミングをすることで衛生面での効果も期待できます。

上記をしっかりと押さえた上で、オシャレにカットしてもらうということは悪い事ではありません。しかし、中には飼い主のエゴにより、過剰とも言えるカットスタイルをトリマーさんに要望する人もいます。

独特で個性的なカットスタイルにすることにより、犬に悪影響を及ぼすということは少ないのですが、中には一部分だけ被毛を完全にカットしてしまうなどの奇異なカットをさせられている犬も見かけます。

被毛は犬にとって大切な物ですので、カットスタイルによって完全に取り除かれてしまうというのは、少々犬にとって可哀想だと感じてしまいます。これは飼い主のエゴに当てはまるのではないでしょうか。

3.被毛のカラー

カラーリングされた犬

人間は美容院へ行き、髪をカラーリングしてもらうことは珍しくありません。しかし、最近では犬にもカラーリングさせるという飼い主さんがいるというから驚きです。中にはトリミングサロンで提供されていることもあるのです。

しかし、実はこの犬のカラーリングというのは、犬にとって悪影響を及ぼす可能性があるという事をご存知でしたか?

カラーリング剤に含まれている材料には発がん性物質が含まれています。特に一部分だけカラーリングをするヘアマニキュアに関しては、国際がん研究センターにおいても注意喚起が出されているほどです。

さらにカラーリングに使われる材料にはアレルゲンとなる物質も含まれていることが多いため、犬の中にはアレルギー反応を引き起こしてしまう子もいます。アレルギー反応の症状の中には、重い症状ですと呼吸障害に陥ってしまう子もいます。

これらを見るだけでも、被毛のカラーリングというのは犬にとって良い影響があるとは思えません。完全に飼い主のエゴと言えるでしょう。

4.ネイル(マニキュア)

ネイルをされる犬

最後に筆者も驚いた犬のオシャレ事情の1つ・マニキュアです。犬にマニキュアをする必要は、まずありません。しかし、最近では通販などでも簡単に犬用のマニキュアが手に入ってしまうのです。

実は人間用のマニキュアは、犬にとって苦手な匂いの1つとされています。気を付けている飼い主さんであれば、自分自身がネイルをする際、室内を換気する人も多いほど、犬にとっては不快に感じる匂いなのです。特に刺激性の強いマニキュアもあるため、鼻に違和感を覚える犬も多いでしょう。

犬用のマニキュアの場合、「わんちゃんには安心」や「速乾性があるから舐めてしまう心配も不要」といった謳い文句が記されていることが多いです。中にはマニキュア独特の匂いが弱いという物もあります。

しかし、だからといって必ずしも犬に安全であるとは限りません。なぜならば多くの場合、安心と書かれていながら「十分に換気をして…」などと注意書きがされてますし、人間にも悪影響があると言われているマニキュアが、犬にとって犬用であるからという理由で、安心という確信はありません。

どちらにせよ、犬にとっては必要のないオシャレには変わりがありませんので、飼い主のエゴであるオシャレに当てはまるでしょう。

まとめ

嬉しそうに駆け回る服を着た犬

今回紹介したように、最近、犬のオシャレが幅広くなってきていることは確かです。しかし、それは愛犬にとって本当に必要なことでしょうか。ストレスなどの負担が掛かっていたり、悪影響を及ぼしていることはないでしょうか。

「うちの子のことだから自由でしょう」と言う人もいます。たしかにその通りですが、今回紹介した中では、特にヘアカラーやマニキュアに関しては、体に影響を及ぼす可能性が非常に高いです。

愛犬のためを思うのであれば、なるべくリスクは避け、ストレスが掛からないよう犬らしい暮らしをさせてあげる事が大切ではないかと思います。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。