犬にプリンを与える必要が無い理由について

【獣医師監修】犬にプリンを与える必要が無い理由について

犬にプリンを与えても良いのでしょうか?飼い主さんがオヤツを食べているとじーっと見てきたり、「欲しい、欲しい!」と膝の上に乗ってきたりなど、可愛くおねだりされると、ついつい食べているプリンを犬にあげてしまう方もいるのではないでしょうか。今回は犬がプリンを食べる事についてまとめてみましたので、ご覧ください。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬にプリンを与える必要が無い理由

舌なめずりをする犬

プリンとは

牛乳と砂糖を混ぜた卵液をプリン型に流し込み、加熱(蒸す)してカスタードを凝固させたものです。一般的にプリンには牛乳、砂糖、卵、が入っています。その上に砂糖と水を煮詰めて作ったカラメルソースをかけて食べる事が多く、カスタードプリン以外にも、抹茶、イチゴ、牛乳など様々な味の、種類のプリンがあります。

プリンの「砂糖」が犬にとってリスクになる

プリンには、犬にとってはたくさんの量の砂糖が含まれていますが、少量程度ならば問題はないと言われています。しかし、頻度が多いと肥満の原因や虫歯など生活習慣病になったり、普段のご飯(フード)を食べなくなってしまったりする場合があります。

卵と牛乳(生クリーム)が使われているため、これらにアレルギーがある場合や牛乳に不耐性の犬は、お腹を壊してしまったり、アレルギーが出ると痒みや湿疹などのトラブルになったりする事もあります。

もしプリンを与えたいなら、犬用のプリンも市販されていますので、犬専用のものを用意したり、簡単に手作りできるレシピもありますので、愛犬に作ってあげたりすると、喜ぶと思います。

犬にプリンを与える際の注意点

プリン

  • 頻度と量に気をつける
  • 犬が食べてはいけないものが入っていないプリンを与える
  • 犬用のプリンをあげる
  • アレルギーなど体調に変化が出た場合は与えるのをやめる(場合により病院へ)

犬がプリンを食べた時のリスク

冷蔵庫をあさる犬

舌が肥え、ご飯を食べなくなる事がある

好き嫌いをしてご飯を残してしまうと、困ってしまいますよね。

肥満や生活習慣病の原因になる

肥満は万病の元と言われており、関節に負担がかかったり、呼吸器や心臓に負担がかかったりしてしまいます。

体調を崩してしまう犬もいる

アレルギーや乳不耐性の子など

犬用のプリンの注意点

フードボウルの前で伏せて舌なめずりをしている犬

現在ではたくさんの犬用のおやつが販売されており、ケーキやアイスなども購入することが出来るようになりました。犬用と販売されていても、添加物を多く使用していたり、食いつきを良くするためか、砂糖を多く使われていたりなど、販売元により様々です。犬用なら安心、安全と思うのではなく、原材料や販売元を確認してから購入する事も、大事なのではと思います。

まとめ

テーブルに顎と前足をのせている犬

ひと通り調べてみて思った事ですが、犬にプリン(人間用)を与えても良いが、私自身は与える必要はないと、考えています。我が家の愛犬も一時期、蓋についたアイスをお裾分けして、舐めさせていた時期があるのですが、アイスを食べるたびに隣に来るのが習慣になってしまい、お裾分けも習慣に・・・。

そして少しずつご飯(カリカリフード)を残すようになり、ついにはご飯のお皿をひっくり返してしまう事もありました。現在では好き嫌いする事なく何でも食べますが、当時はトッピングしてもトッピングだけを食べたり、フードを変えたりのなど工夫をしても、残す事が多くて苦労しました。

もちろん、犬用のおやつでも、多く与えているとご飯を残してしまう子もいるのですが、なるべく愛犬にとって良くないものが入ったものは避けたいと、考えています。

おやつタイムは愛犬とのコミュニケーションになる大切な時間です。プリン(人間用)を与える際は、食べても良いけれど、与える量やマイナスな点を理解した上で、おやつタイムの時間を愛犬と楽しく過ごしてほしいと思います。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 Hono

    犬にプリンをあげるという行動はしたことがありませんが、たまたま私が食べていたプリンを落としてしまった時にバッと食べられて怒ったことがあります。これは飼い主である私の責任でもありますが、とにかく愛犬は食いしん坊の犬種(パグです)なので、食べ物に関しては血眼になっています。また、普段はのんびりしているのに、食べ物が近くにあると豹変します。プリンを食べてしまった後、吐いたりするのではないか?!とすごく心配していましたが、結果吐かなかったので、ホッとしました。プリンは害は無いようですが、わざわざあげることは無いと思いました。続けて食べていれば、カロリーも結構あると思います。また、お砂糖もかなり入っていると思うので、肥満になりそうですよね。気を付けた方が良いと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 SUSU

    面白いタイトルの記事ですね。○○を与えても大丈夫?といったタイトルの記事はよく見かけますが、与える必要がない理由という趣旨は面白い観点だなと思いました。
    我が家の愛犬も家族がプリンを食べていると鼻をヒクヒクしながらじっとりと眺めている時があります(笑)
    私自身がプリンを食べない為、私はあげたことはありませんが、家族が食べている時に、耳掻き程度の量のお裾分けをもらっているのを見かけたことがあります。愛犬は牛乳を与えてもお腹を壊すことはないため(適量を守っています。)、余程の量を食べない限り、プリンを食べても嘔吐や下痢といった症状はありません。ごくたまにほんの少量を口にする程度ですので、「美味しいね!」という家族団欒に参加する満足感の方を重要視することにしています。実際、ほんの少し貰えただけでも、とても満足そうにニッコリといい笑顔をしてくれます。この笑顔がずるいんだよなぁ~と思ってしまいます(笑)
    ただ、糖分も多く、罪悪感が消えないのが正直なところです。
    犬用のプリンも販売されており、ペットショップで実際に商品を手にしたこともありますが、商品に記載されている原材料をみると砂糖やオリゴ糖などの糖分も多く、着色料もふんだんに使われていたため、購入は断念しました。
    そこで、簡単なものですが我が家ではたまに愛犬用にプリンを作ることがあります。プリンといっても人間が食べるようなキャラメルソースが載っているものではなく、卵黄と豆乳で作ったプリンです。卵黄と豆乳、粉ゼラチンをお鍋に入れてヘラ等で混ぜます。きれいに混ざったら火をつけて沸騰しないように気を付けながら弱火でゆっくりと混ぜながら温めます。火が完全に通ったなと思ったらふきんや濾し器で濾します。人肌まで冷めるのを待ち、好きな容器に入れて冷蔵庫で冷やします。固まれば出来上がりです。着色料や保存料不使用の正真正銘の無添加デザートの出来上がりです。
    ワンコが好きなフルーツをトッピングしたり、少量のはちみつをかけても美味しいと思います。ジャムや甘めのソースをかけることによって、飼い主のオヤツにもなります。
    その他、牛乳と卵、バニラエッセンスを加えて蒸し器で作ると見た目も黄色い、いわゆるカスタードプリンを作ることも出来ます。
    愛犬は牛乳に含まれる乳糖を分解出来る体質であるため、このレシピでも可能ですが、もし牛乳不耐症のワンコの場合には犬用の牛乳を用いるか、豆乳、ヤギミルクなどの代用品で作られると良いと思います。
    なお、犬用の牛乳は未開封であれば常温保存できるよう、酸化防止剤が添加されている商品もありますので、原材料を確認されてから購入すると安心かなと思います。
    基本的に犬は決められた量のドッグフードを食べていれば栄養的には問題はないとされています。オヤツなどは不要であるとの考え方もあります。ダイエットが必要な子の場合にはオヤツを減らす、止めるといったことも大切なことですが、健康に問題のないワンコであれば、家族の一員として、皆と同じオヤツを自分も貰えた!という満足感を味わうこともきっととても大切な瞬間だと思っています。
  • 投稿者

    20代 女性 たろう

    記事の作者がプリン反対派というのだけはヒシヒシと伝わってきますね(笑)でもプリンってカロリー高いし、糖分ばっかりだし人間でも毎日はどうかな?と思うものですから犬の体重から考えてもプリンを1つ丸々あげるのは良くないと思いますね。特に犬って太っちゃうと自分で食事をコントロール出来ないし、じゃあ自分でジム行こうなんてことも出来ない訳ですから痩せるのがたいへんです。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。