トレーニング中の犬の集中力を高める方法

トレーニング中の犬の集中力を高める方法

愛犬の集中力を高めるためには、お互いのコンディションの確認・環境・楽しいかどうか・タイミング・アイコンタクト・信頼関係などが重要なのではないか?ということについてご紹介しています。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬の集中力を高めるためには?

柴犬

犬の躾で多い困りごと

  • 言うことを聞いてくれない
  • こちらを見てくれない
  • すぐに飽きてしまう
  • 他のことに気を取られてしまう

愛犬のしつけやトレーニングをする際に「困りごとが多くてしつけができない」という飼い主さんも多くいらっしゃいます。困りごととは、言うことを聞いてくれない・こちらを見てくれない・すぐに飽きてしまう・他のことに気を取られてしまうなど、集中力のない犬が多いようです。

「見て」「聞く」という体制作りが大切

まずは、飼い主さんが何をしようとしているのか、それをしっかり「見て」「聞く」という体制を作る必要があります。とくに仔犬の頃や好奇心の強い犬は他のことに気を取られてしまったり、集中力が長続きしないこともあります。

飼い主さんのことをしっかり見て、飼い主さんの言うことをしっかり聞いて、効率良くしつけやトレーニングを行うためには愛犬の集中力を高めてあげることが必要なのではないでしょうか。

愛犬のコンディションを確認する

男の人とハイタッチをするゴールデンレトリバー

まずは、その日の愛犬のコンディションを確認しましょう。健康でなければ、集中力を高めるどころか、集中することさえできません。コンディションは心もカラダも良い状態であることが大切ですし、充実していることが最も良い状態です。

飼い主のコンディションが悪いと愛犬にも伝わる!

もちろん、愛犬だけではなく飼い主さんの心とカラダのコンディションも良い状態である必要があります。仕事や人間関係でイライラしている状態でしつけやトレーニングを行おうとすると、愛犬が言うことを聞いてくれなかったとき、もっとイライラしてしまって、つい大きな声で怒鳴ってしまったり、良いしつけやトレーニングはできなくなってしまいます。

飼い主さんのコンディションの悪さは愛犬にも伝わってしまうんです。愛犬のコンディションと飼い主さんのコンディション、どちらも最高な状態で行うことによって、より集中力を高めることができると思います。

集中できる環境を作ってあげましょう!

女の子と遊ぶ犬

愛犬が集中することができる環境を作ってあげる必要があります。大きな物音がする、他の犬がそばにいる、食べ物のニオイがする、子供たちが遊んでいる、そのような環境では集中することができないですよね。

静かで落ち着ける環境でトレーニングを始める

他のことに気を取られてしまって、飼い主さんの言うことも聞こえなくなってしまいます。外部からの物音にも気を取られることなく、飼い主さんと1対1で向き合える静かな環境でしつけやトレーニングを行うことが必要なのではないでしょうか。

“楽しい”が犬の集中力を高める!

しつけやトレーニングは楽しいが重要なのではないでしょうか。できないからといって叱られてばっかりだと嫌なことと認識してしまう可能性があります。

飼い主も楽しむ必要がある

“楽しいこと”と認識してもらうことができれば、オスワリ・マテ・オテ・オカワリ・フセなども楽しんで自ら進んでしてくれるかもしれません。しつけやトレーニングには根気も必要ですが、飼い主さんが楽しんで行うことができれば、愛犬も楽しんで集中して積極的に行うことができるのではないでしょうか。

犬のトレーニングでおやつを使う時はタイミングを見極める

ハイタッチする犬

お腹がすいている時

しつけやトレーニングの際、おやつを使うことも効果的ですよね。空腹のときはどうでしょう…おやつに集中しすぎてしまって、飼い主さんの言うことなご全く聞いていない、なんてことになってしまう可能性が高いです。

お腹いっぱいの時

逆に満腹のときはどうでしょう…もうお腹いっぱいだからおやついらないもん、なんて言うことを聞いてくれないかもしれません。楽しい遊びも「今は遊びたくないよ~」というタイミングがあるように、しつけやトレーニングにも愛犬が楽しめるタイミングがあるのではないでしょうか。

アイコンタクトには愛犬との信頼関係が大切!

愛犬の集中力をグッ!と高めるのが飼い主さんとのアイコンタクトです。犬とのアイコンタクトは信頼の証でもあり、愛犬との信頼関係がしっかり築けていなければなりません。

飼い主さんのことを信頼することができていれば、どんな状況でもアイコンタクトをしてくれます。しつけやトレーニングの前に、集中力を高める前に、まずは愛犬と飼い主さんとの信頼関係がしっかり築けているかどうか、それも重要なのではないでしょうか。

まとめ

白いポメラニアン

集中力のなさは、愛犬と飼い主さんの信頼関係にも関係しているのかもしれません。しつけやトレーニングを行う間にも信頼関係は少しずつ築くことができますし、高めることもできますし、それと同時に愛犬の集中力を高めてあげることができると良いのではないでしょうか。

お互いの心とカラダのコンディションも大きく関係すると思いますし、バッチリ合う日に集中してしつけやトレーニングを行ってみるのも良いかもしれません。

私も愛犬とのコンディションがバッチリ合う日だったのか…オテはおやつありで5分で習得しましたよ!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。