家庭内暴力の犠牲に!空港で置き去りにされてしまったチワワ

家庭内暴力の犠牲に!空港で置き去りにされてしまったチワワ

お気に入りに追加

ラスベガス空港でチワワの子犬が遺棄されているのが発見されました。子犬と一緒に添えられていた手紙には、元飼い主の辛い心境が書かれていました。家庭内暴力により犠牲となってしまったチワワの子犬と家庭内暴力について考えた記事です。

7170view

ラスベガス空港に置き去りにされてしまったチワワ

空港にかわいい子犬が置き去りにされていたら、皆さんはどうしますか?今回紹介するのは、飼い主に空港に置きざりにされてしまった、1頭の小さなチワワのお話です。

置き去りにされてしまったチワワと一緒に添えられていた手紙には、飼い主の悲痛な叫びが書かれていました。一体、このチワワの身に何が起きてしまったのでしょうか。

アメリカ・ラスベガス空港に生後3ヶ月程度のオスのチワワの子犬が置き去りにされていました。幸いな事にこの子犬は心優しい人に発見され、すぐに動物保護団体『Connor and Millie's Dog Rescue』に保護される事になりました。

そのチワワには一緒に飼い主さんからの手紙が添えられており、「Chewy(チューウィ)」という名前がチワワに付けられている事が分かりました。そして、その手紙にはチューウィを置き去りにした飼い主さんからの心情が書かれていました。

「こんにちは!僕の名前はチューウィです!僕の飼い主は喧嘩ばかりをしていて暴力的でした。僕の飼い主の彼女の方は、僕の事を置き去りにしたくはなかったのですが、でも、僕は飛行機に乗る事ができませんでした。他に選択肢がなかったのです。」

と書かれており、チューウィの事を置き去りにしてしまった原因と飼い主さんのチューウィの事を心配している思いが書かれていました。

「私の元ボーイフレンドは、喧嘩になるとチューウィの事を蹴飛ばしたりして、チューウィの頭に大きなたんこぶが出来てしまいました。この子はたぶん動物病院で診察をしてもらう必要があると思います。私は、本当にチューウィの事が大好きです。どうか彼を愛して面倒を見て下さい。」

チューウィは保護されてすぐに動物病院で診察を受ける事になりました。診断の結果、たんこぶ以外に虐待された痕跡はなく、現在は施設で元気に暮らしています。

飼い主さんが添えた手紙から読み取る事ができる様に、チューウィの事を置き去りにした飼い主はチューウィの事が大好きでした。しかし、パートナーからの暴力によりチューウィの事を置き去りにしなくてはいけなくなってしまったのです。

この飼い主さんが起こした行動は、確かに身勝手な行動かもしれません。しかし、彼女は彼女なりにチューウィの事を考えて出した結果だったのでしょう。

チューウィの事を保護した動物保護団体の創設者、リンディア・ギリアムさんは今回の事に関して、

「こうした暴力関係にあるカップルに飼われているペットは数多くおり、これは氷山の一角で世間から見落とされがちな問題なのです。」

とコメントをしています。そして、チューウィの飼い主さんの手紙に込められた思いを察してあげて欲しいとも語っています。

家庭内暴力による被害はペットにも及びます

最近、日本でも家庭内暴力が認知されるようになりました。日本では3人に1人の割合で家庭内暴力、もしくはモラルハラスメントを受けている可能性のある女性、または男性の被害者が存在します。
認知をされてきているとは言え、まだまだ改善をしなくてはいけない問題です。家庭内で起こる暴力の為、被害者は自分が受けている被害を周囲の人に相談をする事が難しい状況です。

この記事を見て、自分はパートナーから暴力やモラルハラスメントを受けていると思う方がいらっしゃるのであれば、この先の未来を真剣に考えてみて下さい。貴方に暴力を振るうパートナーから逃げる行為は、恥でもなんでもありません。それは、勇気のある行動です。

貴方の周囲の人達の事を考えて見て下さい。家族、友達、皆さんは貴方がパートナーから暴力を受けている事を知れば、きっと自分の事の様に心配をしてくれるはずです。貴方の事をいつも近くで見ている愛犬はどうでしょうか?愛犬は、人間の様に言葉を話す事が出来ません。しかし、愛犬は毎日の様に暴力を受けて悲しんでいる姿を見て、心配しているはずです。

私は以前、パートナーから毎日の様に暴力を受けていました。毎日が怖く、生きているという実感がしない程辛い日々でした。パートナーから暴力を受ける度に、愛犬が私を庇う様に間に入ってくれたりしていました。パートナーは、そのうち私の愛犬の事が邪魔になったのでしょう。愛犬を追い払う様になり、私に愛犬を捨てる様に要求してきました。

私は、自分の幸せを願うあまりに愛犬を犠牲にしてしまう所でした。現在は、元パートナーから逃げる事ができ、愛犬も私も幸せに暮らしています。

家庭内暴力は難しい問題です。今回紹介したチワワのチューウィの飼い主も元パートナーから逃げる為に、愛犬が虐待を受けない為に必死に考えた結果だったのでしょう。その結果が「遺棄」と言う悲しい結果だったのです。

まとめ

空港に置き去りにされてしまったチワワのチューウィに今度こそ本当の幸せが訪れてくれるように祈ります。そして、チューウィの様に家庭内暴力によるペットの被害が無くなって欲しいと心から思います。チワワのチューウィも、置き去りにせざるおえなかった飼い主の女性も、きっと幸せを見つける事ができる事でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。