愛犬をシェルターに入れたのち、思い直して翌日迎えに行くと...

愛犬をシェルターに入れたのち、思い直して翌日迎えに行くと...

お気に入りに追加

生活困難に陥った飼い主が愛犬の事を考えシェルターに連れて行きました。しかし、飼い主は愛犬を手放してしまった事に後悔をし、翌日愛犬をシェルターに迎えに行きましたが、驚いた事に愛犬は既に安楽死させられていました。悲惨な出来事を紹介します。

41116view

シェルターに連れて来られたピット・ブルのパティ

皆さんは生活難で苦しんでいた場合、愛犬を手放す事を考えますか?多くの飼い主さんは、愛犬を手放す事が出来ないと思いますが、どうしても生活が苦しくなってしまった場合、生活費を切り詰める為に愛犬のケア用品等の消費を削減しなくてはいけません。

飼い主さんにとっては、愛犬に十分なケアがしてあげられなくなった現実を考えると、とても辛い事だと思います。愛犬の事を考えると「愛犬にとってもっと幸せな環境があるのではないか?」と考えてしまうかもしれません。

今回紹介する飼い主さんとピット・ブルの"パティ"も生活難に苦しみ、シェルターに引き取られる事になりましたが、パティは引き取られたシェルターで悲惨な運命を迎えてしまったのです。

アメリカ・バージニア州在住のヴァネッサ・トーマスさんは、愛犬のピット・ブルのパティと一緒に生活をしていました。しかし、トーマスさんの生活は財政困難に陥り、トーマスさん家族が暮らしていくのにも困窮した状態です。生活費を切り詰めて生活をしていたトーマスさんは、愛犬のケアを十分にしてあげられていない事に悩んでいました。

このまま愛犬と一緒に生活をしていきたいが、愛犬の事を考えると、愛犬にとってもっと幸せな環境があるのではないのか、愛犬を可愛がってくれる人がいるのではないか、と思い苦しむ日々を送っていました。

そして、愛犬の事で悩む日々を送っていたトーマスさんは、愛犬を手放すという苦しい決断をしてしまったのです。パティをシェルターに連れて行けば、きっと幸せな家族の元で生活ができると考えた結果でした。

愛犬を手放し、愛犬のいない苦しみに後悔

トーマスさんはパティをシェルターに預け、悲しみに暮れながら自宅に戻りました。愛犬のいない家は寂しいもので、玄関を開けたもそこにはいつもなら尻尾を振ってお出迎えしてくれるパティの姿はありません。パティをシェルターに預けてから、時が経つにつれてトーマスさんの心は後悔の念で埋め尽くされていきます。
そして、パティのいない生活が耐えられなくなってきたトーマスさんは、パティの事を思い直し、連れ戻す事を決断したのです。

トーマスさんはシェルターの開館時間の12時にパティを引き取りにシェルターにやってきました。トーマスさんは、愛犬に会える事を楽しみにしていました。しかし、そこで信じられない事実を告げられてしまったのです。

なんと、パティはトーマスさんがシェルターに連れて来た1時間後に安楽死をさせられてしまっていたのです。愛犬が安楽死させられていた事実を知らされたトーマスさんは、混乱しました。
トーマスさんは、愛犬が安楽死をさせられた理由を聞きました。すると、「シェルターの長官のデボラ・ブロートンさんに噛みついたから」というのが、シェルター側の説明でした。

長官のブロートンさんはのちにメディアに

「飼い主はもはや犬を望んでいないわけです。犬は攻撃的な性格で、既に私を噛みました。この犬は、新しい飼い主を探すのに適していないと判断したのです。」

と話しています。

トーマスさんはシェルター側の下した判断に疑問を持ち、

「パティは決して攻撃的な性格の犬ではありません。その証拠として、獣医からもきちんとした証明書が出ています。私の誤った判断によって、大切なパティを失ってしまいましたが、それでも、パティがシェルターに預けてからわずか1時間後に安楽死されていたという事実は衝撃でしかありません」

と語っています。

たった1時間で犬の性格が分かるものなのでしょうか?長官を噛んだ犬種がもし小型犬だった場合でも、同じように安楽死をするのでしょうか?このお話を読んでいて、ピット・ブルに対しての偏見が及ぼした悲惨な出来事でしかないと思ってしまいます。

今は、愛犬を失った事で後悔と悲しみで心がいっぱいだと思いますが、パティの為にも早く元気になって貰いたいと思います。

まとめ

今回の出来事だけではありません。ピット・ブルに対する偏見が生んだ悲惨な事件は、世界中に沢山あります。確かにパティは長官の手を噛んでしまった事は悪い事だと思います。しかし、シェルターに連れて来られ、どこにいるかも分からない状態で興奮していただけかもしれません。たった1時間で犬の性格が全て分かるわけではありません。シェルター側はもう少し、時間を持って犬の性格を判断するべきだったと思います。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 Mimi

    安楽死させられた ピットブルの記事を読みました。とても痛ましい出来事で遺憾に思います。実は私は アメリカに住んで15年になるので 少し事情を知っているのですが、ピットブルは危険犬種に指定されている州もあります。何故 偏見が有るのか?実際にピットブルに突然咬まれると言う事故は後を絶たないのです。私の主人も 友人のピットブルに咬まれた事があります。彼は犬好きで その犬を撫でたり 一緒に遊んで居たのに 後ろから突然 彼の太股を咬んだのです。飼い主が引き離して 彼を救急病院に運びましたが、咬み傷はとても酷く 完治に3ヶ月程掛かり、今も傷跡が時折疼くと 言っています。義姉はピットブルを飼っておりますが、その子は子供好きな陽気な子です。育つ環境に寄り 犬の性格は変わる訳ですが、ピットブルは闘犬用に人間が作った犬種です。本能の強い子も居れば 弱い子も居るわけで、ただ 子供がピットブルと遊んでいて 突然咬まれる 痛ましい事件は後を絶ちません。救急病院の先生は主人の咬み傷を見て ピットブルだね と 直ぐ当てたそうです。私はピットブルが悪いとわ言いません。ただし 小さな子供が居たら 好んで飼いたいとは 思わないです。ちなみに 家にはイエローラブが居ました、家庭環境に合った犬種を選ぶと言う事も大事なのでは 無いでしょうか?痛ましい出来事が無くなります様に祈っています。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    自分から捨てたくせに被害者面とは反吐が出ます。
  • 投稿者

    20代 女性 らん

    トリマーです。
    わんちゃんは、怖いから噛むんですよ。
    現に、安楽死させられたわけですから。
    このピットブルは、この人間が安楽死をさせるような男であることを感じとっていたのではと思います。
    わんちゃんは敏感ですからね。
    また、その恐怖を感じ取っていたのかもしれません。
    安楽死させるような男ですから、ピットブルを殴る、叩く、ぞんざいに扱う、無理やり引っ張る、怒鳴る、など、わんちゃんを興奮させるようなことをしたのではないかと思います。
    コメント欄の、アメリカかぶれの方のように、アメリカの人は、冷たい、いやそれ以上に、人間らしさ、命を感じる心というものが失われつつあるのかなと思いました。
    ピットブルの攻撃性は分かりましたが、なぜ、そのようにしたか、必ず理由があるはずですよね。
    その仲良くしていた旦那さんも、もしかしたら、ピットブルには、誰かを襲うように見えて、それで噛んだのかもしれませんよね?
    人間は人間至上主義な生き物ですが、そんな人間を愛してくれるわんちゃんを大切にしたい、命なんだ、と思える人が増えるように、このピットブルのわんちゃんのお話を見て思いました。
    また、このシェルターの男が白人で、飼い主だった方は黒人ですよね。
    そういう位置関係もアメリカならではだなと感じました。
    ピットブルは、死ななくてもよかったはずなのに、殺された。
    ピットブルが攻撃的?
    ピットブルを殺す人間の恐ろしさもそこにはありますよね。
    かわいそうなわんちゃん。
    わんちゃんが安らかに眠れるようにお祈りします。
  • 投稿者

    女性 匿名

    どっちもどっち、私なら貧困を理由に愛犬を捨てたりしない。家族だぞ。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    被害者ぶってるけど。
    当事者もこの記事も責めどころが違う。

    遅かれ早かれ、その可能性があるのを知っていてのシェルターだっただろうに。
    シェルターに置き去りにされたわんわんの心細さ、最期の時を想うと。。。
    言葉がない。
    こんな人間、二度と犬と一緒に暮らそうなんて思わないでほしい。

    ステキなヘアスタイルにする余裕はあったんだよね。
  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    シェルターに預けて1時間後に安楽死させたと言うのは少し判断が早過ぎたのではとも思いますね。
    ピットブルは確かに危険な犬種ともききますが、少なくともこの飼い主さんは可愛くないから、言う事を聞かないからいらないポイっと言ういい加減な理由でもないし、生活に困窮した自分たちの所にいるよりもこの子には幸せに暮らせる新しい里親をと願い預けたんだと思います。預けた後に向かえに行くと言う事はやはり大事な子だったんだと思うます。
  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    可哀想ではあるけど、ピットブルのような大型の危険犬種に噛まれたら、殺処分を決断したとしても非難はできないと思います。
    まず1番に非難されるべきは、ピットブルの元の飼い主。
    ペットシェルターにピットブルを捨てに行かなければ良かっただけ。
    この話の本当の被害者は、ピットブルに噛まれたシェルター関係者だと思います。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    ペットショップには不快感しかありません。ミックス犬と名をうって何万という金額で販売する神経が、わからないし、買い手も信じられません。そんなことなら、シェルターのワンちゃんたちを引き取ったらいかがと思うのですが。この現実がまかり通るのが不思議でありません。
  • 投稿者

    40代 女性 みみんこ

    安易に家族を手放さない、どんな状況に陥っても離さない覚悟で飼う、そうでない人が犬を飼ってしまったから起きた悲劇。すべては飼い主が悪いわけで、シェルターの人は何も悪くない。
  • 投稿者

    30代 女性 アクア

    1度距離を置いたら、気持ちに気づいたんですね!人間にも、言えることかな?ですが、やはり、手放した側の味方にはなれません。責任もないし、もっともっと努力出来たはず!
    捨てられた犬が可哀想。知り合いに預けたり(一時的に)里親にきちんとしたやり方で出したりすれば、死ななくてすんだかも。
    私は猫を、3回看取りました。
    まだまだ、犬も猫も沢山います。
    そして、一つ言えることは、犬も猫も、絶対に人を噛むときがあります!
  • 投稿者

    女性 匿名

    ピットブルちゃんにとっては、とても可哀想な話しです。でも、この飼い主さんも考えが浅すぎな気がします。本当に愛犬の事を思っての決断なら、殺処分の可能性がある場所になんて連れて行かないのでは?と、疑問に思ってしまいます。動物愛護団体でも、レスキュー団体でも、他に選択肢はあったと思うのです。
    手放すのも飼い主の身勝手理由だし、結果愛犬を死に追いやってしまった原因も、やはり飼い主のエゴだと思います。この痛ましいワンコには、心から同情しますが、飼い主には全く共感、同情する気にはなれません。ただの無責任な飼い主に、泣いて抗議する資格は無いと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    一番の被害者はピットブルちゃん。
    自分勝手な理由で捨てた飼い主さんは
    もう二度とわんちゃんを飼って欲しくない。そして噛まれたなんて理由で簡単に殺処分を決めた方も私としては信じられません。
    せっかく産まれてきたのに
    人間の身勝手で殺されてしまった
    ピットブルちゃん…ご冥福を
    お祈り致します。
  • 投稿者

    男性 匿名

    ビックリした。
    私は基本的に犬が好きで、だからこの記事を読んだ訳ですが、日本の偏狭な犬好きの人たちは異常ですね。
    この記事の内容が全て事実なら、一番の被害者はピットブルに噛まれた長官とやらですよ。
    即殺処分が当然でしょう? 攻撃的な犬を(仮に犬がパニックをおこしていたとしてもです。理由には意味がない)捨てたんですから。
    何が、犬にも噛む理由がある、ですか。頭おかしいですよ。
    ヒステリックな犬至上主義者の人は、自分たちが社会における常識的な犬の飼い主の存在をおかしくしてることに気づくべきですね。
    私は自分の愛犬が怪我をするほど他人を噛んだら迷わず処分します。
    ただし、100%そうならないよう最大限の努力をしています。
    それが人間社会における人間の責任ですよ。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    シェルターの主な役割って
    殺処分ですよね?
    里親が見つかる子はラッキーなだけ。

    この飼い主、わかってて手放してますよね。
    一週間で殺処分は早すぎるって…
    おかしいですよね?
    遅かれ早かれ殺処分される施設に入れたのに。

    生活苦を理由に犬を捨てて
    寂しいからやっぱやめた。

    言っている事が自己中心的で
    おかしい。
    だから社会に適応できなくて
    生活苦から抜け出せない。

    そもそもこの飼い主に犬を飼う甲斐性が無かっただけの話。

    行政もいい迷惑。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。