【仰天!】パピーミル工場から84頭のグレートデーンが救助された!

【仰天!】パピーミル工場から84頭のグレートデーンが救助された!

お気に入りに追加

アメリカでパピーミル工場から84頭の犬達が救出されました。今回の救出劇は今までのパピーミル工場の常識が覆されるものでした。驚いた事に保護された犬達は大型犬のグレートデーンだったのです。犬達の救出劇を紹介します。

8795view

アメリカの大邸宅から84頭のグレートデーン達が救助された!

最近、パピーミル工場から犬達が救助されるという記事をよく目にします。私の勝手なイメージですが、パピーミル工場の被害を受けているのは、小型犬から中型犬の犬達だけだと思っていました。小型犬達は、小さい体なので飼育スペースも大型犬に比べると少なく、日本での人気犬種が小型犬から中型犬に集中している為、そのような勝手なイメージを持ってしまっていたのでしょう。ですので、今回の記事を読んで衝撃が走ってしまいました。

事件が起きたのは、アメリカ・ニューハンプシャー州中部の緑豊かなリゾート地の一角です。そのリゾート地に建つ、問題のパピーミル工場は一見すると見事な大豪邸で、その敷地の広さは400坪を超える素晴らしい場所です。この場所がパピーミル工場として使われていたなんて信じられません。

事件発覚のきっかけは、地元住民からの犬の鳴き声に関する多くの苦情が、警察に寄せられた事でした。この苦情により、2017年の5月から警察は捜査を開始して捜査令状を発給したのです。
そして、同年の6月17日、立ち入り捜査が開始されます。警察と一緒に現場に踏み込んだ動物保護団体「The Humane Society of the United States(アメリカヒューメイン・ソサエティ)」は、この時の現場の様子について

「外からは豪華に見えましたが、自分達のチームが建物の中に入ると、外観の豪華さとは全く違う世界が存在しました。建物の中には犬達の糞尿が放置され、アンモニア臭のレベルは非常に高く、壁には犬達の糞が付着していました。」

と語ります。

この非情に不衛生な現場で飼育されていた84頭ものグレートデーン達は、ケージに隔離されている子や、大きな部屋にまとめて入れられている子など、飼育現場の状況はそれぞれ違っていましたが、不衛生な環境には変わりはありませんでした。
そして、この状況を見たアメリカヒューメイン・ソサエティのスタッフは、

「グレートデーンという大型犬種がこういったパピーミル工場で扱われる事にも衝撃を覚えざるおえませんでした。パピーミル工場が飼育するのは、ヨークシャーテリアやフレンチブルドック等、小さな犬種を考えていたからです。」

と語っています。

大型犬種は飼育する環境や餌代などの費用が、小型犬種に比べて莫大な費用が掛かってしまいます。それなので、パピーミル工場で扱われているとは考えにくい状況なのかもしれません。

救助されたグレートデーンの今後

今回の事件で救助されたグレートデーン達は、多くが成犬でした。ガリガリに痩せていたり、精神が崩壊してしまっている子などもいて、一切手入れされていない状態だったと言います。
そのため、犬達の足は感染所にかかってしまったり、チェリーアイ(真っ赤になってしまう病気)にかかってしまっている子もいました。

ケージに独立された犬達は繁殖に使われていたと考えられ、大きな部屋などで放置されている犬達は、犬の体形の形が悪かったり、病気などの理由で売れ残ってしまった犬達が成長し、放置されてしまったのではないかと考えられます。今回、保護された犬達の数は、成犬から子犬まで84頭のグレートデーン達が保護されました。この犬達はアメリカヒューメイン・ソサエティの避難場所で保護されます。そして、スタッフ達は「本当の愛を教えてあげたい」と考え、病気の治療や精神の回復に取り込んでいき、犬達に愛情を注いでいき犬達の回復を見守っていくようです。

この保護された犬達には、保護された後も問題が残っています。それは、保護した犬達の飼育費用による問題です。

小型犬でもこれだけの数の犬達が保護されたら多額の費用がかかってしまいますが、今回保護された犬は大型ですので、ご飯代などでさらに費用が掛かってしまいます。
そのため、アメリカヒューメイン・ソサエティでは「モバイルを使用した10ドル寄付」や「Amazonのウィッシュリストの購入を呼びかけ」「スタッフさん達の呼びかけ」などを行いました。そのおかげで寄付金や飼育に必要な物資が次々と寄せられています。

しかし、犬達の飼育費用はまだまだ足らない状態です。

グレートデーンのパピーミル工場の責任者の女性は、今後法的に処置が科せられます。今回の裁判手続きの進み具合にもよりますが、最悪、来年の2018年まで持ち越される可能性もあります。その場合、犬達の飼育費用は数十万ドル、日本円にすると数千万円以上の多額の費用がかかってしまう可能性も出て来ています。

この状況にアメリカヒューメイン・ソサエティは、州の政策を強化したブリーダーライセンスのあげる様に求め、このようなパピーミル工場に対する解決に取り組んでいます。

救助した犬達を助ける事はとても大切な事ですが、犬達を救助して終わりと言う訳ではありません。保護された犬達は、動物保護施設で犬達に必要な医療費やケアなどの費用、御飯やトイレシーツなどの飼育費用が掛かります。

この費用を動物保護団体やその活動を支える人達の財政で賄われる事が多く、負担は大きなものになってしまう事も懸念されています。
そういった事も踏まえ、アメリカヒューメイン・ソサエティは、犬達にこのような虐待行為をする人達に対し、動物虐待の費用も要求するべきと考えています。

「パピーミル工場の犠牲になってしまう犬達の被害を防ぐ為にも、愛犬家には「パピーミル工場から犬を購入しない」、「動物愛護精神の高い議員を選ぶ」等を求め、犬の育種事業者になる為の法律や条例などのハードルを高くし、罰則を重くする事が人間の身勝手で動物が被害に遭う事を、いち早くストップさせる必要がある」

とアメリカヒューメイン・ソサエティの代表は語っています。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    84頭ものグレートデンが繁殖されてたなんて驚きました。保護されてからどうなったのでしょうか。大型犬は引き取り手が少ないのでは…。海外では人気があると聞いた事はありますが、気になります。

    日本では、沢山の犬猫が保護されています。犬の殺処分0を継続中の広島の施設では、数百頭の犬達がいるそうです。
    家族に迎えられるように譲渡会を開いています。テレビでも取り上げられて里親さん希望者も多数います。

    日本にはペットショップが沢山あります。今回のグレートデンのように、売れ残りの子達が引き取り業者により、転売や飼育放棄、殺処分される子もいるそうです。

    パピーミルやペットショップは廃止して、健全なブリーダーから買うようになれば、悲しい思いをする子が減ると思います。

    もしもまた犬を飼うなら、保護犬から飼いたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。