単独でバスに乗ってドッグパークに通う犬が人々の話題に!

単独でバスに乗ってドッグパークに通う犬が人々の話題に!

お気に入りに追加

米国のシアトルで飼い主なしでバスに乗ってドッグパークに日々通っている犬がいます。

7907view

シアトルで話題の犬

現在、米国シアトルで人々の話題をさらっている犬がいます。その犬はブラックラブ、ゴールデンとマスティフのミックス犬で名前は”エクリプス”。

バスの常連

何故、エクリプスが話題になっているのかといえば、犬が単独でバスに乗ってドッグパークに日々通っているからです。バスに乗り込み、知らない人たちの隣のシートにお行儀よく座り、窓から外を眺める姿はまるで人間のようです。

エクリプスはいつも決まった停留所から乗り込んできて、ドッグパーク近くの停留所でちゃんと降りていくのです。帰りも、その反対で、バスを使って家に戻っていきます。


きっかけ

エクリプスがバスに単独で乗るようになったきっかけは、偶然からでした。エクリプスの飼い主のジェフ・ヤングさんは、いつもバスに乗ってエクリプスをドッグパークへと連れて行っていました。

ある日の事、ジェフさんがバス停から離れた所で煙草を吸っている時に、バスが来てしまい、エクリプスはジェフさん無しでバスに乗り込んでしまったそうです。

ジェフさんが次のバスに乗ってドッグパークに行ったところ、エクリプスはちゃんとそこにいたそうです。それがきっかけとなり、エクリプスは単独でも、バスに乗ってドッグパークに通うようになったというわけです。

フリーパス

エクリプスはとてもお行儀がよく、知らない人たちにもフレンドリーなこともあり、バス会社もエクリプスが単独でバスを利用することを認めています。
認めているどころか、エクリプスには、バスの無料乗車券のフリーパスが与えられています。そのパスをエクリプスは身に着けてバスに乗車しているのです。

心配した人たちから連絡も

最初の頃は、エクリプスだけでバスに乗っていたり、ドッグパークにいたりしたため、心配した人たちから「エクリプスが迷子になっている!」と、よくジェフさんは電話を受けたそうです。

するとジェフさんは「大丈夫ですよ。エクリプスはいつも1匹でドッグパークに通っていて、ちゃんと家に戻ってきます。」と説明するそうです。

みんなが笑顔に

今では誰も犬が単独でバスに乗っていることでクレームすることはありません。それどころか、エクリプスがバスに乗っていると、人々の笑顔が自然と生まれるようになったそうです。

エクリプスのことは、たくさんのメディアで取り上げられ、すっかり全米規模で有名になり、人々のアイドル犬となっています。

最後にエクリプスのことを取り上げたニュースをご覧ください。

まとめ

日本では、公共のバスに単独で犬が乗っているなんて、とても信じられないですよね。それは米国でも同じです。

つまり、このシアトルのエクリプスは特別な珍しいケースなのです。

エクリプスがとても賢く、お行儀も大変良いこと、そして人々から愛され、そのバスの名物となってしまったことなど様々な事が重なって、自然にその行動がみんなから認められるようになったのでしょう。

本来は、こういう世の中であってほしいですよね。

犬が単独で歩いているだけで、危険だと騒ぎになり、人々から通報され、保健所やシェルターに捕獲され、隔離される、それが現実です。

一昔前は、犬が単独で歩いていても、誰も騒ぐことはなかったです。いつから、こんな管理社会になってしまったのか。。。

いろんな問題があるのかもしれませんが、エクリプスの今回の話題は、私たちが作り上げてしまったガチガチの規則で縛られた管理社会を、ある意味考えさせられるものではないでしょうか?

参考資料▼
http://abc13.com/pets/watch-dog-can-ride-bus-without-owner-to-dog-park/472964/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。