実際に起こった「狂犬病」による死亡事例

9227view

実際に起こった「狂犬病」による死亡事例

狂犬病は犬だけの病気ではなく、人間を含む哺乳類すべてが感染し、発症すると治療法のない死に至る恐ろしい病気です。

狂犬病の死亡事例

噛もうとしている犬

日本での発症は、海外渡航中の感染で近年で3例

日本では1957年以降、狂犬病の国内での感染・発症が報告されていませんが、1970年にネパールを旅行中の学生が犬に咬まれ、帰国後発症、亡くなった例と、2006年にフィリピン渡航中に犬に咬まれて帰国後に狂犬病を発症し、死亡した下記の2例があります。

海外渡航中の感染で死亡した事例①

2006年11月、京都市の男性が狂犬病を発症して死亡しました。
男性は2006年8月末にフィリピン渡航中に犬に手を咬まれました。
11月に日本へ帰国した後、11月9日に風邪のような症状で病院を受診。しばらくすると、水が飲みにくいなどの症状で別の病院を受診します。脱水症状があったため点滴を受けて帰宅しますが、翌日幻覚症状を訴えて再度病院へ。その際に、水を飲もうとすると痙攣が起こる「恐水症状」や、風に怯える「恐風症状」が確認されて入院となります。4日後、担当医師より狂犬病との診断が下りますが、その翌日11月17日に死亡しました。
犬に咬まれてからおよそ3カ月、発症から約1週間で亡くなっています。

海外渡航中の感染で死亡した事例②

こちらも2006年に狂犬病を発症し、死亡した事例になります。
2006年12月に、横浜市の男性が狂犬病により死亡しました。
男性は同年8月中旬に滞在中のフィリピンで犬に手を咬まれています。
帰国後の11月15日に風邪のような症状と右肩の痛みが発現し、病院を受診。点滴と血液検査を受けて帰宅しますが、夕方薬を服用しようとしたところ飲水困難となり、夜には呼吸困難を示し翌日再度病院を受診。興奮状態、恐風症状、恐水症状を呈していたことから、狂犬病の疑いがあるとして他病院に転院しますが、改善せず11月22日には人工呼吸器を装着されます。
国立感染症研究所において、病原体の遺伝子検出が行われた結果、狂犬病ウイルスが検出されました。
男性は12月7日に死亡しています。
感染から3カ月半、発症から1カ月足らずでした。

狂犬病予防の重要性を考える

動物病院で注射と犬

狂犬病は死に至る恐ろしい感染症

狂犬病は、発症してしまうとほぼ100%の確立で死に至るウイルス感染症です。発症前であれば、人の場合はワクチンを接種することで発症を防ぐことができますが、発症してしまうと治療法がありません。痙攣や呼吸困難を起こして死に至る恐ろしい感染症です。

狂犬病ウイルスは、ウイルスを持っているペットや野生動物より感染します。咬まれるだけでなく、引っ掻かれたり、傷口を舐められるなど、動物の唾液から人間に感染します。

狂犬病は世界で毎年5万人以上が命を落としており、うち3万人超はアジアで発症しています。現在でも、人畜共通伝染病としては最も死亡例を出し続けている恐ろしい病気です。

狂犬病の症状

ウイルスの潜伏期間は一般的に1カ月から3カ月と言われています。しかし狂犬病ウイルスの侵入経路と量によっては1週間未満から1年以上とする説もあります。

狂犬病を発症した初期症状は、発熱や傷の痛み、咬傷部の灼熱感が挙げられます。ウイルスが中枢神経に広がるにつれ、脳や脊髄に致命的な炎症を起こしていきます。

狂犬病の病型は2つ、狂躁型と麻痺型があります。
狂躁型では、興奮状態、恐水症状や恐風症状が現れ、数日後には心肺停止で死亡します。
狂犬病全体の約3割を占める麻痺型では、傷のある部位から徐々に麻痺を起こし、昏睡状態が進行していって死に至ります。

発症前に狂犬病の感染を診断できる検査方法はなく、恐水症状や恐風症状などの狂犬病特有の症状が出るまでは、臨床診断が困難です。

狂犬病、日本ではもう安心?

日本では1957年に人が、1958年に猫が狂犬病を発症して以来、狂犬病の発症は報告されていません。50年以上国内での発症例がないことから、島国である日本では狂犬病ウイルスはなくなったと考えている人が少なからずいるようです。
しかし、日本と同じように50年以上狂犬病の発症報告がなかった台湾で、2013年に野生動物の間で狂犬病の流行が確認されました。翌2014年には台湾国内の広い地域で、イタチアナグマ389頭、ジャコウネズミ1頭、犬1頭に狂犬病の発症が確認されています。ウイルスの遺伝情報から、それらの狂犬病ウイルスは何十年も前から台湾の動物間で流行があったものだと考えられるとのこと。

日本では1950年に狂犬病予防法が制定され、飼い犬の登録と狂犬病予防注射の摂取が義務化されています。
しかし、狂犬病予防接種率は低迷を続けているという報告があります。自治体によっては6割を下回る接種率のところも。自治体への飼い犬登録をしていない人を考慮すると、実態は4割を切るという見方もあります。

WHO(世界保健機関)は、7割以上の予防接種を蔓延防止の目安としています。7割以上のワクチン接種がなければ、予防効果がないということです。

2006年にフィリピンで犬に咬まれて、帰国後に狂犬病を発症して死亡した輸入感染事例があることから、日本へいつウイルスが持ち込まれるかわからない状況です。

愛犬を守るため、家族を守るため、地域を守るため、狂犬病予防接種の重要性を今一度考えてみてください。

狂犬病に感染しないために

日本ではほとんど心配のない狂犬病ですが、海外、ことアジア・アフリカなどでは今でも猛威を奮っています。

海外では、野良犬などには不用意に手を出さないようにしましょう。
また特に狂犬病が多く発生している地域では、飼い犬でもウイルス保持犬ではないと言い切れません。念のため、撫でたい気持ちをグッと抑えてください。

狂犬病を発症している犬は、攻撃的になる「狂操型」が8割、元気がなくぐったりしている「沈鬱型」が2割と言われています。
よだれを大量に垂らし、独特の行動をするので、ちょっと変だなと思う動物には決して近づかないでください。

また狂犬病ウイルスが体内に入って感染したとしても、必ず発症するとは限りません。発症率は32%~64%と言われており、傷の大きさや、感染したウイルス量によっても変わるといわれています。旅先で犬に咬まれてパニックにならずに、急いで傷口を洗浄して医療機関に行きましょう。

狂犬病が蔓延している地域に長期で滞在予定のある方は、ワクチン接種を受けることをおすすめします。

感染源は犬だけじゃない

狂犬病はその名称から犬が保ウイルス者のように思われがちですが、犬以外の動物から感染する可能性もあります。
感染源になる主な動物は、犬・猫・キツネ・アライグマ・スカンク・コウモリ等です。
アメリカでは、コウモリが主な感染動物だと言われています。
人から人への感染はありません。臓器移植で感染が認められたという事例がありますが、非常にまれなケースで、輸血での感染は報告されていません。

まとめ

飼い主と幸せそうな犬

狂犬病はとても恐ろしいですが、ワクチンで予防できる感染症です。
日本での発症事例が長らくないことから、楽観的に見られがちですが、どこからか持ち込まれたり、野生動物との接触などで、いつどこから流行するかわかりません。
ワクチン接種には犬の体質によっては副作用が伴うため、賛否が問われることが多々ありますが、副作用が心配な飼い主さんは動物病院で獣医の指導の元、ワクチン接種を行ってください。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。