犬のフィラリア感染において勘違いしがちなこと10つ

【獣医師監修】犬のフィラリア感染において勘違いしがちなこと10つ

お気に入りに追加

犬のフィラリア(犬糸状虫)症予防を開始する時期が近づいてきました。毎年予防はしていても、犬のフィラリアに関する知識は意外と乏しかったりしませんか?犬のフィラリア感染において、勘違いしがちな10個のことをご紹介します。勘違いしていることはないか要チェックです!

54866view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬のフィラリア(犬糸状虫)症

柴犬の横顔

犬の飼い主さんのほとんどが『フィラリア』という言葉を耳にしたことがあると思いますが、フィラリアとは寄生虫のことで、別名は『犬糸状虫』と言い、成虫はそうめんのように細長く20~30センチほどにもなります。

このフィラリアが、犬の心臓や肺動脈に寄生する病気を『フィラリア症』、または『犬糸状虫症』と言います。犬はフィラリア症にかかると心臓、肝臓、腎臓、肺などに障害を起こし、最悪の場合死に至ることもあります。

犬のフィラリア感染サイクル

犬のフィラリアは『蚊』を媒介して感染し、以下の①~⑤のサイクルをグルグルと繰り返しながら、他の犬に広まっていきます。

  • ①フィラリアに感染した犬を蚊が吸血し、フィラリアの子虫(ミクロフィラリア)が蚊の体内に入る
  • ②蚊の体内でミクロフィラリアが感染幼虫に成長する
  • ③体内に感染幼虫を持った蚊が犬を吸血する際、感染幼虫が犬の体内入り成長する
  • ④成長した感染幼虫は犬の心臓や肺動脈に寄生して成虫になり、ミクロフィラリアを産む
  • ⑤ミクロフィラリアは血液とともに犬の全身を流れながら、蚊に吸血されるチャンスを待つ

犬のフィラリア症状と治療

犬がフィラリアに感染しても、しばらくは目立った症状が出ないため見過ごしてしまいがちです。犬に症状が出てきた時は、重症化しているというケースが少なくありません。
犬のフィラリア症の症状として、

  • 咳が出る
  • 元気がない
  • 苦しそうな呼吸をする
  • 食欲がない
  • 腹水がたまる
  • 血色素尿が出る

などが挙げられます。
もし犬がフィラリア症になってしまったら、

  • 薬で犬のフィラリアを駆除する
  • 手術で犬のフィラリアを取り除く

といった治療が病院では行われます。どちらも犬に負担をかけることになりますし、命の危険も伴います。

犬のフィラリア(犬糸状虫)で勘違いしがちな10個のこと

毎年犬にフィラリア予防をしているけれど、実はフィラリアについてあまり詳しくない、という飼い主さんも多いのではないでしょうか。犬のフィラリア感染で勘違いしがちな10個についてをご紹介します。

①室内飼いだから犬はフィラリア感染しない?

室内で飼っている犬

フィラリアは「蚊」を媒介して犬に感染します。ですから犬が蚊に刺されなければ感染しないということになりますが、蚊に刺されないようにするのは難しいことです。たとえ犬が室内にいても、100%蚊をシャットダウンすることは不可能ですし、犬のお散歩の時に刺されることも考えられます。ですから、室内飼いの犬であってもフィラリアに感染する可能性はあると言えます。

②フィラリア感染している犬に噛まれたらうつる?

フィラリアに感染しているチワワ

犬のフィラリアは蚊を媒介して感染するのであって、犬から犬へ直接感染するのではありません。ですからフィラリアに感染している犬に噛まれても、うつることはありません。

③フィラリアは犬だけがかかる病気?

フィラリアに感染する危険性のある犬と人

フィラリア症は犬だけの病気と思われがちですが、感染幼虫を持った蚊に刺されれば猫やフェレットなど、犬以外の哺乳類もかかる可能性があります。非常にまれですが、人間もフィラリア症にかかり、肺に結節を作ることがあります。

④子犬は抗体があるからフィラリアの予防をしなくて大丈夫?

フィラリアの予防をしている犬

子犬の抗体はフィラリアに関係ないため、子犬でも予防が必要です。生後90日からの予防薬の投薬がすすめられていますが、いつ頃から投薬をスタートするか獣医師に相談して決めると良いでしょう。

⑤蚊のシーズンは毎年同じ時期?

蚊に刺されている女の子

毎年、暦通りに暑くなったり寒くなったり気温が変動するのではなく、冷夏や暖冬であることもあるので、蚊の活動シーズンはその年によって変わります。また、地域によっても蚊が活動するシーズンは変わってきます。

蚊の活動シーズンが変われば、犬のフィラリア予防薬を投薬する期間も変わってくるので、自分が住んでいる地域の獣医師に、その年の犬のフィラリア投薬期間を確認すると良いでしょう。

⑥1ヶ月だけ投薬を忘れたけど大丈夫?

1ヶ月フィラリアの薬を忘れたら

犬のフィラリア感染には、きちんと毎月1回予防薬を投薬することで確実に予防できますが、投薬期間の途中で犬に投薬を忘れると、フィラリアに感染するリスクが高まってしまいます。
蚊の多い地域や、フィラリア症の発生が多い地域で生活する犬の場合、たった1回予防薬の投薬を忘れたためにフィラリアに感染してしまうかもしれません。

その一方で、犬に1年フィラリアの投薬をしなくても感染しないことがあり、犬の生活環境によって感染リスクは異なると言えます。犬のフィラリア投薬を忘れたことに気づいたら、獣医師の指示を仰ぎましょう。

⑦何の症状もないから犬はフィラリアに感染していない?

フィラリアの症状が出ていない犬

犬はフィラリアに感染しても、すぐに症状が出るわけではなく、寄生しているフィラリアの数や寄生期間、犬の体格や健康状態によって、症状が出るまでの期間や出る症状は異なります。
一般的に、犬の寄生数が少ない場合や、フィラリア症の初期の場合は、無症状であることが多いとされています。

⑧フィラリア感染で犬が死ぬことはめったにない?

フィラリアに感染した暗い表情の犬

犬はフィラリアに感染したまま適切な処置を施さずに放置すると、最終的には死に至ります。

処置が遅れれば犬の心臓や肺動脈にフィラリアが寄生して、血流が悪くなり、体中に様々な障害が起きます。犬のフィラリア症状が末期になってから治療を行おうとしても、手の施しようがなくなってしまいます。

⑨フィラリアの治療は予防と同じぐらい簡単?

フィラリアの治療をしている犬

犬のフィラリア予防薬を、定期的に投薬するのは面倒かもしれませんが簡単なことです。しかし犬のフィラリア治療は長期に及び、費用もかかり簡単なことではありません。犬の体にも負担がかかります。

フィラリア症の治療法は、個体の症状の度合いや年齢、体力などによりそれぞれ違ってきます。手術や入院が必要になることもあれば、長期にわたる対症療法が必要になることもあります。
フィラリアの治療に比べたら、予防の方が断然簡単なことなのです。

⑩毎年予防薬をあげているから今年のフィラリア検査はいらない?

フィラリアの検査をする犬

犬のフィラリア症の初期症状は、無症状であることが多く気づきにくいですが、フィラリアが犬に寄生していることに気づかないまま予防薬を投薬してしまうと、犬はアレルギー反応やショック症状を起こす可能性があり危険です。

毎年、犬のフィラリア予防薬の投薬を開始する前は、必ず犬のフィラリア寄生の有無を確認する検査を受けましょう。

まとめ

くつろぐ柴犬

いかがでしたか?犬のフィラリア(犬糸状虫)において、勘違いしていた10個のこと、ありませんでしたか?

犬のフィラリア感染について正しい知識を深めると、フィラリア症が犬にとって、いかに恐ろしい病気であるか、そしてきちんと予防薬を投薬することが、いかに大切であるかが分かると思います。

正しい知識を持った上でしっかり予防対策を施し、フィラリア感染から犬を守ってあげることも犬への愛情のひとつではないでしょうか。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 38moto

    外で飼っていた犬をフィラリア感染でなくしてしまったことがあり、その頃の後悔を無駄にしないため今の愛犬にはしっかりと予防しているつもりです。外犬は喀血や血尿もあり、食欲も落ちてぐったり横になる姿が最後だったので、とてもつらい思いをしました。予防や治療が遅れてしまうと取り返しがつかなくなります。フィラリア症は第一に予防、そしてもし感染してしまっても早急な治療で治るものです。

    屋外よりも屋内で飼っている方が、蚊に対して蚊取り線香や蚊取りリキッドなどを活用しているので安心できると言えます。ですが家の中にいても蚊は入ってくるものですし、暑い日なら犬もお腹を出して寝てしまうことがあるので安全ではありませんね。うちのシー・ズーは、夏にはお腹をバリカンで丸刈りにするので刺されやすくなっています。

    予防薬を1か月に1回飲ませることで、万が一蚊に刺されてもしっかり予防することができます。この予防薬ですが犬の体調が悪い時に飲ませると、具合が悪くなったり本来の効果を100%発揮することができなくなってしまいます。何がなんでもこの日に飲ませると決めずに、体調が悪い時は様子を見て回復してきたら数日中に投与するといいとのことです。

    フィラリアの予防薬は獣医の指示のもと処方される要指示薬として薬事法で定められています。去年分の飲み残した予防薬は自己判断で飲ませずに、きちんと検査を受けて獣医師より問題がないことを確認してから飲ませた方が賢明です。
  • 投稿者

    40代 男性 eda

    私が子供の頃は、外飼いの犬が多く、フィラリアに感染して亡くなる犬が多くいました。番犬として飼われていて、今ほど手厚く世話をされる時代ではなかったのかもしれません。とにかく、フィラリアで亡くなる犬を何度と聞いて見てきたので、私の中でフィラリアは死を覚悟するような病気といった認識です。室内犬でも散歩にも行くでしょうし、室内に蚊がいることもありますしね。
    毎月薬を飲ませることはもちろんですが、蚊の多い季節に散歩に出る際には、人間だけでなく、犬への虫よけスプレーも欠かしません。虫よけスプレーは、人間用だと犬には有害な成分が含まれる場合がありますので、ペット用のものを使用しています。
    また、うちでは毎年春先にフィラリアとノミ・ダニ予防薬をもらいに動物病院へ行くのですが、フィラリアの感染を調べる血液検査と合わせて健康診断もしてもらいます。1度の血液検査で一緒にやってもらえるため、料金も少しお得になります。また年1度の健康診断を忘れないための良いタイミングだと思っています。
  • 投稿者

    40代 女性 ナツ

    犬糸状虫の成虫は20cm~30cmにもなるのですね。フィラリアにかかると死に至るほど辛いようですし、きちんと予防してあげたいと思います。私が住んでいる地域では、今年はすでに蚊が出始めていますので、早速、愛犬にフィラリア予防のお薬を飲ませています。病院によって「いつから飲ませてください」という月が違うこともありますが、住んでいる場所や、その年の気温などによって蚊の発生時期が変わりますので臨機応変にお薬を飲ませて対策しましょう。

    また、お薬は1ヶ月おきに飲ませるので、うっかり1ヶ月後に飲ませるのを忘れてしまったという場合があるかもしれません。万が一、すでに蚊に刺されて感染していたとしても、すぐにお薬を再開することで成虫になる前に駆除ができるようですので、飲み忘れに気が付いたらすぐに薬を飲ませる方が良いそうです。
  • 投稿者

    女性 ぶんぶん

    叔母の犬(外飼い)がフィラリアにかかり、大変なことになりました。早期発見で病院へ連れて行ったからよかったものの、実際にかかってしまった犬を見たことが無かったので、とても驚きました。しかも予防注射もしていたのです。叔母が住んでいる所が薄暗く、ジメジメしている所で夏の時期に大量の蚊に刺されてしまったことが原因のようです。蚊から感染するなんて、なんとも厄介ですよね!うちの愛犬はその話を聞いてから、夏場はかなり注意をしています。「うちの愛犬はフィラリアにはかからないだろう」と誰もが思っていると思いますが、フィラリアはやはり定期的に予防注射などをして予防していくことが大切だと思います。特に夏場は蚊には要注意です。愛犬をしっかり守っていきたいですね。
  • 投稿者

    50代以上 女性 あけたん

    私の元家族が飼っていた甲斐犬はフィラリアにかかって左脚が血行不良で腐ってしまいました。心臓にもフィラリアがわいた状態での切断手術でしたので獣医さんには覚悟して下さいと言われましたが、なんとか耐えてくれました。術後、ご飯も食べれて三本足で走れる迄に回復してくれましたが、やはり心臓のフィラリアにやられてしまい、1か月半の命でした。仕事に行く前に頭を撫でて行って来ますと伝えた後に貴方が行った後に息絶えたと近所の方から連絡があり、2日間泣き続けました。あの頃の無知な私のせいで、死なせてしまった事が30年経った今でも思い出して泣けてきます。あんな後悔は絶対しないと、今は2歳のダックス君の病院は毎月1回必ず通い、フィラリアにはさせない!と心に誓っています
    あけたんの投稿画像
  • 投稿者

    女性 SUSU

    愛犬を迎えた頃、親戚の家で外飼いをしていたシェパードの男の子がフィラリアで亡くなったために、フィラリアの予防薬だけは忘れないでと親戚から何度も言われたのを覚えています。とても苦しそうに亡くなったそうで、親戚は自分の無知のせいだとひどく責めていました。
    フィラリアの予防薬は、今ではわりと当たり前の情報だと思っていたのですが、未だにかかるワンコが多いのも事実のようですね。
    ミニチュアピンシャーと暮らしている友人にフィラリア予防薬は何を使っている?と聞いたことがあるのですが、「ピンシャーは毛が密集していて蚊に刺されないから大丈夫なの。あげたことがないよ。」と答えが返ってきた時は本当に驚いてしまいました。毛の種類は関係ないこと、庭で遊ぶことが多いワンコであるため、絶対に予防した方が良いと伝えましたが、分かってくれたのかどうか未だに分かりません。
    なお、予防薬は原則、月に1回とされていますが、ワンコの体調によっては無理してあげる必要はないようです。お腹を壊している時、何か他の病気を抱えている時などは獣医さんに相談してずらすことも一案だと思います。愛犬がお腹を壊した際は、獣医さんと相談をして1週間ずらしたことがあります。予防薬とは駆虫薬であり、フィラリアにかかった犬の血を吸った蚊がフィラリアの幼虫を運び他の犬の血を吸うことで感染してしまう仕組みです。薬を飲んでいるとフィラリアにかからないのではなく、かかっていようがいまいが、月に1回、強制的に駆除しているということになります。そのため、多少投薬が遅れても幼虫が成長する前であれば駆除は可能のようです。体調が悪い日に飲むと悪化する場合もあります。
    この日に飲ませなければとあまり神経質にならずに、愛犬の体調を見て投薬日を決めるといいのかなと思います。

    なお、最近ではシーズンの開始時期に注射をすることでワンシーズン効果があるというフィラリアの予防注射もあるようです。一度で済むため飼い主さんには人気があるそうで私も薦められたのですが、1回の注射でワンシーズン効果がある仕組みが今一理解出来なかったのと、愛犬もシニア期に入り身体にかかる負担も考え今回は見送りました。
    1錠でノミマダニ駆除薬とフィラリア駆除が同時に出来るタイプのものもあります。
    ワンコそれぞれの体質や年齢、生活環境に合わせて薬を選んでいくしかないのかなと思っています。
  • 投稿者

    男性 匿名

    フィラリアが寄生していることに気づかずに投薬することで、なぜ「アレルギー反応」が起きるのでしょう?フィラリアが寄生している犬に投薬を行った場合、フィラリアが一気に死滅することで犬にも大きな負担がかかるため危険だということはあります。アレルギー反応、ショック症状というだけでは伝わらないと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。