わんちゃんにも負担のない、ペットシーツの節約の仕方!

わんちゃんにも負担のない、ペットシーツの節約の仕方!

お気に入りに追加

ワンコとの生活の中で、ペットシーツは必需品ですよね。節約出来るなら節約したい消耗品だと思います。ちょっとした工夫で、小型犬用のペットシーツが、中型犬でも使える我が家の節約法をご紹介します!

12209view

みなさんはどんなペットシーツを使っていますか?

まだトレーニングを始めた時は、身体が小さいのでトイレトレーは小型犬用を用意しました。
ですが、本犬は一生懸命、トイレトレーの中に狙っているつもりでも、トレイの中で踏ん張ってしまい、お尻がトレイの外に出てしまって失敗する確立が高かったです。

そこで、トレイを一番大きなサイズに変えてみました。
そうすると、小さい身体で大きなサイズのトレイの中で排泄するので、ほとんど失敗しなくなりました。
小さな的を狙って水鉄砲を打つより、大きい的に打つ方が当たる確立は高くなるということですね。

大きなシーツはコストが高い

我が家のワンコは、一回でも自分が排泄したら、もうそのシーツで排泄しないという綺麗好きなので、一回ごとに大型のシーツを交換しなければなりません。
そうなると、なかなかの出費になります。

当時、我が家で購入していたペットシーツは、50枚入で1000円前後。
一日に6枚くらいは使うので、一週間から10日で一袋を使い切ってしまう計算です。
毎月のフィラリアの予防薬、二ヶ月に一回のトリミング、ご飯代、健康を守る為のコストは削れないし…。
でも、どこかで節約出来ないか?と考え、ペットシーツの使い方を工夫し、コストダウン出来る方法を考える事にしました。

試行錯誤して…

まず、シーツのサイズダウン

大型のシーツから、レギュラーサイズに替えました。
でも使っているトイレトレーは大型ですので、何枚かを横にずらして重ねて置く事にしました。
ですが、これだとワンコが足を踏ん張ったりすると、すぐにシーツがずれてしまいます。

ガムテープ、セロハンテープ、養生テープ、両面テープ、マジックテープなど、『何かシーツを保定出来る物はないか』といろいろ試してみました。
ですが、どれも簡単に剥がせないし、埃がついて見苦しい。
また、例えば両面テープなどは、びったりとトイレトレーとシーツが貼りついているので、それを引き剥がす事になり、最悪の場合、濡れたシーツの反対側が剥がれたら、オシッコを吸ったシリコンがこぼれてしまったりして、全く便利ではありません。
養生テープをリング状にしてトイレトレーとシーツを貼り付けてみたら、粘着力が強すぎてうまく剥がれない上に、埃や抜け毛がたくさんくっついてしまう事で、粘着力が弱ってしまう。
そうなると、また養生テープの輪っかを作り直す…と、この方法も面倒で、少しも便利ではありませんでした。

そうするうちにトイレシーツの交換を家族でなすり合うようになってしまい、簡単に剥がせて、清潔に保つ事が出来て、価格が安いもの、その条件に合うものを早急に考えなければなりませんでした。

排泄が一番端、あるいはど真ん中のシーツが少しだけ汚れたら、その部分を汚れていないシーツを重ねて覆います。
そうすると、常にトイレは綺麗な状態を保てます。
どう重ねても汚れた部分が隠せなくなった時に、全てのシーツを替えます。

シーツ一枚目

シーツ二枚目

シーツ三枚目

以外なものが役に経つ

試行錯誤の末、シーツの置き方は定まりました。
ですが、やっぱり頻繁にずれて、シーツがはがれてトレイの上に直接排泄してしまう…という問題がまだ残っていました。
簡単に洗えて、粘着力があるもの…、それは、100円均一にありました!

家具を保定するジェルシート

埃や毛で汚れても洗えるし、ペットシーツの下に4つほど並べて置けばワンコが踏ん張ってもずれません。

ジェルシートの置き方

ただし、ジェルシートをワンコが齧ったりしないように気をつけて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。