76キロのピットブルがベビーシッター!?赤ちゃんと家族への深い愛

76キロのピットブルがベビーシッター!?赤ちゃんと家族への深い愛

世界一大きい犬種と言われているピットブルが、赤ちゃんのベビーシッターをしている、という聞いただけでもハラハラするニュースがあります。闘争心の強い犬種であるピットブルにベビーシッターが出来るのでしょうか!?

はてな
Pocket
お気に入り登録

赤ちゃんのベビーシッターは超大型犬!

世界中の警察やセレブをクライアントに持つ、侵入者への対応や警護を専門とした犬の訓練を行う会社を経営するマーロン・グレナンさんは、ニューハンプシャー州に家族と住んでいます。

マーロンさん家族には、生後3か月のジャクソン君と1匹の犬が一緒に過ごしています。
その犬はなんと、世界一大きい犬種と言われているピットブルの一種で、体重76キロもの超大型犬です。名前は「ハルク」。
さらに驚きなのが、ハルクはジャクソン君のベビーシッターをしているそうなんです!

ピットブルってどんな犬種?

正式名称は、アメリカン・ピット・ブル・テリア。
元々はスタッフォードシャー・ブル・テリアとブルドッグの闘犬同士を交配させて誕生した闘争心と闘争能力を持った犬種です。
現在ではほとんどのピットブルがペット用として改良された犬種ばかりですが、しつけの仕方を間違えると飼い主がコントロールできなくなる恐れのある、飼育難易度の高い犬種とも言われています。

強い闘争心を持った犬種と言われがちですが、本来の性格は飼い主への忠誠心が強く、家族に対する愛情深さを持った犬種でもあります。

ハルクはマーロンさんの特別な訓練によって強い信頼関係で結ばれているからこそ、ジャクソン君とも仲良くできているようです。

ハルクのベビーシッターぶり

マーロンさんの奥さんであるリサさんは、ハルクのベビーシッターぶりをこう話しています。
「退院した後にジャクソンを家に連れて帰ると、ハルクは嬉しそうな感情を見せてずっと離れませんでした。ジャクソンが泣き始めると、どうしたのか心配して真っ先にチェックしに行きます。」

「ハルクはジャクソンのことが大好きなんです。ハルクの目を見ればその気持ちがよくわかります。ジャクソンが私の赤ちゃんだということがちゃんとわかってるんです。」

「ハルクは人間を守ることを仕事にしているので人を噛むことも教えています。でも家で過ごす時のハルクは、仕事とは別の優しい顔で家族を守ってくれています。」

マーロンさん家族には、5歳になる長男ジョーダン君もおり、ジャクソン君と同じようにハルクが子守をしていたそうです。
ハルクは子供たちのことが大好きでキスをしたり舐めたりすることもあるそうですが、犬と子供たちだけにすることと、ジャクソン君を床に直接寝かせることは絶対にしないことにしています。

闘争心の強い犬種と知られているピットブルですが、しつけ次第ではこんなにも子供たちのことが大好きな愛情深い性格になるんですね。
ピットブルの家族に対する深い愛情が見れた、ほっこりするニュースでした!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。