『愛犬の死に向き合うためにも知って欲しい』ペットロスについて

『愛犬の死に向き合うためにも知って欲しい』ペットロスについて

お気に入りに追加

愛犬や愛猫を失った悲しみというのは、家族を失った悲しみと同等であり、時に愛情が深ければ深いほど重くなるものです。またこうした中、現代社会ではペットロスという言葉が定着しつつありますが、実際はどのようになることを指すのかわかりづらいのが現状です。そこで、ここでは簡単にペットロスについて紹介します。

18025view

ペットロスとは?

花と犬

『ペットロス』という言葉の定義としては、『愛する動物(ここでは愛犬や愛猫)を失う事』を示します。

どのようなことをもたらすのか

通常、人は愛する人やペットなど大切な存在を失ったとき、心と体に変化を来します。
喪失感や孤独感、またはそれが転じて怒りを感じたりすることもあります。
そのように最初は心に変化を及ぼしますが、次第に眠れなくなったり、胃が痛んだりと身体的にも影響を与えていきます。

通常はそんな状況を乗り越えるために、誰かに相談したり、思い出を振り返って気持ちを整理したり、ただひたすらに泣くことによって、時間とともに死を認識し乗り越えていくのですが、中には死を受け入れられられず、否認や否定を繰り返していく場合もあります。

では人はどのようにして大切な存在(愛犬)の死を認識をしていくのでしょうか?

1.ショックを受け現実を否定をする。
まだ、ここでは悲しみは出ません。
    ↓
2.悲しみや怒り、絶望など
ここでは、その子に会いたくて仕方がなくなります。
また、この時期は悲しみがとても深いです。
    ↓
3.愛犬がいない生活を受け入れる
自分自身の生活に戻るために、少しづつその子との別れを認識していきます。
その子への思いを綴った手紙を書いたり、アルバムを作成したりすることで少しづつ受け入れていきます。
    ↓
4.正常な生活に戻っていく
ここで大切なことは、その人が立ち直るまでは新しいことを無理に進めることはあまり良くありません。

必ずしもこの過程を踏むわけではなく、同じ過程を行ったり来たりしながら、「4」に行く人などもいます。

あなたにとって、愛犬の存在とは?

子犬

初めてのパートナー?家族?あるいは子ども同然という人が大半であると思います。
また、愛犬があなたにもたらすものといのは何物にも代えられないものであり、悲しいときにはそばにいて不安や緊張をといてくれたりリラックスさせてくれたり、心を和やかにしてくれる素敵な存在だと思います。
そんな存在がある日突然いなくなってしまったら?
今から考えるだけで辛いとは思いますが、その日は必ず訪れます。
まず、あなたと愛犬はどのような関係であるのかもう一度考えてみましょう。

ペットロスに対する準備

犬は人とは違い寿命が短く、殆どの場合あなたより先に旅立ってしまいます。
そして、その子に与えた愛情が大きければ大きいほど悲しみは深くなることでしょう。
ただ考えて欲しいのは、愛犬たちはただあなたを喜ばせたり安心させるためにいる存在ではなく、彼らも意思を持った命であるということ。
それを忘れてその存在に依存しすぎることは、愛犬にとってもあなたにとってもあまりいい事ではありません。
依存しすぎないためにもその子との関係を今一度、考えてみましょう。
そうすれば、あなたの愛犬との関わり方が変わるかもしれません。

犬と飼い主

また、愛犬に対して同じような価値観を持った人を周りで探してみたり、話せる存在を見つけることも準備の一つとなります。

まとめ

愛犬との別れは誰しも悲しいもので本当につらいものです。
自身も経験者として、今回、執筆にあたり愛犬のことを思い出しながら書きました。

私の場合は実際に愛犬の死に向き合ったときに事前の心の準備があったからこそ、乗り越えることができました。
今飼っている人の中にはまだ、そんなことは考えられないという人がほとんどだと思います。
しかし、いつ愛犬との別れがくるかもわからないため、こうしたことを少しでも考えて読んでいただけたらと思います。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    いつかはお別れの時がくると思っています。
    初めて飼った犬なのでその時が来たらどうなるのか自分でもわかりません。来年には7歳。初老にあたります。老いてゆく姿も受け入れ最後まで一緒にいたいです。
  • 投稿者

    女性 匿名

    ペットロスで3カ月以上、引きこもりの鬱状態になった知人がいます。仲間で新しい犬を探してきて無理矢理飼わせたら…すぐに立ち直ることができました。新しい犬にはしっかり躾けもして頑張っています。
  • 投稿者

    女性 匿名

    楽しい思い出を沢山ありがとうって言えるように
    8歳、4歳、3歳の3匹と一緒に 毎日笑顔で過ごします(´ ˘ `∗)
  • 投稿者

    女性 匿名

    私も4月に飼っていたボストンテリアの子を12年で亡くしました。脳腫瘍でしたその前もペットは飼っていましたが、今回の子は何処に行くのも一緒でした旅行は必ずテツと一緒に泊まれる所に行きました。自分では解っているつもりですがまだ
    気持ちの整理がつかないです
  • 投稿者

    女性 匿名

    4月に16歳の大切な愛犬を虹の橋へ送りました。送ってから半年経ちましたが、心がポッカリ空いてます。家の中も何かが足りない…寂しい空間を感じます。腎不全、痴呆、夜鳴きと大変でした。後悔と罪悪感で一杯です。私に楽しい日々を過ごさせてくれたのに、私は愛犬に何をしてやれたのか。ペットロスになってもいぃから、愛犬に謝りたいです。
  • 投稿者

    40代 女性 ハーブティ

    昨年の10月
    16歳7ヶ月で虹の橋にいってしまった
    愛犬ラブ
    心から愛していました。
    一緒に歩いた道
    大好きだった公園
    前を通るのが苦しい
    目がくりっとして
    八重歯が、愛らしく
    優しく性格の良い
    女の子でした。
    逢いたい。
    もう1度抱きしめたい
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    ラブ♂14歳です。昨日まで出来た事が今日になったら出来なくなり、どうしたのかなぁ?気のせいかなぁ?と思っていました。お手伝いもしてくれなくなってきました。月日が流れ散歩の途中で休憩する事が多くなりました。それでも、ゆっくりゆっくり散歩していましたが、突然伏せをする様になりました。それでも立たせて歩かせていました。私の中で老化、老いを認めたくなかったいつまでまで元気で歩けると思い込んでいました。後ろ足を支えていれば歩いてくれた。その時、家の中を楽しそうに自由に歩いて嬉しかったんでしょう…この様子を見て涙が止まりませんでした。毎日の散歩キツかったんだろうなぁ気の毒な事をしたと、毎日毎日謝っては涙が出てきます。愛犬からは沢山の事を教えてくれ沢山の経験も与えてくれた。今からは恩返しの時だと今日から愛犬がここの家に来て良かったこの人と逢えて良かったと思えるように接していきたい
  • 投稿者

    20代 男性 ジャイコ、この子愛せてよかった

    愛犬がなくなり100日以上が過ぎましたが、今でも動画、写真、思い出の品
    これらを見ると今でも涙が出てきます。小さな仏壇を買って毎日手を合わせています。
    ジャイちゃんに会いたい、本当に会いたい。ってずっと思っています。
  • 投稿者

    50代以上 女性 金太郎

    一昨日、金太郎が亡くなりました。
    12才のお誕生日(5/5)の次の日です。夜中の23:30でした。
    病気はいろいろありましたが、とても元気で食いしん坊で優しくてちょっと我が強い頑固者なところもあり、何よりすれ違う人全てがかわいいっ!と言っていただけるようなかわいいやんちゃ坊主でした。

    甲状腺機能低下症、胆泥症、僧帽弁閉鎖不全症と病気は増えていきましたが、薬でコントロールしながら全く問題のない生活を送っていたのです。
    ところが2週間前の健康診断で胆嚢がかなり大きくなっており、破裂の危険があると言われかかりつけの病院では手術できないので別の病院を紹介されました。

    すぐにその病院へ行きました。金太郎は初めての病院でもいつも通り愛想を振り撒いておりました。検査をしてすぐに手術した方がいいとなり、1週間後(5/6)手術となりました。

    その1週間は不安でしかたなく、今になって思えばそんな不安があるなら別の病院を探せばよかったと後悔しています。

    手術当日、ご飯は抜きですがお散歩は元気にしていつも通りニコニコと病院に入りました。
    先生の話が難しい手術になる。心臓病だからリスクが高い。などと一緒に夜間は不在という話がありました。手術30分前にそんなこと言われても。。。リスクのある手術を受けるのに無人?と聞いたら朝までになくなる子もいると。
    でも、十分注意すると説明されそこで別の病院にしようと思えなかった私の甘さが金太郎を死なせてしまったのだと思います。

    先生に抱かれ奥へ行く時の顔が、あれっ?て顔でなんで?思っていただろうな。
    すぐに手術が始まり、3時間。
    連絡があってすぐ顔を見に。
    ケージの中でフラフラしており、ボーッとしてはいたけど、私の顔を見ると立とうとしてくれてそのままでいいんだよと抱き締められました。
    呼吸がおかしく、これは大丈夫か?と先生に聞きましたが、別の仕事をしながら状況に応じて対処しますと言われ、そこでも私は病院に任せてしまった。
    もっと強く言うべきだったのか。。。

    私たちがいると金太郎が辛そうだから、寝させるため一度家に帰りました。

    22:00頃先生より電話があり、今夜は泊まってくれるとのこと。しかし、血圧が上がらず一人では輸血出来ないので様子を見守るしかできない。
    と言われ、早く朝になってと祈りました。

    23:30再度電話があり、呼吸が止まり心臓が止まりマッサージをしたけど戻りませんでした。
    と、言われたとき何を言っているのか理解できなかった。
    急いで病院へ。金ちゃんは体を洗ってもらい大好きな毛布に包まれて出てきました。
    体は固く目が少し開いていて顔は少し笑っているようでした。
    寝ているときとまったく同じ顔。
    涙が少しもでなくて、何も考えられない状態で連れて帰ってきました。
    大好きな私のベットで一緒に横になり朝まで抱っこしてました。
    朝になっても金ちゃんは動かず、おなかすいただろうな~とか、おなか痛いだろうな~とかそんなことしか考えられなかった。

    毛はフワフワで体は硬いのだけど、耳はいつもと同じ状態でずっと撫でていました。

    昨日、骨になった金ちゃん。細くて小さい骨もしっかりしていて届いた血液検査の結果も良好でなんで死んでしまったかまったく理解できず、ただただ苦しいです。
    一緒に死んでしまいたかったとさえ思います。

    金ちゃん、ごめんね。
    おかーさんがちゃんと病院探さなかったから。。。取り返しがつかない。ホントにごめんね。
    金ちゃんに会いたい。抱っこしたい。
    金ちゃん。。。
    苦しくて苦しくて、どうすればいいかわかりません。
    私の宝物、金ちゃんを返して。。。
  • 投稿者

    50代以上 女性 金太郎

    金ちゃんの気持ち。
    初めての病院で突然連れていかれて、麻酔から覚めたらフラフラして気持ち悪くて心細かっただろうな。
    お腹も痛かっただろうな。
    おかーさんが帰っちゃって淋しいけど、だんだん意識がなくなりすーっと命が消えてしまった。
    一番本人が意味わからんという感じでしょう。

    昨日まで元気で走り回ってて、12才に見えないと人に言われ、もりもり食べて吠えてうんちもいっぱいして。
    死ぬことなんていつ決まったの?
    何で死ななきゃいけなかったの?
    あと5年はおかーさんとおとーさんと一緒にいろんなとこ行く予定だったのに、。
    旅行もいっばいした。
    キャンプも行った。
    川で遊ぶの好きだった。
    湖で白鳥と戦った。
    プールで水泳の練習もした。泳げなかったけど。。。
    車から海を見るのが好きだった。
    ソフトクリームが大好き。
    ドライブが好き。
    おかーさんの笑った顔が好き。
    毎日甘えん坊するのが好き。
    雷はキライだけどずっとおかーさんが抱っこしてくれるから大丈夫。
    突然、いなくなっておかーさんが泣いてないか心配。
    もう少し一緒にいたかったな。
    おかーさん、お仕事頑張れるかな?
    光次郎は淋しがってないかな?
    これから1人でお留守番、かわいそうだな。
    光次郎、ちゃんと薬飲むんだぞ。
    おとーさんも泣いてるだろうな。泣き虫だもんね。
    あーあ、ボク死んじゃった。。。
  • 投稿者

    女性 匿名

    ちぇりーが死んで、10日が経ちました。
    毎日、泣くしかできない。
    逢いたい、抱っこしたい、
    病院に行かなければ、できてたこと。
    子宮蓄のう症の手術をすると決めたのは、私。おしっこと、うんこが出にくくなってたのと、丸まって、お腹が痛そうで究極の選択でした。初めての入院で、最後に怖い痛い不安な思いをさせてしまった。
    本当にごめんな、ママが間違った。
    病院の先生は、仕事なんやろうけど、私にとったら大事な家族。
    恨んでます。元気になると、寿命がのびると、言われて信じてしまった。
    死ぬくらいなら、手術なんかしなかった。
    歩いてたのに、食べてたのに、なんで、なんで死んだんや?入院は、無理やって、先生に訴えたのに、歳いってるから、点滴が必ず必要って。点滴しても意味なかった。恐怖に怯えて、顔が変わってた。立てなくなってた。目が横に揺れてた。何をしたんや?
    私、どぅやって、生きていけば良いのか?わからないです。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    涙が出ます。私も1ヶ月半から15才3カ月で5月19日に宝物の優花ちゃん、ビークルを亡くしました
    この子は、色々な病気ばかり、その度何にも無かったように強い子かな?我慢してたのかな?ガン、臓器摘出など
    かかりつけの獣医から大学病院を紹介されて、
    その専門にかかり命をつなぎとめてきました。
    飼い主はその度選択を迫られます。成功したらやってよかった。もしもの時は、やらなければと
    悩み苦しみます。今回は突然の悪性リンパ腫血液
    治す事も手術も年齢で先生がやめた方がいいと
    ステロイドの薬で腫瘍おさえてましたが、体がこわれてしまいました。これをしないと腫瘍がのどに、出来てて呼吸が出来なくなっていたので
    やむ無く、していました。歩けなくなってから
    6日で逝ってしまいました。
    お話ですと、随分酷い先生だと思います。手術には、やはり信頼できる先生にお任せされた方がよかったと、思いその先生を私も許せません。
    治ると言われたら、それにすがります。
    その先生にとっては、ただの犬、飼主にとっては、かけがいのない、宝物です。
    私も今色々後悔で、ロスです。色々な人に話して
    大泣きです。私自身もどうしたらいいのだろうと
    毎日、優ちゃんに話しかけてます。アドバイスにならずごめんなさい

  • 投稿者

    女性 匿名




    病院に連れってて検査後にやっと戻ってきたのに私の膝に戻ったとたん呼吸がおかしくなった。

    だから怖くて病院に預けました。


    ごめんね、


    知らない人達の中に
    一人ぼっちにさせてしまった

  • 投稿者

    40代 女性 幸ママ

    5日前にコーギーのクッキーが虹の橋へ旅立ちました。14年と2ヶ月…てんかん発作を4才の時に発症してんかん止めの薬を長期間飲んだ副作用から後ろ足が麻痺し、最期は寝たきりに…付きっきりの介護が始まりましたが、毎晩添い寝を亡くなるまで側でいてあげられたのは良かったです。
    しかしペットロスから抜けられず とても辛い状況が続いています。
    皆さんも辛く悲しい思いをされていると思いますが 時間はかかるかもしれないけど、いつか虹の橋の下で再会できる事を願って乗り越えるしかないのです。
    今が一番辛い時ですがいつかこの悲しみが癒える日を信じたいと思います
    幸ママの投稿画像
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    さみしく悲しいですね。自責の念も大きなことが辛いです。頭ではわかっていても、心はついていきません。旅立ったワンコちゃんは、やっと楽になって天国で楽しく遊んでると。私が悲しめば、ワンちゃんは辛くなるから自分が笑顔でいないと。ただただ手を合わせて優しいかわいい穏やかな天使ワンコちゃんに感謝です。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    かけがえのない愛犬ちゃんが亡くなり、1カ月になりました。きっと精神状態が興奮して緊張してた混乱だった1カ月だったのでしょうか。あー最愛のワンちゃんは亡くなったのかと、信じたくない自分がいます。お骨壺はお部屋でご供養させて頂いているのですが、天国で楽しく遊んでると願ってるのですが、矛盾する気持ちから抜けられません。もう亡くなったのが分かりません。名前を呼んでありがとうと言って、お水を備えております。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。