闘犬競技の賛否について

闘犬競技の賛否について

お気に入りに追加

闘犬同士を柵のついた土俵で闘わせて勝敗を決める。犬達は相手を倒すための技を繰り出して闘う。それが闘犬競技の醍醐味です。闘犬ファンにとっては最高の娯楽なのでしょう。しかし闘犬競技を苦々しく思っている人もいます。ここでは闘犬の賛否について考えて行きます。

14234view

いくら語り合っても決着がつかない問題、それが闘犬競技

現在闘犬競技が行われている国はアメリカ、パキスタン、アフガニスタン、オーストラリア、ドイツ、そして日本です。(※これらの国の内、一部の国では法律で禁止されていますが、既に非合法であるにもかかわらず、現在も行われていると言われています)
日本で闘犬と言えば【土佐闘犬】が有名ですね。
青森県にも闘犬競技あるらしいのですが、私は土佐の闘犬競技しか知りません。

そしてこの闘犬競技に関しては賛否両論あり、どんなに語っても未だ決着がつかない問題です。
他国の闘犬事情はよく分かりませんので、土佐の闘犬競技にスポットを当て考えて行きます。

土佐闘犬競技

土佐の闘犬競技は無差別に強い犬同士を闘わせる訳ではなく、重量ごとに階級を分けて行われます。
また、ルールに基づき殺し合いをさせない様に闘犬オーナーが注意しながら行われています。
観戦者はスポーツ感覚で観ていまので『闘犬あるべし』の賛成意見は今でも根強く残っています。
その反面、『動物虐待である』、『大怪我をして死ぬかも知れない』などの意見もあり、闘犬競技を止めさせて欲しいと言う人が近年増えて来ています。
実は地域によっては闘犬や闘牛,闘鶏は禁止されています。
1948年に東京都で制定され、それを皮切りに北海道、神奈川、福井、石川で制定されています。
東京、神奈川、福井、石川では全面禁止となっており、北海道については土佐犬に関してのみ許可を得れば可となっています。

土佐闘犬は闘うために作られたファイティングドッグ

土佐闘犬になる犬種は土佐犬と言います。
土佐犬は四国犬にグレート・デーンやイングリッシュ・マスティフ、ブルドッグ等の大型犬を交配させて生まれた品種で、戦闘能力をより高くして闘うために作られたファイティングドッグです。
マスティフの血を色濃く残している事で、現在では【ジャパニーズ・マスティフ】とも称されています。

性格は怖いもの知らずで大胆、かつ忍耐力があります。
人懐っこい一面も持っていますが、闘犬になるために生まれて来ていますので闘争心や攻撃性は他犬種に比べると段違いです。
そんな土佐犬も主人に対しては非常に忠実だと言われています。

土佐闘犬の歴史は古く、そのルーツは14世紀にまで遡ります。
当時の土佐藩で、藩士の士気を高めるために行われたのが始まりだとされていて、特に徳川幕府との戦いの前に藩士達は闘犬競技を観て楽しんだと言われています。

愛犬家と考えの次元が違う闘犬家

『闘うことを喜びとしているのだから、土佐闘犬から闘う事を奪うのは、むしろ闘うこと以上に拷問的ではないのか』と闘犬家は言っています。
もしかすると、闘うために作られた犬達にとって闘うことが本能であれば、それはそれで幸せかも知れません。
しかし、犬同士がぶつかり合う音が響き、土俵に血に染まる、そんな状況を目にして闘犬家達は面白いのでしょうか?
傷つき敗れた姿の愛犬を見て楽しいのでしょうか?
私には理解できません。

闘犬家も愛犬家なのでしょうが、私達の様な一般的な愛犬家との考え方は次元が違うのではないでしょうか?
機会があれば闘犬家の方々に聞いてみたいものです。
意見交換しても平行線を辿るでしょうが・・・
出来るだけ平等に記事を書こうと思ったのですが、書いているうちについ本音が出てしまいました。
これで私が反対派だと言う事が分かってしまいましたね。

ある人気総合格闘家の意見が称賛される

テレビの某番組で、人気格闘家の【 山本"KID"徳郁 】さんは、土佐闘犬の飼い主の『犬は競技中しっぽを振って喜んでいるから死ぬまで闘わせる』という発言を受けて反論しました。
山本さんは
『犬って人を怒って噛んでも興奮して尻尾を振るんですよ』
『犬は尻尾で興味,従順,興奮,警戒,緊張,不安と言った喜怒哀楽の感情を表すんですよ』
『それを知らずに飼育してるのは全然無知・・・』
と述べています。

私は派手な格闘家ってあまり好きではないのですが、この発言は大賛成です。
山本さんは愛犬家でもありブリーダーでもあるそうです。
ですから彼の発言には説得力を感じます。

この後、 山本さんは同じ内容を自分のブログで訴えており、その意見がネットで多くの人から称賛されたと言われています。

山本"KID"徳郁氏は闘犬家のしている事は人間のエゴであると言っていますが、それは私も同じ考えです。
飼い主の都合で首輪をつけ、家に閉じ込めて従順な犬に育てる行為も人間のエゴではないのか、と言う発言もあったのですが、少なくとも家の中で闘わせて痛い思いなどさせないですからね。

皆様はどの様にお考えになりますか?

まとめ

私は闘犬競技には反対の立場ですが、やり方によっては止む無し、とも思っています。
例えば、スイスで発明された【犬用のプラスチック製マウスピース】を装着させれば安全に闘わせる事が出来ます。

人間の娯楽の為に、犬の安全性を無視してはいけないと思います。
闘犬は痛さを我慢する様に躾けられていますので、痛い思いをしても悲鳴などあげません。
鳴いたら負けですからね。
そんなのは可哀相じゃないですか。

犬と言う動物は本来争う事を嫌う習性がありますので、出来る事なら闘犬を作らない様にして欲しいですね。

闘犬は闘うための技が沢山あると言われています。
その技術を観るだけでも十分楽しめると思います。
噛み付き合って血まみれにさせなくても良いではありませんか。

闘えなくなった闘犬は、飼い主から生きる資格なしの烙印を押されて殺されるパターンが多くなるそうですが、それだけは絶対に止めて欲しいです。
もちろん最後まで看取る飼い主もいらっしゃいます。
アメリカでは闘えなくなった犬の性格を変えるための躾が行われるそうですよ。
決して殺すような事はしません。
闘犬処分派の皆様、闘えなくなっても決して殺さないで下さい。
そして全ての闘犬家の皆様、安全な闘犬競技はどうすれば良いのか、ぜひ一度考えてみて下さい。

ピットブル

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 闘犬は廃止するべき!

    KIDさんは、闘犬家に「戦いたいなら、自分で戦え!」って言ってた気がします。まったくそうの通り!闘犬なんて虐待行為以外の何ものでもない!
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    闘犬、大反対!!犬を戦わせ金儲けて美味しい思いするのは人間だけ、犬は身体にも心にも大きな傷を負う、下手したら人間の楽しみで命を落とす事もあるので闘犬は廃止するべき‼︎
  • 投稿者

    40代 男性 まっ君

    必要無し‼️
    人間の娯楽の為に
    やりたくない事をやらされている犬達も
    多いはず
    命ある者動物達を使って
    遊ぶような行為は許せません
  • 投稿者

    女性 匿名

    闘犬と呼ばれる犬が、もともと闘いを好む性質を持っていたとしても、それは彼らが生きていく上で必要な性質です。
    人間の娯楽のために持っているのではありません。彼らは人間によって「闘犬」にされ、本来闘う必要のないところで、仲間に牙を向けてお互いに傷つけあっているのではないですか。
    そんなもの私は絶対に見たくない!
  • 投稿者

    女性 みお

    私も闘犬には絶対に反対です。犬同士を戦わせて、流血しながら傷つけあう姿を見て、いったい何が楽しいのでしょうか。全く理解ができません。そんなことをさせておいて、闘えなくなった闘犬は生きる資格なしと殺されるだなんて、それが犬にとっての幸せだとでもいうのでしょうか?私にはただの虐待としか思えません・・。

    闘犬家の方々の、闘犬は戦うことを喜びとしいるのだから、闘わせないことの方が拷問的だとか、尻尾を振って喜んでいるから死ぬまで闘わせるというのにも反対です。ただ自分たちの都合のいいように言っているだけのようにも感じてしまいます。

    ですが、闘犬だけでなく闘鶏や闘牛、世界にはこういった風習が多く残っているのですよね・・。
  • 投稿者

    女性 キットカット

    私も闘犬には猛反対です。そもそも闘犬なんて、もう今の時代に全く必要の無いことだと思います。また、闘犬がいるので、噛ませ犬という犬まで仕方無く存在してしまうのだと思います。噛ませ犬は闘犬の自信を付けさせるためにひたすら噛まれるという、言葉には表せないくらい悲しい存在です。最悪の場合は自ら命を落としてしまう危険まであります。以前、テレビでこの噛ませ犬について観たことがありますが、悲しすぎて観ていられませんでした。闘犬の風習が「文化」ということ自体、恥ずかしいことだと思います。人間の娯楽のためだけに存在する闘犬・・・。実は私も山本キッドさんの発言をTVで観て、とてもかっこいいと思いました。キッドさんのことは今まで特にファンではありませんでしたが、この発言に関してはかなり的を得ていたと思うし、キッドさん自身がとても犬が好きなんだということが伝わりました。とにかく、もう闘犬は止めて欲しいです。
  • 投稿者

    40代 男性 たかお

    闘犬という競技(行為)は素晴らしいものだから賛成するという者は、今の日本にはいないのではないか?なのに、なぜなくならないかといえば、現在日本で闘犬といわれる種「土佐犬(土佐闘犬)」自体を無くすという判断ができないからだろう、他ならない。
    土佐犬から"闘うこと"を奪えないのなら、今後、土佐犬の繁殖を禁止し絶滅させればいい。実際、土佐犬の飼育は大変難しく、海外では「危険犬種」扱いにされており厳重な規制があるぐらいだ。日本でも咬傷事故(死亡に至る事例も)の記録が多くあるのだ。

    しかし、江戸後期から明治にかけて輩出された歴史ある犬種。それが人間の都合だったとしても、現存する犬種の大半は、狩猟や牧羊など人間の都合から生まれているのは同じこと。土佐犬は「闘犬」として作られたというのは紛れもない事実だが、種を滅ぼすという決断が果たしてできるのかどうか?「闘犬」には反対だが、この点にはおいては、私自身は答えを出せないでいる。皆さんはどう思われますか?
  • 投稿者

    女性 白川

    闘犬というと土佐犬が一番に浮かびます。ですが闘犬に使われるのは土佐闘犬ですね。似ているけれど誕生の歴史が違います。土佐犬は天然記念物です。姿はほぼ同じなのに、なぜ犬種が分かれてしまったのかとても不思議です。

    大怪我をすることもあるし、死んでしまう可能性だってあるのに、それを阻止しながらどうして闘わせるのか私にはどうしてもわかりません。
    土佐闘犬が好きな人も多いです。でも闘わせたいわけではない人も多いです。
    筆者さんと同意見で、愛犬家とは犬に対する考え方が違うと思います。
    狩猟をする犬種もいますが、それと闘犬は対象も違いますし、たたかう意味が違いすぎると思います。人の生活に解けこんだ戦いか、人の娯楽のためだけの闘いかは大きく差があります。
    今の時代、家で飼う犬に闘う本能を優先させることは本当に必要だろうかと考えてしまいます。
    どちらにしろ、闘えなくなったから処分のように、犬の使い捨てみたいな扱いは絶対に止めてほしいと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 ナナコ

    闘犬の問題を目にするたびに悲しい思いと強い憤りを感じます。
    土佐犬から闘いを奪うことが拷問、本当に何をいっているのかわかりません。土佐犬のパピーが闘いたがっているわけではありません。幼犬のころから兄弟同士で遊び以上の闘いをしているとでもいうのでしょうか。人間が犬を闘犬にしているのです。それは明白な事実であると思います。そして今の現代に、その犬同士を闘わせる必要がどこにありますか。警察犬や補助犬と違い、闘犬になるためにその犬達はどんな訓練をうけるのですか。訓練なくして闘犬になることはありえません。人がわざわざ作り上げて残酷なことをさせる。闘犬愛好家の方たちとぜひお話をさせてほしいくらいです。こちらの記事にあるようにおそらく次元の違う話し合いになるのでしょうが、闘犬の姿に楽しみを覚える方たちの精神状態を疑います。どうか、これ以上闘犬として育てられる子が増えませんように。
  • 投稿者

    女性 えりりん

    闘犬の記事を読む度に心が痛みます・・・。なぜ未だに闘犬の問題が残っているのでしょうか?大昔は闘犬も立派な歴史的行事の一つとして認められていたのでしょうが、もう時代は変わっているし、歴史的行事としてはリスクが高すぎるということで必要性を感じたことがありません。個人的には、今すぐにも闘犬は禁止して欲しいです。しかし、きっと禁止をしてもどこか裏の社会でお金を賭けられたりして行われるのでしょうね。まだまだ終わりの無い問題だと思います。何かの番組で格闘家の方も批判していましたね。この時、私も「そうだ!そうだ!」と応援していました。人間の身勝手なエゴで戦わせられて、死ぬまで戦うなんて犬はどう思っているのでしょうか?そして、弱くなったらもう要らない!といって、注目もされなくなる運命・・・。私は犬が大好きなので、戦って欲しくないです!
  • 投稿者

    女性 ハチビー

    私は昔から闘犬には反対です。というか、闘犬は既に行っていないだろうと思っていたので、この記事を読んでみて「まだ時代遅れなことをやっているのか?!」とショックでした。大昔は闘犬は「文化」とか「歴史的行事」みたいな感じで行っていたとは思うのですが、それは昔のことであり、現代社会に本当に必要なことなのか?と考えた時に一体どうなのでしょう?私は犬同士を死ぬまで戦わせることに何も意味を感じません。人間たちの勝手な行動です。山本KIDさんが怒っているのをTVで観ましたが、本当にその通りだと思います。きっとKIDさんはTVだから押さえていたと思いますが、本当に怒っていたと思います。犬を戦わせて喜ぶなんてことが無いように、早く追放して欲しいです。
  • 投稿者

    40代 男性 私も格闘家

    まったくもって、私も山本"KID"徳郁さんに同意見です。
    私も格闘技を数十年やっておりましたが・・・
    KIDさんのおっしゃる事は一つ一つ説得力がありましたが、こいつの言ってる言い訳は単なる屁理屈にしか感じませんでしたね。

    『闘うことを喜びとしているのだから、土佐闘犬から闘う事を奪うのは、むしろ闘うこと以上に拷問的ではないのか』
    自分が格闘技で闘う身体の痛みを知らない・根性・喜びも知らないやつが何を言ってるんだか・・・。
    ぜひ自分でリングに上がって人と闘ってみてほしいですね。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    本来優しくて、おとなしい、可愛いワンちゃんを闘う為に訓練するなんて、ひどすぎます。全く必要ない事!静かに平和に、安心して生きて欲しいし、愛情を持って大切にして欲しい!闘犬は絶対廃止すべき‼
  • 投稿者

    30代 男性 カブレラ

    闘犬の問題は根深いですよね。昔からあるものだからか闘犬家の方にとっては闘犬は戦わせるものだと思っているのは当たり前の事かもしれません。ですが、現在の動物愛護の流れからすると時代に逆行するものだと正直思います。それと闘犬に生まれたから必ずしもどの闘犬も戦いたいのか?という点が疑問に思います。な家には気弱で優しい子もいるのではないでしょうか。
  • 投稿者

    30代 女性 mint

    私は闘犬には反対です。犬種の改良を行って、闘犬に適した犬に改良したそうですが、つまり元々の性質は戦う犬では無かったという事です。実際に、闘犬として改良された犬種でも優しい心を持ったわんちゃんも沢山います。
    犬は本来戦いを避ける動物です。犬を戦わせて娯楽にする事自体が、自然の摂理に反する事ではないでしょうか?是非皆さんの意見が聞いてみたいです
  • 投稿者

    30代 女性 はるか

    個人的には闘犬に限らず、動物を危険なことに晒すような競技には反対です。そんなこと言うと競馬だって、動物園でやってるレースだって危険じゃないかとか意見が出そうですが血を流すことが前提の競技をする必要はないと思います。特に闘犬に関してはルールも曖昧なのが気になりますね。各都道府県で禁止されてきているくらいですから少なくとも日本では禁止されることを祈ります。
  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    他の方も挙げられていますが愛犬家で知られる格闘家の山本KIDさんは闘犬愛好家に「そんなに闘いたいなら飼い主自身が闘え」という主旨のことを仰っています。
    人間が格闘技をやるのは自らの意思と決断ですが、犬は飼い主に命じられるがまま、そうするのが当然と思い込まされて行なっているにすぎません。
    ただでさえ動物の命を「器物損壊」として扱うような後進国なのですから闘犬などという悪しき習慣を根絶して真の先進国を目指して欲しいです。
  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    介助犬、盲導犬、聴導犬、警察犬…色んな訓練を受けて人間の都合で働かされてる犬がいるけどなんで闘犬だけダメなのか理解できない。これらの犬だって訓練中、仕事中ストレス半端ないし実際寿命も短い。犬はそんなこと望んでない、人間のエゴだ、虐待だって言うんだったら闘犬批判と同時にこれらの制度も批判しなよ。
    それに、闘犬家でも引退した犬も最後まで面倒見る人だって普通にいるし、飼い主と犬の間に絆ができるように、闘犬家と闘犬にだって絆はできてて、闘うことこそ自分の誇りだって考えてる犬もいるんじゃないの?なんで一概に闘犬だけ虐待だって叩くのか。
  • 投稿者

    50代以上 女性 ヒッキーママ

    闘犬は虐待以外の何者でもない、即刻廃止、闘犬という言葉を聞くだけで
    激しい怒り、吐き気を覚え、涙がでます、戦いたいなら自分で戦え、こんなことをさせている人は人間ではない
    残虐な殺人犯罪と同じです。闘犬をしてる人容認する人は、まず闘犬が受けている傷みを受けろ。先進国日本ではないのか、心からお願いします、
    今すぐやめて!
  • 投稿者

    30代 男性 猫飼い

    たまたま通りがかりに読ませていただきました。猫を2匹飼ってる立場でコメントさせてください。
    「闘犬は危険な行為だから闘わないならそれに超したことはない」と私は思ってるのですが、闘犬家の方々が言ってることも理解できるんです。
    犬でも猫でも、動物を飼うことにおいて、「動物に特有の本能を人間社会でどのように発散させるか」というのは1つの大きなテーマだと思います。
    例えば、猫には発情期があります。1回が1週間ぐらいです。つまり、人間とは違って限られた期間にしか子作りができないわけです。なので、猫の性欲は人間より相当強いと考えられ、これを押さえつけるというのは猫にとって相当な苦痛であることが予想できます。
    この不要なストレスから猫を解放するのが避妊去勢手術であるわけです。犬でも同じだと思います。避妊去勢手術は臓器を取ってしまうことで、見方によってはこれも虐待だと思いますが、本能を抑圧する苦痛から解放させてあげるには、これは仕方の無いことと思います。
    私は土佐闘犬を実際に見たことないので確かではありませんが、闘うために作られた犬ならば相当な闘争本能を持っているはずで、闘いができないならその本能はどうなってしまうのだろうと考えたりします。欲を満たせないままにすると苦痛なのではないかと。闘犬を無くすなら、その闘争欲をどうするかを考えてあげないと、犬さんを苦しめてしまうことになると思います。
    とはいえ、愛犬家の方々の気持ちも十分に理解できます。もし猫が血を流して傷つけ会う「闘猫」というのがあったら、私も反対するかもしれません。それはわかりません。
    闘犬問題は本当に難しいですね。投稿者の方がおっしゃるように平行線だと思います。
    「犬が闘えなくなったなら殺す」というのは恥ずかしながら不勉強で、まだまだ知識がありません。もうちょっと勉強しときます。
    難しい問題に直面していらっしゃる愛犬家の方々の苦悩をお察しいたします。
  • 投稿者

    30代 男性 一般的な思考の社会人

    "虐待ではないと考えます。土佐犬は闘争本能の強い犬ですので、戦わせないでいること自体が虐待になりかねません。"

    とある団体でのQ&Aです。
    趣味で犬同士を戦わせる遊びを行なっておいて、犬の為にボランティアで戦わせてると言わんばかりの言い分です。
    戦わせないことが逆に虐待だなんて本気で思ってるわけないのに、幼い屁理屈を吐いてるのが悪趣味な闘犬愛好家の特殊性を物語っています。

    悪いことをしていないと思うのならどうどうとしていればいいのです。
    犬を戦わせる遊びが好きだから闘犬はやめられないと言えばいいのです。
  • 投稿者

    40代 男性 社会人

    皆さんの投稿を見てびっくりしました。
    土佐犬の戦いは、きちっとルールがありその上で闘いをしています。
    決してお金を賭けたりは一切していません。
    まして死ぬまで闘わせる事なんてしません。闘う事が出来なくなった犬は毎日散歩をして闘わせる事はしないで飼っています。
    決して殺したりはしていません。
    一度大会を見学した方がいいと思います。
  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    にんげんの勝手な娯楽で犬の生死を弄んでは良くないと思います。傷つく犬、大量に出血します、痛いです、戦う必要もないのに戦わされ苦痛と恐怖。もし関わっている人間がやらされたらどうでしょう、恐怖、痛み、苦痛、身体の部位を欠損など体験してみてほしいです。
  • 投稿者

    20代 女性 バーバパパ

    伝統的なものである事は分かりましたが、闘犬という文化を死んでも賛成出来ません。

    人間のエゴで改良されて闘わせられている命があると思うだけで
    胸が張り裂けそうになります。今は犬を飼っていませんが、前に芝犬を飼っていました。犬って本当に心優しいんですよ人間より愛情をくれる生き物です。
    私も土佐犬を絶滅させるべきだと思います。署名でもなんでもします。
  • 投稿者

    男性 fuyu

    闘犬に賛成です。

    山本Kid氏の意見は意見でいいとして、その傲慢な話し方には怒りを禁じえません。
    他の意見に対する敬意をもって、自分の意見も言うべきです。

    また、闘犬反対の人の考えがわかりません。
    その人たちも肉を食べるでしょう。
    自分の楽しみのために、牛や豚を殺してその死骸を食べるのが良くて、
    殺されず、闘争本能が満足される闘犬がいけないというのは理不尽です。
    肉食をやめ、菜食とサプリメントで生きるようになってから闘犬を批判してください。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。