人へも感染する恐怖のダニ、ツメダニ症の症状と対処法

人へも感染する恐怖のダニ、ツメダニ症の症状と対処法【獣医師監修】

お気に入りに追加

愛犬のフケが増えた、皮膚が赤くなっている…こんな症状が出たら要注意!ツメダニ症になっているかもしれません。ツメダニは人へも感染し、発疹や痒みを引き起こす怖いダニです。これからの季節はダニが増えやすいので要注意です。

19372view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

ツメダニ症って何?

dani

ツメダニ症は、ツメダニというダニの寄生によって起こる皮膚病の一つで、ケイレテイラ皮膚炎とも呼ばれています。
感染すると大量のフケが出たり、かゆみが出るのが特徴です。

ツメダニが寄生する場所のほとんどは背中で、その他にも耳の後ろや尻尾の付け根、股間、おなかなどを好んで寄生することが多く、かさぶたのようにフケが分厚く重なった下に大量に隠れていたり、被毛の先に白い粉の固まりが付いている場合は、その白い粉全てがツメダニであったりします。

その他の症状としては、皮膚のただれ、かさぶたがあげられ、症状が悪化するとかゆみがより激しくなり、脱毛や赤い発疹などが現れます。
年齢を問わず大量のフケや脱毛、痒みが起こりますが、子犬の場合は症状が重くなる傾向があり、激しいかゆみが起こる場合があります。

発症している犬との接触によって人へも感染し、赤い発疹や強い痒みがでるダニ刺咬性皮膚炎を発症することがあるので、ツメダニ症に感染している犬との接触した時や、皮膚になんらかの症状が出てきた場合は、皮膚科で検査してもらいましょう。

感染原因とは

dani2

ツメダニ症は、ダニの一種であるツメダニによって起こります。
犬に寄生するものはイヌツメダニ、猫に寄生するものはネコツメダニ、ウサギに寄生するものはウサギツメダニと呼ばれ、特徴として鋭いフック型の爪を持ち、その爪で皮膚に傷をつけ体液やリンパ液を摂取し繁殖します。

ツメダニは日本全国に存在しており、メスは0.6mm、オスは0.4mmほどと小さいため、肉眼で見つけることは困難です。
ツメダニは、寄生した動物の皮膚上で交尾し、その後産卵。
卵は糸で被毛に固定させ、孵ってから3~4週間かけて3回脱皮しながら育っていきます。

感染している他の犬との接触によって感染しやすく、特に1歳未満の子犬が感染しやすいです。
他にも、ノミやシラミ、ハエからの感染や、リードやブラシなどの道具から感染することがあります。

治療方法

dani3

ツメダニを殺すためには、ツメダニ駆除剤や薬用シャンプーなどを使用し、皮膚を洗浄する方法が効果的です。
粉末の殺虫剤を全身に散布する治療は、毎日行うと肌が乾燥してしまうので、3日ほど空けて計3回ほど行います。
それと同時に、内服薬などによる内科的治療も同時に行っていきます。

軽い症状であれば、家庭で薬浴を行うことで治まることがあります。
薬浴を行う場合は、頭から肩、腰などの上半身を中心に丁寧にこすって、フケを落としていきましょう。このときダニが飛び散らないように注意しながら洗います。
薬浴はツメダニの卵には効果がないので、根気よく続けることが大切です。

ツメダニ症を予防するためには

フロントラインなどの駆除薬を投与するのが一般的で効果的かと思います。

ただし、ツメダニは寄生する動物がいない状態でも、10日ほど生存することができます。薬により治療を行っても家にまだツメダニがいては意味がないので、部屋をこまめに掃除し、殺虫剤を噴射して、ダニが繁殖できない状態にしておくことが大切です。

ツメダニの餌は他のダニや昆虫、動物や人間の皮膚などです。ツメダニは動物から離れても10日くらいは生存できます。犬のベッドや服なども定期的に洗濯し、清潔な状態にしておきましょう。
さらに、死滅はできませんが、20度以下の温度でツメダニの繁殖を抑えることができるため、換気やエアコンをうまく利用して繁殖を防ぐこともできます。

まとめ

dani5

ツメダニは子犬に感染しやすいので、よく皮膚を見てあげて症状が出ていないか確認してあげましょう。
蒸し暑くなるこれからの季節、ダニにとっては最高の環境です。
日々の掃除や布団などのダニ予防は、犬にとっても人にとっても大事なことです。
家族の健康を守るために、清潔な部屋を保っていきましょう!

監修獣医師による補足

ツメダニ症は「大量のフケが出ること」と「皮膚を痒がる」という症状が特徴的なので、比較的見つけやすい皮膚病です。フケはパラパラ程度ではなく、びっしり被毛の間に詰まるように存在しますので、通常のフケが多い状態とは異なります。
ツメダニは一過性ですが、ヒトにも感染する人獣共通感染症なので十分注意が必要です。もしも、わんちゃんがツメダニ症と診断された場合は症状がなくても飼い主さまは皮膚科を受診されることをお勧めします。
ノミダニの予防薬で予防することが可能な病気です。わんちゃんのノミダニ予防はしっかり行いましょう。

獣医師:平松育子

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 ナナコ

    ツメダニ、人にも感染するダニとしてお互いに注意が必要です。大きなツメが特徴なのでおそらくそれが名前の由来かと思いますが、人間の場合、ダニをはがした後も針だけが皮膚に残ることがよくあるようです。そのことによる感染症のリスクもあります。ダニ・ノミへの予防はワクチンなどと比べて何も対処されていない飼い主さんもいらっしゃるようですが、お互いのためにも世同は必須だと思います。殺虫剤を噴射は、ひとにより抵抗も大きいかと思います。予防の段階でしたらヒバ油などのハーブ関連も有効だと思いますし安全です。もしも愛犬の異常に気づいたときは早めに受診をお勧めします。
    私は虫が大の苦手ですが、目に見えにくいダニやノミにはもっと脅威を感じます。ツメダニは犬が幼い頃にかかることが多いとこちらの記事で初めて知り成犬の我が家は少しほっとしましたが、その他の種類もたくさん存在すると思います。暖かくなる季節は特に注意したいと思います。
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    ダニというとマダニくらいしか危険な気がしていませんでしたが、人間にもうつるのは怖いですね。記事を読んでいると痒くなってきます。
    治療方法もシャンプーくらいなのかと思っていたら、それだけでは根本的な治療にならないのでなかなか大変なんですね。高齢犬にこまめなシャンプーは負担になりやすいです。
    ツメダニはフロントラインが効くようなので、あらかじめそういったもので予防をしておくのもひとつの手ですね。

    ドッグランなども感染源になりやすいそうなので注意が必要です。お散歩などで他の犬と接触した後は、早々にシャンプーしてあげることで予防できることもあります。
    部屋の環境を整えることも大事です。人間と同じように愛犬のベッドや身の回りなども綺麗にしてあげないとならないです。ダニは天日干しでは死滅しないので、ペットベッドなどは季節ごとに新しいものに交換してあげた方が良さそうですね。
  • 投稿者

    女性 さくらん坊

    ツメダニなんて聞いたことがなかったので、記事を読んで怖くなりました・・・。「人へ感染する」という見出しがあると、皆さん急に不安になって、注意深く記事をよく読んでしまうのではないでしょうか??私のそんな一人ですが(笑)、ツメダニにはかなり注意が必要なようですね。愛犬の体をチェックしてみたところ、ちょっとカサブタみたいなのがありました。フケのようなものはまだ出ていませんが、やたら体を痒がるので近々病院でよくチェックしてもらおうと思います。私は十数年前にも犬を飼ったことがありますが、その当時もツメダニなんて聞いたことがなかったので、新種のものがどんどん出てくるのか?!と不安になりました。犬を飼っている場合はいろんなダニについて知っておくべきですね。
  • 投稿者

    女性 サン

    私も犬を二匹飼っているのでダニの話を読みました。室内に入れたときにダニが付いていないか注意はしていたのですか、前に一度ダニが出てしまって慌てたのを覚えています。
    ダニが発生するのは背中だけだと思っていましたが身体中などにも発生していて驚きました。リードやブラシなどの道具にはダニが発生する原因になるなんて知らなかったので道具面は気をつけてはいませんでした。ツメダニの薬用シャンプーや洗い方まで細かく丁寧に書いてあったので助かりました。薬浴はツメダニの卵には効果ないと知り根気よく続けたいと思いました。今までより細かく家を掃除しようと思いました。シャンプー以外には濡れても乾かさず自然乾燥にしていたので川遊びした後にもしっかり拭いてカビを発生させないようにしてあげようと思いました。北海道に住んでいるので夏以外は大丈夫ですが夏になると20度超えてしまうのでエアコンをつけてダニに繁殖を抑えるなど普段から気をつけたいですね。
  • 投稿者

    30代 男性 さとう

    友人が迎えた子犬がツメダニを持っていたようで、しばらく気が付かずに大変だったという話を聞きました。
    子犬を迎えてから数日後に、お母様が刺されて発覚したようで、リビング中消毒作業をしなくてはいけなかったようです。もちろん、迎えたばかりの犬も、動物病院へ行って、虫下し?駆除を行ったとのこと。
    ブリーダーから迎えた犬ということで、犬がたくさんいる環境では気を付けなくてはいけませんね。
    また、先日ニュースで犬から人へのマダニが媒介するウイルス感染が見つかったとありました。飼い犬がマダニによる感染症を起こし、その看病をした飼い主の方がさらに感染してしまったというもの。下痢便や嘔吐物からの感染のようです。
    愛犬が体調を崩したら看病するのは当然ですから、この症例を聞いてちょっと不安になりました。その犬と飼い主さんは回復されたようなので何よりです。
  • 投稿者

    30代 女性 nico

    ツメダニについてはなんとなく聞いたことがあるくらいでしたが、犬にも人にも感染してしまうなんて怖いですね!ダニというとどうしてもマダニのことばかり浮かんでしまいますが、ツメダニにも十分気を付けてあげないといけませんね。勉強になります!うちの犬は毛が深いタイプなので皮膚についたダニをきちんと見つけてあげられるか心配になりますね。フロントラインなども一応していますが、皮膚への影響を考えて通年しているわけではないし、フロントラインを挿した部分から遠くなるほど薬剤の影響が聞きにくなると聞いたことがあるので、やはり手放しに安心はできませんし心配ですね。やっぱり飼い主が目と手で細かくチェックしてあげないとだめですよね。
  • 投稿者

    女性 まかぶらたると

    ダニの危険性は、暖かいシーズンになるとテレビ番組などで報道されるほど深刻なものですよね。マダニの話はよく聞きますが、ツメダニ…あまり名前を聞いたことがありませんでした。
    しかしこの記事を読んでいたら、足が爪形になっていて、皮膚に引っ掛けて血を吸う。もう想像するだけで気持ち悪いです。ましてや大切な愛犬の身体に、こんなツメダニがついて血を吸うことなど、絶対あってはならないと思います。
    わが家のわんこ達はみんな小型犬ですが、毎朝毎夕散歩に行きます。また週末や休日には、ドッグランにも出かけに行きます。外出すれば、当然ダニに遭遇する機会は多くなると思います。
    まずは、ノミダニ予防の薬、これは必ず季節が暖かくなってきたら、全員飲ませるようにしています。そして散歩の際には、落ち葉の積もっているところ、草むらの茂みの深いところなどは、出来るだけ避けるようにもしています。
    定期的にシャンプーすることも大切ですよね!
    それでもまだまだ十分ではないのだろうというのが、この記事を読んでいてひしひしと感じました。
    今はまだ寒い季節なので大きな心配は無いかもしれませんが、あと数ヶ月もするとまた心配な季節がやってきます。十分に気をつけていってあげたいと思います!
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。