ペット探偵ってどんなことをしてくれるの?

ペット探偵ってどんなことをしてくれるの?

皆さんはペット探偵を知っているでしょうか?一般的にはまだあまりメジャーなサービスではないかもしれませんね。ここでは、ペット探偵がいかなるサービスであるのか、また、ご利用までの手順、金額などを説明していきたいと思います。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ペットを探してくれるペット探偵って?

探偵

簡単にいえば、迷子になってしまったペットを探してくれるサービスのことです。
ペットといっても、犬や猫だけではなく、業者によってはフェレットやウサギ、鳥類も探してくれるみたいです。

ちなみに、私はまだ使ったことがありません。
我が家は多頭飼いですので、三頭同時に散歩に行ったりもします。
三頭も同時に散歩をさせていると、散歩で見失ったりリードを離してしまうかもと思われるかもしれませんが、油断せずにいつもちゃんと見張っているからか、迷子になったりした事はありません。

このペット探偵というサービスを私は使ったことがありませんが、私の友人は脱走してしまったネコに使った事があると言っていました。
そして、そのサービスに対して非常に満足しているようでした。

このように実際に使っている人もいるので、使い方によっては良いサービスなのかもしれませんね。

気になるお値段とサービスの内容

サービスの内容としては、前述の通り、迷子になってしまったペットを探す事なのですが、いなくなったものを探すという点は人間の探偵でも同じような事をしますよね。
それでは、ペット探偵の場合、どのような手順を踏んでサービスに至るのでしょうか。

依頼

探偵への依頼から引き渡しまでの流れ

手順1:依頼

これは電話やメールでやり取りする事もありますが、連絡後、即日で依頼者の家に訪問してくれる業者も多いみたいです。
なによりも、いなくなってからの時間の経過が発見を左右するので、やはり迅速に対応して、実際に足を運んで情報を得るという事は大事なのでしょうね。
また、捜索開始前にペットの個体としての特徴(色や犬種等)、性格、性別等を聞かれる事が多いので、前もって提供できる情報は全て用意するようにしましょう。

手順2:ポスターやチラシの作成

ペット探偵では、ポスターやチラシの作成にも着手してくれる所が多いです。
相手もプロですので、作成したチラシなどはしっかり人の目につく所に置いてくれます。
ちなみにここに記される内容についてはより詳しい情報、そしてできるだけ最近の分かりやすい写真を使う事をお勧めします。
普段からわんちゃんの写真を撮っておくと、こういう時も役立ちますね。

手順3:聞き込み調査開始

さて、ここまで来たら調査がスタートということになり、まず行うのは探偵業務に欠かすことができない「聞き込み」です。

主に依頼者宅身辺や失踪推定場所などで聞き込みが行われます。
ここで依頼者自身の情報提供が欠如していたりすると、「初動ミス」という重大なミスに繋がりかねません。
手順1の飼い主自身の情報提供はなによりも、迷子になってしまったペットに近づくための大事な物なのです。

手順4:捜索

得られた情報を元に、近辺を探し回ります。実働時間としては8時間ほどです。
ちなみにポスター作製だけして、実際に捜査をしてくれないような悪徳会社もあるみたいです。
ペット探偵のHPをしっかりと確認し、業務内容についてもしっかりと確認した上で依頼するようにしましょう。
また、捜査方法も業者によってそれぞれ違いますし、個性もあります。
中には、飼い主の声を録音したテープを流したりしながら捜査をするなんて所もあるみたいです。
これはこれで飼い主自身はちょっと恥ずかしいですね。
しかし、可愛いペットのためであるのなら背に腹は代えられないというべきでしょうか。

手順5:発見

発見したとしても、すぐには捕獲しません。
なぜなら、発見されたペットにとってペット探偵の皆さんはまったくの他人。
人懐こい犬ならいざ知らず、鳥や猫は基本的に警戒心が強いと言われています。
そのため、一怖がらせてしまうとまたその場所から逃げ出してしまうなんて事になりかねないので、ペット探偵では発見しても飼い主さんの到着を待つことがあるようです。

また、中には、捕獲中に傷ついてしまうようなやり方もあるかもしれませんし、それを踏まえて、依頼者はしっかりと事前に捕獲方法についても相談しましょう。(最近はしっかりとそこらへんも考慮してあるみたいです。)

手順6:引き渡し

見事見つかり、捕獲に成功した場合、飼い主に引き渡されます。
迷子になってしまったペットはきっと不安だったでしょうから、しっかりと愛情をもって接してあげるようにしてください。
また、迷子になる前は頼りなかったペットが、迷子になった後は性格が変わって、しっかりするようになったというケースもあるようです。
不本意であるとはいえ、「可愛い子には旅をさせろ」という事でしょうか。

見つからない場合は?

それについても業者によって様々ですが、基本的に成否に関わらず契約料金の返納はできません。
成功率が8割以上のサービス業者が多いということですが、100%見つかるかどうかは分かりません。
また、契約日数で見つからない場合、一日無料で捜査を引き延ばしてくれる業者もあるみたいですので、最悪の事態も想定して事前に確認をしておくといいかもしれませんね。

気になるお値段は?

決して安いものではありません。いえ、むしろかなり高額です。
ですが、これを複数人の人に実働8時間勤務させると考えると、安いか高いかは考え方次第かもしれません。
平均的に一日契約で18000ほどで、業者やオプションなどによってもまちまちですが、少なくともこれくらいはかかると思っていた方が良いですね。
ちなみに交通費も依頼者持ちですので、さらに上乗せされます。
また、ポスターやチラシ作製料金も別で必要な業者もあります。

料金は前払いが基本らしいですが、契約期間内で早々にペットが見つかった時に、半額返してくれるといったような所もあれば、まったく返してくれないといったところもあるみたいです。

まとめ

ペット探偵

ここまでペット探偵についてお話してきましたが、このような業者を使うのは「最終手段」と考えた方が良いかもしれません。やはり、それなりに高額ですしね。

ペットが迷子になった時にまずやる事は、自分で近所に聞いて回る事です。
最初から業者に任せるのはどうかと思います。
ですが、迷子になったペットを探すということ自体においてはプロである「ペット探偵」の右に出る者はいないと思います。使い方次第って事ですかね。

なによりも飼い主さんはペットへの注意をしっかり持って、迷子にさせないという事が大事ですね!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。