犬のマイボーム腺腫について~症状・原因から治療・予防法まで~

28618view

犬のマイボーム腺腫について~症状・原因から治療・予防法まで~

犬の瞼にぽつっとイボのようなものが・・・悪性腫瘍なのかな?受診して「マイボーム腺腫」といわれたけれどどんな病気かわからない。獣医師として仕事するなかで、飼い主さんから質問されることの多いマイボーム腺腫の詳細についてわかりやすく説明します。

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

犬のマイボーム腺腫について

愛犬の瞼にぽつんとイボのようなものができているので、動物病院で診てもらったら「マイボーム腺腫」と診断されることが多いです。

名前を聞くと悪性腫瘍?!とびっくりしてしまいますが、瞼にできる良性の腫瘍の1種なんです。そんなマイボーム腺腫について、わかりやすく説明してみましょう。

犬のマイボーム腺腫とは?

マイボーム腺というのは、瞼の縁にぐるっとある細胞群を指して言います。瞼の縁、まつ毛の毛穴のある部分に沿って転々と存在しています。

マイボーム腺は、瞬きするたびに目の表面に油分を補って目の潤いを保つ役割を持っています。油分を分泌する細胞にはよくあることですが、マイボーム腺も出口が詰まりやすい仕組みになっています。

例えると、人間のニキビのようなものですね。分泌腺の出口が、詰まってしまって中に油分が貯まってイボのように膨らんでしまいます。この状態をマイボーム腺腫といいます。

良性なら放置してよいものでしょうか?

マイボーム腺腫は、ニキビと同じで体質があり繰り返し出来るワンちゃんも多いです。良性なら放置しても大丈夫?という方もいらっしゃいますが、獣医師としてはおすすめしません。

瞼は非常に繊細な構造をしていて、涙や分泌腺の働きで目の表面を常に清潔に潤しています。マイボーム腺腫を放置すると、いぼ状の部分がつねに角膜をひっかき傷つけることになります。

早期発見早期治療することで、角膜までトラブルを起こさないようにしたいものですね。

犬のマイボーム腺腫の治療とは?

目の診査を受ける犬

マイボーム腺腫は、基本的に外科的切除が推奨されます。人間であれば点眼麻酔で5分ほどで終わる手術ですが犬の場合はそうはいきませんよね。全身麻酔または、沈静(体は動かないが痛みなどは感じる)などで処置する動物病院が多いです。

小さいマイボーム腺腫の場合は、瞼にV字の切れ込みをいれて切除しそのまま縫合しないケースもあります。数が多い場合や、大きいマイボーム腺腫の場合は切除のあと縫合が行われます。

術後は感染症を起こさないように、内服や点眼で抗生物質の投与を行う場合もあります。

取ってしまって問題ないのでしょうか?

マイボーム腺腫を切除しても、ほかにもマイボーム腺はあるので問題ありません。ただし、複数回切除を繰り返すと瞼が小さくなり外見上の変化がある可能性もあります。気になる場合は、術前に外見の変化を最小限にできるようにお願いしておくとよいでしょう。

犬のマイボーム腺腫は予防できるの?

残念ながら、ニキビとにた性質をもつマイボーム腺腫は予防できません。面倒ですが、見つけるたびに対策する必要があります。あくまでも体質や日常の生活によってできやすい傾向のあるものなので再発を繰り返す場合は、食事や体重管理などの見直しも検討するとよいでしょう。

あくまでも経験上ですが、若いワンちゃんよりは老犬に・短毛種よりは長毛種に起こりやすいように思います。目は飼い主さんも見つけやすい場所なので、比較的早期に発見できることも多いのがマイボーム腺腫。

早期発見早期治療で、愛犬に負担のない対策をとりたいですね。

症状や病名で犬の病気を調べる

犬のマイボーム線種の他にも、気になる犬の病気や、普段見ない行動をとっていて心配なときに病気を調べることができる辞典がありますので、ぜひ活用してみてくださいね。↓

犬のマイボーム腺腫まとめ

獣医師の診断を受ける犬

マイボーム腺腫は、どんな犬種にもおこりうる腫瘍の1種です。ですが、放置しておくと角膜を傷つけ白濁や視力低下の原因にもなりえる怖い病気でもあります。マイボーム腺腫以外にも瞼に出来る腫瘍はたくさんあります。見つけた場合は自己判断はしないようにしましょう。

愛犬のまぶたに異変を感じたら、動物病院に受診してきちんと診断治療をうけるのが良いですね。動物病院は、出来たら行きたくない場所かもしれませんが早期発見早期治療が一番愛犬にも飼い主さんにも負担が少ない方法です。

気軽に受診できるかかりつけ医をもつことも大事です。「こんなことで病院にいってもいいのかな?」と思う前に「とりあえず教えてもらおう」と受診していただけるとうれしいですね。

平松育子先生

記事の監修
  • 獣医師
  • 平松育子先生
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 u_u

    以前愛犬の目の縁に白いポチっとしたものがあったので、動物病院へ行ったのですが引っ掻いたりがなければそのままで良いとのことでした。
    幸い犬は気が付いていないようでしたので、そのままにすることにしたのですがしばらくすると大きくなってきたため再び受診しました。
    すると大きくなったマイぼーむ線種が、目の表面をかすりそうな大きさだったため、角膜を傷つける恐れがあると手術して除去する運びとなりました。
    簡単な手術とはいえ、やはり麻酔をかけるとなるととても心配でしたが、歯石取りもしてもらって無事目も歯もきれいになりました。白いポチっとしたものが目の縁にあっても、家族は見慣れていたため平気だったのですが、散歩中に会う方たちは「あれ?」と思っていたようで、手術して除去した際にはいろいろな方から聞かれました。
  • 女性 Tera

    我が家の愛犬はフレンチブルドッグです。一緒に暮らし始めてから分かったのですが、全体的に体が弱いです。特に皮膚は弱いので、日頃のスキンケアは欠かせません!また、目も大きくてパグと同様に飛び出ているので、目のトラブルにも気を付けなければなりません。このマイボーム腺腫という病気についてはよく知りませんでしたが、目のトラブルにはとても敏感なので、このように目に起こりうる病気が記事になっていると、とても助かります。実は以前、このマイボーム腺腫症状のようになりました。瞼のフチにポチッと膨らんだ何かがあったのですが、ニキビかな?なんて思ってしまい、2~3日様子を見ていたら消えていました。しかし、次回このような症状が見えたら病院へ連れて行こうと思います。
  • 40代 女性 匿名

    お盆過ぎに川遊びに行ってから出来たので、『虫刺されかな?』と思いました。中々、治らず日毎に形が変わったり、赤みが帯びてきたりで、病院にて診てもらったところ〝めもらい〟でした。眼薬で様子をみて、1週間たって治らなければ、もう一度受診してと言われました。四日目ですが、良くなってないような気がします。
    大丈夫なのか心配です
  • 50代以上 女性 匿名

    現在、治療中で長く通院しなければならなくなりました。2歳になったばかりの白いトイプードルです。白い長毛種に多いと言われました。すぐに行きつけの病院に行ったのですが、良くならないどころかひどくなりました。それで値段は高いけど眼科専門の医師がいる獣医に変えました。原因不明で再発もする病気なので、やっかいです。
  • 50代以上 女性 匿名

    ビーグル犬で9歳になりましたが1月、4月と9月末に3回目のマイボーム線腫の手術をしました。体質なのか何回もできます。全身麻酔なので可哀想です。今は体重管理を気をつけてます。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。