ライカ犬とは ~世界初の宇宙飛行士~

ライカ犬とは ~世界初の宇宙飛行士~

ライカ犬は人類の夢をたくして、宇宙飛行を一番初めに成し遂げた生物として英雄になりました。そんなライカ犬についての思いを語りたいと思います

はてな
Pocket
お気に入り登録

世界で初めて地球を周回した宇宙犬ライカ!

1950年代から1960年代にかけて、旧ソビエト連邦では国家事業として宇宙開発が行われていました。
そこでは、人間の宇宙飛行が可能であるかを調査するために、犬たちを宇宙に送り出したのです。
なんとその回数は少なくとも57回と言われています。
特に、1951年から1952年にかけて複数の犬をR-1ロケットに乗せ高高度飛行を行っています。
その背景には、当時ソビエト連邦はアメリカと冷戦中であったため宇宙開発戦争とも呼ばれる競い合いがあったことが挙げられます。

宇宙戦争のイメージ

そんな最中、1957年にスプートニク2号に乗せられ宇宙へと旅立ったのが「ライカ犬」と呼ばれる犬種の女の子、「クドリャフカ」です。
なぜ女の子が選ばれたのかと言いますと、排泄の仕方によるものだそうです。
この「クドリャフカ」とはロシア語で「巻き毛ちゃん」という意味ですが、打ち上げ当時はその名前は発表されず、犬種である「ライカ」が名前として報道され定着しました。
現在では、ロシア国内の記念碑などにも、クドリャフカではなく「ライカ」として記述されているそうです。

1957年11月3日にライカは宇宙飛行実験により、様々な険しい訓練を乗り越え、宇宙へとたったひとりで飛び立ちました。
まさかライカ自身は、宇宙犬になるなんて思ってもみなかったことでしょう。
それが片道飛行であるとライカは知っていたでしょうか?
当時の人達も知り得なかったことではないでしょうか?

また、ライカの死についてですが、色んな説が飛び交う中、2002年に発表された内容は、「宇宙空間に入る以前の飛び立った直後に、機体の加熱などの原因により、ライカはパニックに陥りすぐに死んでしまっていた」と言われています。

参考サイト:BBCニュース

ライカ犬への思い

私はこの出来事を知ったとき、この記事について書くことができなくなるくらいのショックを受けました。
しかし、それと同時に、ライカのことを多くの人に伝えなければとも思いました。
なぜならライカの死を無駄にはさせたくないからです。

ライカ犬が見た景色

人間の夢を乗せて、まだ宇宙からの帰還方法が確立していない中で、なぜライカは宇宙へと送り出されてしまったのだろうか。
人間の欲望のなにものでもないと感じました。

ライカの死によって、仮に開発が進んだり進歩が早まったりしたとしてもそれが何の意味を成すのでしょうか?
私は激しい怒りと悲しみでいっぱいになりました。
可愛いライカの顔を浮かべては、言葉も話せないライカのためになにか出来ることはなにか考えました。
それはやはり伝えていくことだと感じました。

ライカは何も知らずに、ただひたすら過酷な訓練に耐え続けていたのです。
密室空間に長時間閉じ込められるなどの訓練は犬にとって、またどんな生き物にとっても耐え難い苦痛以外の何物でもないことです。

動物を使用した宇宙飛行実験はまだ続いているのでしょうか?
動物に今していることは、巡り巡って私たちの番になります。
弱者の命を大事にせずにして、私たちの命は守られません。
これは果たして綺麗事なのでしょうか?

確かに、私が生きていることは必ず動物の犠牲が伴っていることを知っています。
しかしライカのことを知り、ただただ心が揺さぶられ心臓に大きな穴が開いたことは紛れもない事実です。

まとめ

ライカ犬

ライカは人間の夢を叶えた偉大な英雄です。
ライカの歴史があり、今があるのです。
私はライカの悲劇が二度と繰り返されることのないように祈るばかりです。
自分の愛犬がもしライカと同じ立場にあったらと思うとぞっとしました。

どんなに英雄になろうとライカはライカです。
何もそんなことはライカは望んでいなかったはずです。
人間の欲望のために動物の悲劇が生まれることは、本当に耐え難いものです。

ライカのことを知ることができたことで人生観が変わりました。
目を背けたくなるような悲劇であっても、やはりちゃんと見つめることが大事であると、そこからが始まりであると強く感じました。

ライカが天国で幸せに暮らしていることを心から願います。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 葵

    とても大きな憤りを感じます。人間の身勝手な理由で何故一匹の犬の命が奪われなくてはならなかったのか、ライカは打ち上げから4日後キャビンの欠損による過熱で亡くなっていたととも打ち上げから数時間後には過熱とストレスで亡くなったともいわれているそうです。人間が死んでしまうとわかっていてしたこと、これだけは確かなことで、想像するだけで怒りを覚えます。あまりにも身勝手で、残酷で、彼女は何のためにこの世に生を受けたのでしょう、生涯の最後に待っていたのは、辛く、恐ろしいだけの世界だったなんて、どんなに怯え叫んでも誰も助けに来ない、人類の利益のためだと大義名分を唱えても、ただ利用され
    ただけにしか思えません。人間の傲慢さが生んだ悲劇だと、憤りを感じずにはいられません。
  • 投稿者

    40代 女性 てとめる

    世界初の宇宙犬なんて書かれているのでほのぼのした話なのかと思いました。人間のために動物が犠牲になることは本当に多いですよね。こういう事実をきちんと受け止めて今ある自分はたくさんの犠牲の上で成り立っているんだと思い、感謝をするべきなんだと思います。突き詰めればわたしたちが食べるお肉だって、必要な分を自分達で狩れば多くの命が助かることでしょう。今ある動物医療だって多くの動物達が犠牲になって愛犬を助けてくれています。動物だから何をしてもいいということではなくて、動物達に助けられているという気持ちをしっかりと持って受け止める事実ですね。もちろんこの宇宙船にしろ行き過ぎた動物扱い方はまだまだあると思うので、そういうところはどんどん摘発されて欲しいですね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。