しつけの第一歩!犬に自分の名前を覚えさせよう!

しつけの第一歩!犬に自分の名前を覚えさせよう!【ドッグトレーナー監修】

お気に入りに追加

名前を教えることは、しつけの第一歩!コミュニケーションを取ることにも繋がるし、せっかく愛犬のために付けた名前なので早く覚えてほしいですよね。初心者向けに基礎の基礎をお教えします!

29454view

SupervisorImage

記事の監修

埼玉を中心に、しつけ方教室/問題行動のリハビリ/ドッグダンスレッスンまで行う。ドギーホームルームでは、愛犬のトレーニングのみにとどまらず、飼い主様のフォローに力を入れる事でQOLを向上させます。また、JCHA公認のハイドロセラピスト・フィットネストレーナーでもある為、愛犬の健康増進にも力を入れています。【埼玉・東京・横浜でオーナーレッスン随時開催】
《公式HP》ドギーホームルーム

犬に名前を覚えさせることの必要性

なぜ犬に名前を覚えさせる必要があるのでしょうか?
一番大きな理由に「コミュニケーションを取りやすくする」という点が挙げられると思います。

名前を覚えるということは、名前に反応するということです。
反応すると、自分(名前を呼んだ人)に集中します。
集中してくれれば飼い主を意識するようになり、その後の指示などが伝わりやすくなります。

犬のアップ

犬に名前を覚えさせる方法

大切なこと

まず1番大切なことは、名前を呼ぶときは良いことがあるときだけにすること。
ついつい怒る時などに名前を呼んでしまいがちですよね。
「○○だめでしょ!」
なんて言ってしまいませんか?

名前を覚えさせる段階では、これはやらないようにしましょう。
「名前=良いこと」の方程式を作ることが大切です。

名前の呼び方も統一しましょう。
色んな名前で呼ばれると混乱してしまいます。

名前の教え方

では実際に名前を教えてみましょう。
名前はもちろん小さい子犬の時期に教えるほうが覚えやすいですが、成犬になってからでも教えることは可能です。

例えば、成犬を里親として引き取ったのち、名前を変えても新しい名前を覚えることは可能です。

外で歩きながらアイコンタクト

1.名前=ご褒美 の方程式を作る

犬が集中出来る環境で練習しましょう。
名前を1度呼び、すぐにご褒美を与えます。
ご褒美は犬の好きなもの何でもOKですが、この場合はおもちゃよりもフードやおやつの方がやりやすいでしょう。

広い部屋で自由に遊べてしまう環境だと集中出来ません。
ましてや子犬は何にでも興味を持つので、サークルの中やリードを付けて少し行動制限をすると集中させやすいです。

この段階では名前を呼んだ後に、アイコンタクトやお座りなど他の行動をさせる必要はありません。
また、集中していないのに名前を連呼してしまう事はNGです。

例えば、太郎が名前だとします。
自由に遊べる部屋で練習しようとすると、特に子犬は遊び初めてしまいます。
そんな時に名前を呼んだとしても、おもちゃをかじっていても太郎、走っていても太郎、お座りしていても太郎になってしまいます。
すると、太郎=自分のことと結び付きません。

ボールで遊んでいる

2.名前=アイコンタクトに繋げる

名前を呼んでみて、ご褒美を探すような素振りが見られたら、「名前=良いことがある」と結び付いてきた証拠です。
次は名前をもっと意識付けるようにしていきましょう。

名前を1度呼んだ後に、アイコンタクトをしたらご褒美を与えます。
すぐにアイコンタクトをすれば良いのですが、最初はなかなか見てくれないはずです。
目を見てくれるまで待っていたら、名前を呼ばれたことを忘れてしまいます。

まずは誘導してアイコンタクトをするようにしていきましょう。

名前を呼ぶ→ご褒美を持った手を自分の目先に持っていく→目が合ったらご褒美を与える。

初めは名前を呼んでからすぐに誘導します。
犬の正面(対面)で行うこともポイントです。
誘導してすぐに見るようになったら、名前を呼んでから少し待ってみましょう。
待つ時間は2~3秒くらいまで。待ってみてアイコンタクトが出来なければすぐに誘導します。

もちろん誘導する前にアイコンタクト出来たらすぐにご褒美です!対面して出来るようになってきたら、横の位置からなどにも挑戦してみましょう。

まとめ

名前を教える基礎の基礎でした!アイコンタクトが出来るようになったら色々な場面でも呼んでみましょう。
愛情を持って呼んでいけば、きっとすぐに名前を覚えてくれるはずです。たくさん名前を呼んで、たくさんコミュニケーションを取ってくださいね♪

※今回の方法はトレーニング方法の1つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。