中国でお犬様バブル崩壊!?ブームの犠牲になったワンコ達

10561view

中国でお犬様バブル崩壊!?ブームの犠牲になったワンコ達

ブームでもてはやされ、ファッション感覚で飼われたペットたちの運命は様々。飼い主にとって不要になったわんこたちは、遺棄されたり、虐待されたり、安楽死されたり。飼い主次第でわんこの一生は決まります。

中国でお犬様バブル崩壊!?

中国人の多くは投資を目的に様々な商品、例えば年代物のワインや日本のウイスキーの爆買いするなど、市場で値段が上昇したとき売却してお金を儲けようと考えているのですが、わんこもその投資物品として扱われているのです。

例えば、一見みると大きな毛がモジャモジャの犬?と思うような超大型犬チベタン・マスティフ。
実は、一頭あたり一億円以上の価格が付く超高級犬で、富裕層の間ではチベタン・マスティフを買うことが社会的ステータスとなっています。
つまり、ブランド物のバックやスポーツカーを所有するのと同じ感覚で飼われていました。

1億円もするマスティフ

中国バブルと言われた好景気の中、中国本土ではチベタン・マスティフのブリーダーが次々と現れ、どんどん価格が上昇していきました。
最高時には一頭2億円で販売されていたことも。

しかし、景気の不調からその価格は下降する一方、扱っていたブリーダーの数も激減しました。
例えば、西安を省市とする陝西省では2010年頃には約70軒のブリーダーがいましたが、現在は5軒位しかないと地元新聞は報道しています。
そして、この大型犬は見て分かる通りに、ハイメンテナンス。
食べる量も多いし、グルーミング代もかかると、様々な理由から捨ててしまう飼い主が多いそうです。

道端で、高価な犬がフラフラ歩き、飼い主に捨てられたことで精神不安になっていたり、道楽で飼われたために、トレーニングも何もされていたいことから、歩いている通行人に噛み付くという事件が起こっているそうです。

実は、中国本土だけでなく、香港の富裕層もこの犬種を買い、飼育が面倒になったから、飼い主を噛んだからという理由で処分されたケースもあります。

また、数年前にはシベリアン・ハスキーやトイプードルなども人気で、パピーミルと呼ばれている劣悪な状況で繁殖させられた子犬たちがペットショップやブリーダーから直接販売されて、民間の一時預かり施設や、政府などで殺処分する施設にたくさんみられました。

さて、このチベタン・マスティフの生まれ故郷は名前の通りチベットです。
標高何千メートルの高い場所で生まれた犬種です。
人気が落ちたと言えども、地元の人の話によると、家でペットとして飼っているチベタン・マスティフが盗難される事件がまだまだあるそうです。
チベットでは、わんこは自由に家の周りを走り、好きな時に散歩を楽しんでいるそうです。
そのように基本的に放し飼いの家庭が多いので、外に出している時に、犬がいなくなることが非常に多く、飼い主さんはうっかり犬を外に出すことができないそうです。

日本のように、いつもは家にいて、散歩をする時だけリードをつけて外にでるという暮らしとは違いますので、そこを狙ってチベタン・マスティフを盗んで売るのです。
なんとも酷い話です。

近頃は、このブームの後はロシア産のコーカシアン・シェパードに人気がシフトしているとか。
これもまた大型犬。
数年後には、始末施設や道端でホームレスドックになっているのを見かける可能性は高そうです。

ブームになったわんこの悲しい話は日本でもあった!

人気があるから、ブームだからとファッション感覚でわんこを購入する人が、日本にもたくさんいるのは事実です。
そしてそのように安易に犬を飼い、面倒をみきれなくなった飼い主に捨てら、施設に入れられた犬たちの多くは、ガス室で殺されるか注射によって安楽死させられます。

人気だったチワワ、トイプードル

CMで人気になったチワワ

日本でも2008年頃に放映された、某消費者金融のCMに出演していたチワワが人気となり、チワワブームが到来しました。
みなさんの周りでも、あの愛くるしい目と子犬のような表情に魅了されて、早速ペットショップでチワワを購入した人は少なくないはず。
そしてその後ブームが去てしまって、無責任に捨てられたチワワが複数の動物保護センターに持ち込まれたといいます。

2013年から2014年の約8ヶ月位の間に、埼玉県で46匹の小型犬わんこ が捨てられていて話題になりました。
捨てられていた犬種ははコーギーやチワワ、トイプードルなど、ペットとして人気の高い犬種ばかりです。

人が怖くてうずくまってしまう子、意外に人懐こい子、首輪をつけている子など様々。
それらのうちの老犬のトイプードルを引き取った親切なご夫婦は、その子に歯がないので、ご飯を食べるとボロボロ口からこぼしちゃってかわいそうと言っていました。

かわいそうな犬

可能性としては、ブリーダーが遺棄したという風に見られていますが、いずれにしてもブームが去った犬は、ペットショップでディスプレイされていても買い手が現れないので、数ヶ月であっという間に成犬になり、始末されるかどこかの保護センターに引き取ってもらうかという、わんこにとっては悲しい結末になります。

有名人などのセレブなどが飼っていることや、 お散歩にちょっと連れて行くとおしゃれ感覚で購入し、飼い主の都合で捨てられてしまうのです。
保護される小型犬の数は非常に多いといいます。

さいごに

わんこ好きの人でもそうでなくても、捨てられた犬たちの話はあまりに多く、心が傷むでしょう。
ニュースで報道されているのはほんの氷山の一角です。
やはり、命を育てる覚悟がない人は動物を飼ってはいけないのです。
飼い主、飼われるペットもお互いに不幸になるだけですから。
ペットを育てるなら、最期まで面倒を見なくてはいけません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 女性 匿名

    簡単に買ってしまう消費者も問題ですが、生命を売り物にしている業者側にも責任は有ります。早く規制するべきだと思う。
  • 40代 女性 RIRIKA

    言葉を失う現実ですね…。そんなに高級なワンチャンを靴やバックを買うように買えちゃうっていう事がまずよくわかりません。そして、捨ててしまうって事も…。捨てられたワンちゃんがどんな生活をするか、どんな気持ちになるか、どんな辛い思いをするか考えないのでしょうか?そういう人に、捨てられたワンちゃんの辛さを思い知らせたい…です。
  • 40代 女性 豚玉

    日本人も愚かですが、中国人も愚か、と言いたい。国民性、文化の違いから「動物愛護」の考え方やニュアンスに開きがあるとしても、ペットとして動物を飼う(買う)なら終生面倒をみるのは基本中の基本。2億出せるお金持ちなら、余計に何とかならなかったのかと憤りを感じます。
  • 40代 女性 Haru

    お金になりさえするなら、命あるものだって何でもかんでも食い物にする拝金主義。
    でも、需要と供給のバランスだから、需要がなければ拝金主義者たちも手を出さない。
    その国の民の成熟度って、動物とか、子供、お年寄りをどう扱っているかによく現れるっていうよく言われるけれど、日本、どうなんでしょうね。

    埼玉の小型犬遺棄事件は、見たこともない独特な容姿のチワワ達が含まれていたことで、地元でもずいぶん話題になりました。「人より違うものを持ちたい」「よりレアな容姿の犬のほうが売れる」そんな需要からこうしたチワワが生み出されたと見られます。
    確かにこれは許されないことだけど、「残酷だ」「ひどい」「同じ目に遭わせてやれ」と遺棄した業者だけを糾弾するのは、ちょっと違うと思う。愚か者を愚かな行動に走らせるのは、何なのか、誰なのか。犬をブランド品のように流行りだけで買う現象、絶対にもう止めなきゃいけない!
  • 40代 女性 匿名

    日本もペットショップでの販売を無くしてほしい。衝動的に犬や猫を買い、大変だからと保健所や愛護センターに持ち込む飼い主が多すぎる。
  • 30代 女性 匿名

    日本だって同じ。中国の事を批判出来ないと思う。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。