犬より猫!?空前の猫ブームのなぜ

23634view

犬より猫!?空前の猫ブームのなぜ

いま世間は猫ブーム全盛!身近なペットとして、なぜ犬ではなく猫が選ばれるのか?いま「犬より猫」なのは近年の日本の住宅事情や時代背景など、様々な理由がありました。

犬より猫!いま日本は空前の猫ブーム

猫と犬の飼育頭数の変化

平成27年の犬猫飼育実態調査によると、猫が987万4000匹、犬が991万7000匹とその差はわずかなものになっています。
5年前までその差は200万匹以上の差があったといわれていますから、近年いかに猫の人気が高まっているかがうかがえます。
さらに猫の飼育頭数は増え続けており、来年には猫の飼育頭数が犬を追い抜くのではないかといわれるほど。
では、なぜそんなに飼育頭数が増え続けているのか?
そこにはこんな理由がありました。

犬と猫

犬から猫へ...変化する時代背景

まず第一にいわれるのが、お散歩の有無。
犬は毎日お散歩に出なければいけないけれど、猫にはその必要がなく手軽に飼えるイメージがある、というもの。
確かにその通りかもしれませんが、猫も完全室内飼いをする場合には、十分に運動できるだけのスペースを用意する必要があります。

また、次の理由として挙げられるのが、近年日本での住宅事情。
猫は犬のように、種類によって姿・形などが大きく変わることがありません。
大型種といわれる種類でも、一般的に抱えられないほどにはなりません。
賃貸ではペット不可の物件がまだまだ多い日本では、鳴き声も犬のように大きな声で鳴くことも少なく、お散歩などで外に出す必要のない猫を、そういった賃貸物件でこっそりと飼う方が多いということも背景にあるでしょう。

猫

さらに理由のひとつとして、近年日本の問題としてもよく耳にする「高齢化社会」も挙げられます。

高齢者はどうしても体力や筋力の衰えを禁じえません。
犬を飼いたくても毎日のお散歩や遊び、しつけなどをすることに対して体力的に不安があり、そのために猫を選ばれる方が増えているとのこと。
確かに、毎日愛犬と外に出てお散歩することは飼い主の身体にも良いことだといえますが、体力的に不安があったり、身体のどこかに不調を抱える高齢者の方には大きな負担になってしまうかもしれません。

また、海外では心理学的観点から分析している人もいます。
英ブリストル大学Anthrozoology Instituteの財団理事長であるJohn Bradshaw教授によると、
『感情がわかりやすい犬よりも、人間の目から見た時に表情や行動がミステリアスな猫のほうが「きっとこう考えているのではないか」と想像しやすい』
のだそうです。

確かに犬猫のこれまでの歴史を辿ってみると、犬はペットとして飼い慣らされるだけではなく、狩猟犬や番犬、牧羊犬などの目的で人間に訓練され、忠実に仕事を遂行してくれる相棒的な面があります。
ペットとして飼っているだけでも、飼い主をリーダーとみなしてしつけを受け入れる、加減をして遊ぶことができる...などの性質を持っています。

一方猫は群れや他の生き物とは離れて単独で行動する生き物。
特別に訓練することはありません。
過去にはその本能を生かして、ペストコントロール(※人間に有害な害虫や害獣などを、害がないレベルにまで下げて制御すること)などの目的で飼われることが多かったようです。

そういったことから、犬は人間に忠実で感情や行動がわかりやすい犬よりも、猫はミステリアスな分、擬人化してそこに人格を見出そうとできる部分に魅かれる方が多いのではないか...と分析しています。

まとめ

猫の横顔

私事で恐縮ですが、筆者は猫と犬の両方を室内で飼っています。
このような話題になると、よく「犬より猫のほうが手間もお金もかからない」という方がいますが、実際はそんなことはありません。
確かに、猫には狂犬病やフィラリア予防のお薬などは必要ないかもしれませんが、言わせていただけるのであれば「ただそれだけ」です。
猫も犬も同じように病気になりますし、フード類もきちんと管理しないと肥満になり、そこから病気を発症することもあります。

入院やホテルに一時預けるとなれば、外飼いに比べ予防接種を意識されている飼い主が少ないと言われている室内飼いの猫でも、一般的に予防接種を受けることが必須条件になります。
あまり知られていませんが猫にも難病というものがあり、筆者の飼い猫は日頃は普通の猫と変わらないくらい元気ですが、実は難病を患っており投薬で治療を続けています。

らぶらぶ

金銭理由や住宅事情など、ペットを選ぶにも様々な理由が存在します。
ですがどの生き物と暮らすにも必要なのが、当たり前のことですが一定以上の責任感、知識、そしてそのペットがどんな生き物なのか?どんな性格を持っているのか?きちんと知った上で愛情を注げるかどうかが大切です。

猫は犬の代わりは果たせませんし、その逆も然りです。
年々ペットたちの寿命も延びている昨今、一生できるだけ楽しく幸せに一緒に暮らしていくためにも「何かの代わり」ではなく、そのペット自身をしっかり見つめて終生飼育を考えなければいけないのではないでしょうか。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 40代 女性 匿名

    私は、犬派でした。昔の猫は、攻撃する、臭い、家の中汚くする。猫ばかり、シャーと言うのが特徴。今の猫はなぜか、犬より猫が増えて,飼いやすい.優しい、トイレは、便利で、キャトフードおかげで、人間と同じ。15分遊んだり、散歩させたら、犬よりっ静。ただ、無駄な鳴き声難点。嫌いな猫だが、縁あって飼い始めた。大切に扱っている。
  • 女性 n

    私は前まで犬派でした。ですが、学校から帰る時猫ちゃんにあって変わりました。
    スリスリしてきたり乗ってきたりして、人なつっこい猫ちゃんで、めちゃくちゃ可愛いくて。それから猫ちゃん派になりました。今は猫ちゃんグッズ集めたりして癒されています。猫ちゃんは、静かで、きれい好きで、ありがたいです。
  • 女性 miya

    猫の毛アレルギーなので昔から犬派です。でも猫が嫌いだったり苦手だったりするわけではないのです。ここ数年でよく目にするようになったマンチカンも可愛くて大好きです。
    知人や友人も猫を飼っている人が多く、色々話を聞くこともありますが、犬とは違うんだなと思って興味もわきます。

    犬と猫の性格の違いを挙げてしまうと、正反対な部分が多くてどうしても犬に寄ってしまいます。ペットと言えど、家族の意味合いがとても強いので、ふらりといなくなってしまうことがある猫は不安ばかりで落ち着けません。帰りを待っていてくれる犬は一生懸命反応を返してくれるので、本当に癒しになります。

    私はこの先もおそらくアレルギーの関係で猫を飼うことはありませんが、犬派でも猫派でもその子が大好きなことは同じだと思います。
    どちらにも言えることですが、流行りの種類だからとアクセサリー感覚で飼うのだけはやめてほしいです。
  • 40代 女性 momo

    記事にあるように、確かに近年はまれに見る猫ブームだと思います。雑誌やTVの特集等でも猫をテーマにしたものが多いようです。親戚の家でも猫を数匹飼っていますが、猫の良さを挙げさせていただくと、もちろん散歩がいらないこともそうですし、マイペースな性格なので飼い主との距離感が程良いこと、無表情な面もある一方で、甘える時にはすり寄ってきて撫ぜてもらう可愛さなど、魅力的な部分が多い事に気づきます。実は私は幼い時からずっと犬ばかり飼ってきたので、猫との生活はどんな風なのか未知ですが、いつか縁があれば共に生活するパートナーとして迎い入れたいと思います。その際には、猫と触れ合って相性が良ければ里親になれるようなカフェがあると聞きましたので、そういった場所で出会えたらと思っています。
  • 20代 女性 てとまる

    私は犬を飼っていますが、確かに友人には猫を飼っている人が増えてきたように感じます。話を聞くと犬より猫が好きという理由だけではなく、ひとり暮らしをしていてみんな仕事をしているのでペットとして散歩をせずに済むし、飼いやすいという理由でした。ハムスターなどの小動物よりも存在感があって良いそうです。結婚もしない人が増えてきてるとニュースでも報道されていることもあり、これからも猫を含めペットを飼う人は増えそうですね。でも記事のように散歩をしなくて良くても病気になったりすれば病院へ連れて行ったりと何もしなくても良いわけではないので、ただ可愛いという理由だけではなく責任感を持って飼って欲しいなと個人的には思います。
  • 女性 シュナ

    猫ブーム、ずっと犬好きだった私には初めてこの状況を知ったときとても衝撃的でした。ですが、わんこもねこちゃんもかわいいですよね。ねこちゃんは最近はマンチカンや小さく育つ種類も出てきているので、それも人気の後押しになっている気がします。確かに、お散歩やお留守番など、犬よりもネコちゃんのほうが体力的にもいろいろなところで楽な部分があると思います。ですが、ネコちゃんにも性格や感情があるので、個人的にはあまりほったらかしにはしてほしくない思いもあります。あと、室内、外飼いなど飼い主様によってちがうかと思いますが、避妊・去勢の手術の徹底はしてあげてほしいと思います。私の知り合いは大の猫好きで、捨てられている猫ちゃんをみんな拾って飼っています。その方から聞いて知ったのですが、猫風邪やその他もろもろ、拾ってきてしばらくはかならず病院通いになるといいます。また、子猫を拾うケースがとても多く、子猫は抵抗力も弱く免疫力も十分ではありません。ブームの影でかわいそうなペットがふえないことを願いたいです。
この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。