動物実験で生還した犬『シロ』から学ぶ・・・私たちが考えるべき事(まとめ)

動物実験で生還した犬『シロ』から学ぶ・・・私たちが考えるべき事(まとめ)

お気に入りに追加

動物実験をさせられる犬がいるという現状…。実験動物として保健所から実験施設へと払い下げられたシロという一匹の犬。奇跡的に一命を取り留め、救出されます。そしてシロの事件は社会へ動物実験の無益さと残酷さを問う形となりました。(まとめ)

16650view

払い下げられる犬たちは動物実験施設へ…

飼い主に捨てられ、保健所や動物管理事務所に引き取られた犬や猫はどうなるのでしょうか。

出典:https://www.youtube.com

怯える犬

出典:https://www.youtube.com

保健所で怯えるワンちゃん……見ていられません……。

実は、こっそりと動物実験用に渡されていたという事実は、ほとんど知られることがありませんでした。

出典:https://www.youtube.com

保健所から払い下げられた「シロ」という犬

シロは、飼い主に虐待され、捨てられ、動物管理事務所に収容された時は、まだ1歳くらいでした。

出典:https://www.youtube.com

手術中のシロ

出典:https://www.youtube.com

すぐに脊髄神経を切断するという、とてもつらい手術を受けました。

出典:https://www.youtube.com

シロが動物実験として手術を受ける理由は特にありませんでした。強いていえば、このシロという犬が大人しくて若かったことが原因でしょうか。

手術で体力が衰えている上に、疥癬という皮膚病に感染し、全身の毛が抜け落ち、このまま放置されれば死んでしまう寸前にまでなっていました。

出典:https://www.youtube.com

シロを緊急保護して運んだ動物病院の獣医さんは、「これはひどい!安楽死させた方がいいのでは…」と言われました。

出典:https://www.youtube.com

シロの状態は想像を絶する酷さだったのでしょう。動物実験の残酷さ、悲惨さがひしひしと伝わってきます…。

(※続きは次のページへ)

実験用に生まれたメリー

メリーはメスのビーグル犬です。
そして、実験用に繁殖された犬でした。

メリー

出典:https://www.youtube.com

メリーは1歳の頃、製薬会社で医薬品の毒性試験に使われました。

出典:https://www.youtube.com

メリーも、シロと同じく脊椎の切断手術を受けていました。

出典:https://www.youtube.com

毒性試験にも耐えて、動物実験の様々な手術にも耐えたメリーを待っていたのは……。

5年間も小さなケージに入れられたままでした。

出典:https://www.youtube.com

ずさんな動物実験、研究の実態

実態

出典:https://www.youtube.com

実はこの国立病院は、以前から問題があると報道されていました。しかし、実態が知られていながらも改善される動きはありませんでした。

近隣の人々や患者たちの批判を浴びていながら、何の改善も行っていなかったのです。

出典:https://www.youtube.com

シロの事件が起こるまでの十年間に200頭以上の犬が実験に使われていましたが、5年前からは研究論文もなく、報告書さえ出されていませんでした。

出典:https://www.youtube.com

一体なんのために犬たちは動物実験に苦しんできたのでしょう。

(※続きは次のページへ)

動物実験犬たちのその後……

シロの事件を機に、この実験施設への国からの援助は打ち切られ、研究は終了し施設は閉鎖されました。
この事件は動物実験のありかたや、無益さ、残酷さを社会へ問いかけることとなりました。

これからは自由ーシロ

シロ

出典:https://www.youtube.com

実験の後遺症は残ったものの、ふさふさと白い毛がはえ、見違えるように愛らしい犬になりました。

出典:https://www.youtube.com

以前の姿とは比べようがないほど回復しています。そして新しい家族の元でゆっくりと暮らすことになりました。
しかし、シロの運命は悲しいものでした。

そして、田舎の自然の中で幸せに暮らせることになったとき、思いもがけず、不慮の事故で死亡しました。

出典:https://www.youtube.com

シロは実験施設から出て、わずか1年で亡くなってしまったのです。2歳は犬ではまだ若く、これからという時期です。
短い一生でしたが、シロの存在が実験動物たちのあり方を社会へと問うことになりました。

子犬と母犬

出典:http://petfun.jp

このことは、日本の犬や猫たちをめぐる歴史の中で、忘れられない大きな出来事の一つであるに違いありません。

出典:https://www.youtube.com

穏やかな家庭ーメリー

メリー

出典:https://www.youtube.com

やさしい家庭でおだやかに暮らし、推定16歳で亡くなりました。

出典:https://www.youtube.com

メリーは実験での後遺症に苦しみながらも新しい家族と穏やかに過ごしました。
人間に愛されることを知らずに怯えていたメリーの姿は、もうどこにもありませんね。


▼出典元動画:ハンカチぶんこ「実験犬シロのねがい」より―問われる動物実験

出典:https://www.youtube.com

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    実験で、人間の為に犬や猫達が利用され苦しみ亡くなっている事に初めて知りました

    私はただただ、犬と暮らし楽しんでいるだけで、実験に使われている動物に何も出来ない無力さを感じました

    また、実験のために繁殖されたり、ゲージの外を知らず生きて、死んでいく動物達がいる事も初めて知りました

    いつからこんな事があったのか…いつまで動物は苦しみ続けなければいけないのか…

    こんな事が無くなるにはどうしたらいいのか、胸が辛くなりました
    沢山の人が、この事を知り広め、1日も早く実験などが無くなる事を、心から願います

    そして、私に何が出来るか知りたいと思います

    亡くなった動物に申し訳ない気持ちで、いっぱいです
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    とても悲しい、現場の人の声をききたい。今はいろいろな所から情報が容易に発信出来る時代です。動物実験は絶対反対です。実験に携わっている方、毎日おかしいと思ってませんか?声をあげてください。1匹でも多くの動物を助けてください。あなたの声が必要です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。