タイは犬の楽園?実は様々な事情を抱えた国だった!

タイは犬の楽園?実は様々な事情を抱えた国だった!

お気に入りに追加

『犬の楽園』としてのイメージが強いタイですが、実は様々な事情があった上でのイメージなのです。一昔前の日本でもあった問題や価値観、それらを変えた国王のエピソードなどをご紹介します。

12038view

タイは犬の楽園!?

野良犬

犬は最下等生物!?

実はタイでは最近まで、なぜか『犬が全ての生き物の中で最も身分が低い最下等生物』として扱われていました。
そのため、街で犬を見かければ蹴りあげたり、石を投げたり、棒で叩いたり……。
びっくりするような扱いを受けていたのです。

飼われている犬も『ペット』というよりも『番犬』という認識です。
犬は外で放し飼いするものだと考えられていたため、リードも首輪もつけず、街には飼われている犬も野良犬も同じようにあふれ、犬たちはいつ傷つけられるかわからない状態でオドオドと怯えて過ごしていました。

国王とトーンデーン


奇跡の名犬物語

ところが犬の扱いが徐々に変わっていきました。
もちろん良い方向にです。

そのきっかけとなったのは国王ラーマ9世と、1匹の犬トーンデーンのエピソードにあります。

1998年9月、当時公務でバンコクの病院を訪れていた国王ラーマ9世は、処分されかけていた野良犬4匹の処分をやめさせました。
そして、その4匹を引き取り宮中で大事に育てました。

同年12月に、助けた犬が産んだ子犬の1匹に『トーンデーン』と名前をつけました。
そしてトーンデーンをとても可愛がり、トーンデーンも国王に忠実な賢い犬となったそうです。

このエピソードは『奇跡の名犬物語』として絵本になっています。
この絵本はタイ国内でベストセラーになりました。
日本でも翻訳され、販売されています。

私も読んだことがありますが、とても丁寧に書かれていて、小さい子供でもエピソードを理解できるようになっています。

タイは国王に対する尊敬の念がとても強い国のひとつです。
そのため、このエピソードを聞いた人々は少しずつ犬に対する態度を改めていきました。

そして皆さんがイメージする『犬の楽園』となったのです。
僧侶の目の前でお昼寝してみたり、ちょっと餌をもらったり……自由気ままな生活をしています。

それでも問題は山積み

野良犬2匹

現在、都会を中心としたペットブームが熱いタイ。
犬猫を扱う動物病院が増え、ドッグラン、ペットホテル、ペット用品店などペットビジネスが拡大しています。

犬にとって安心できる環境になりつつあるということですね。
インフラも整備されてきているようです。

しかし、やはり問題も沢山あります。
捨て犬やブランド犬が注目されたための過剰な繁殖によって、障害を持つ犬や、虐待を受けている犬が増えているということです。
そして既に街にいる野良犬のほとんどが、狂犬病のワクチンを打ったことがありません。

犬に優しい社会になりつつありますが、そのためには問題が山積みなのです。

でもタイの野良犬には触らないで!

ストップ

ストップ!狂犬病を知っていますか?

狂犬病とは主に犬や猫、コウモリやキツネなどの生き物から感染する感染症です。
狂犬病を発症した場合の死亡率は100%と言われています。

日本では犬を飼っている場合、狂犬病ワクチンを年に1回打つことが決められています。
そして海外へ行く場合には、狂犬病ワクチンを打つことが推奨されています。

国内で発生させない、国外から持ち込ませない、ということですね。
世界ではまだまだ恐れられている病気のひとつです。

狂犬病が蔓延している事実

国王とトーンデーンのエピソードやペットブームなどで改善された犬の環境ですが、実は狂犬病が蔓延しているという事実があります。
大半が野良犬ですので、そういった管理をする人間がいないのです。

人懐っこい可愛い犬でも咬まれる可能性はゼロではありません。
ついつい撫でたいところですが、そこはグッと我慢しましょう。

もし咬まれたら……?

それでも襲われてしまい、咬まれたとしたら……。
あなたが手をだしていなくても、向こうからくる可能性はありますね。『もしも』を考えるのは大事なことです。

咬まれた場合は応急処置として、流水と石鹸で15分以上洗い、イソジンで消毒しましょう。
このとき止血するのはやめてください。
そして必ず24時間以内に病院でワクチン接種を受けてください。

まとめ

子犬

『犬の楽園』というイメージのタイですが、そうなるまでには様々な事情があったのです。
日本では犬はもはや家族の一員となっていますが、タイではこれからそうなっていくことでしょう。
一昔前の日本でも問題になっていた野良犬や狂犬病、日本はそれらを克服して今があるのです。

日本人にはない、タイの人々のおおらかさが犬の環境を良くしてくれると信じたいですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 田中 角男

    タイは、上座部仏教国でもあり、動物の命を大切にします。
    例えば、ニシキヘビとかコブラが家に入ったりして、捕えられたりしても、人の住んでいない
    山へ帰します。本当に民族の差を感じます。
  • 投稿者

    20代 女性 ふれんちとーすと

    そうなんですか、昔のタイは犬は最下等生物だったんですね。全ての生き物の中で一番下とは・・歩いているだけで蹴られたり暴力を振られビクビクしながら生活していたんでしょうね。想像するだけで悲しくなります。
    奇跡の名言物語は読んだことがないのですが、トーンデーンのおかげで、人々が犬に対する気持ちが変わっていったんですね。良い方に変わって良かったですし、一度この本を読んでみたくなりました。
    タイは野良犬が多くて犬の楽園と言うよりは、噛みつかれる恐れがあるので無意味に近づかない、触っちゃだめと聞いたことがあります。日本では狂犬病はワクチン予防でこの何十年と国内で発生してないですが、タイでは違います。
    狂犬病もそうですが噛まれて怪我をする恐れもあるため、むやみやたらに触れるのは良くないと思います。
    ペットブームの裏では問題が山積みになるのは日本も同じ部分がありますよね。
    捨て犬や過剰な繁殖で身体の弱い犬が産まれたり、パピーミルなど親犬の扱いの酷さだったり。
    楽園と言うには疑問がありますが、犬に優しい社会にはなってきているんでしょうね。
    この問題の部分が改善され少しづつ良い方向に変わり、ほんとうの意味で犬の楽園と呼ばれるようになってほしいなぁと思いました。
  • 投稿者

    20代 女性 ちび

    タイなどのアジア圏の国は旅行に行くと必ず野良犬を見ますよね。しかもほんとみんなガリガリで今にも死んでしまいそうな犬ばかり…。日本では起こっていない犬からの感染症なんかも普通にあるようで、旅行へ行くたびに獣医師の夫から触ってはいけないと忠告されます。日本だって今でも番犬としか捉えてない方っていますもんね。動物愛護が様々な国へ広がって犬に対する考え方が変わっていってほしいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。