『かませ犬』として虐待されながらも、優しさを失わなかった犬のお話

『かませ犬』として虐待されながらも、優しさを失わなかった犬のお話

お気に入りに追加

闘犬を育てるために、『かませ犬』として噛まれ続けたマードック。人間の虐待は彼を傷だらけにさせました。そんな彼にどうか新しい人生を歩んでほしいと、ある女性カメラマンがかけた魔法とは。

30964view

『かませ犬』をご存知ですか?

元気ない犬

『かませ犬』という言葉を聞いたことがありますか?漫画やアニメで、引き立て役・やられ役のことを示す言葉としても使われていますね。実はこの『かませ犬』というのは、闘犬用語なのです。

闘犬を調教する際にまず行うことは、犬に自信をつけさせること。「自分は強いんだ!」という気持ちがなければ、闘うことをためらったり、怖がったりしてしまうからです。もともと犬は穏やかで、争いごとを避ける性質があります。ですから、その性質を覆すほどの過剰な自信が必要になるのです。

そこで考えられたのが、かませ犬です。若い闘犬に犬をあてがい、とにかく噛ませる。こうすることで、若い闘犬は勝つことを覚えます。「俺は強い!」と物怖じせずに相手を噛むようになれば、立派な闘犬の出来上がり。

どうですか?こんなひどい話って、ありますか?

かませ犬は、噛まれるという役目を担うのですから弱くなければいけません。そのため引退した闘犬の口を縛り、かませ犬として利用することもあったようです。
かませ犬の恐怖や痛みを想像してみてください。その先に待つのは死、のみでしょう。どんな思いを抱えて暗い夜を過ごしたのか。どれほどの痛みとともに朝を迎えたのか。キーボードを叩く私の手の震えは、一向に止まる気配がありません。人間の娯楽のために生まれた闘犬やかませ犬。そこにはもちろん、愛情なんてありません。

傷だらけのマードックのお話

犬の顔正面

マードックも、かませ犬として噛まれ続けてきました。その傷は直視できないほどひどく、人間のエゴでそのような姿にしてしまったと思うといたたまれません。口の中をのぞくとそこに歯はなく、片方の目にはもう光が宿ることはありません。

アメリカでは、マードックのようなピットブル種は、保護されても受け入れる里親がなかなか見つからないそうです。その理由は、闘犬として改良されたピットブル種は、闘争心が強く危険だという偏見が根強く残っているからだと言われています。ようやく過酷な環境から抜け出したマードックですが、新しい家族のもとで新しい人生を歩むことなく、このまま一生を終えてしまうのでしょうか。

そこに待ったをかけたのは、ソフィー・ガマーン(Sophie Gamand)さん。「フラワー・パワー」という撮影プロジェクトを手掛ける女性カメラマンです。
このフラワー・パワーはどのようなプロジェクトかと言うと、写真の力で「ピットブル種は危険。」などといった偏見をなくしていこうというものです。具体的には、背景を優しいトーンにし、花の冠で犬を飾り全体的にふんわりした印象に仕上げます。こうすることで、その犬が持つ本来のかわいらしさを表現できるのです。

マードックと初めて会ったとき、ソフィーさんはその傷の多さに驚きを隠せなかったそうです。傷だらけのマードックは、部屋の中でも一番存在感がありました。しかし、ほんの数秒でそんなことは忘れてしまったと言います。人懐っこいマードックは、トレーナーの後をしっぽをふりふり付いていったのです。ご飯の前に人が来ても、決して怒らない優しい性格の持ち主。
そんな傷だらけのマードックも、ソフィーさんの手で素敵な姿に変身しました。写真の中のマードックは、気恥しそうなすまし顔でなんだか嬉しそう!

アメリカでおよそ100万頭が安楽死させられているアメリカン・ピット・ブル・テリア。この悲しい現状に歯止めをかけるべく、ソフィーさんは活動を続けます。
人間のせいでかませ犬として生きることになったにも関わらず、今でも人間を好きでいてくれるマードック。彼の姿に学ぶものは、とても大きなものです。

最後に

子犬

人間がマードックたちに行った虐待は、決して許されるものではありません。そんな私たちを、マードックはもういいよと許してくれているのでしょうか。

犬はとても穏やかで、私たちに優しく寄り添ってくれます。それをねじ曲げたのは私たちなのに、危険な種だと安楽死へ追い込むのは間違っていると思います。凶暴に育て上げたのは私たち人間です。責任は犬にあるのではなく、私たちにあります。

心を閉ざさず、明るく優しく振る舞うマードックは、きっと私たちに何か大切なものを伝えるために生きていてくれているのだと思います。傷だらけのその姿で、体いっぱい必死に伝えようとしてくれているように思えてならないのです。

私は今日も暖かい部屋で、家族と笑い合いながらご飯を食べました。飼い犬とボール遊びをして、いつものように枕の争奪戦をしました。はたしてそれは、当たり前のことなのでしょうか。小さく思えるできごとも、もしかしたら大きな幸せなのかもしれません。マードックは教えてくれます。あなたはとても恵まれている、と。そんなマードックの新しい人生が素敵なものになるよう、私は願っています。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 さら

    いつから地球上で人間が一番偉いということになったのでしょうか。
    闘犬、かませ犬、危険犬種。すべて人間の勝手で定義付けられたものです。
    こういう話を聞くと、人間であることが恥ずかしくなります。絶対に許せません。
  • 投稿者

    40代 女性 TIKI

    私は今まで「かませ犬」という存在を知りませんでした。
    記事を読んであまりに人間の身勝手さに言葉を失いました。何故、生まれてきてこんなひどい仕打ちを受けなければいけないのでしょうか。
    では、同じように噛まれ続けてみてほしいです、どんなに痛いか味わってみてほしいです。私は人も犬も同じように生きていく権利があると思います。
    どうかこれ以上権利を奪わないで下さい。
  • 投稿者

    30代 女性 Chappy

    かませ犬って現実に存在するんですね。。
    記事を読んでいて、とても耐えられませんでした。。なんのために生まれてきたんでしょうか。
    噛まれても噛まれても、耐えなくてはいけない人生って何なんでしょうね。
    犬として生まれてきて、愛されて日々過ごしているワンちゃんもいれば、かませ犬として毎日を耐えて過ごすワンちゃんもいる現実に悲しくなってしまいました。
  • 投稿者

    10代 女性 匿名

    何の罪もない犬たちがなぜこのような姿にならなければならないのかわかりません。

    人間の都合で犬がつらい目に遭うのは許せません。
    犬だけでなく、動物殺傷はしてはいけないということが当たり前な考えになってほしいと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    読ませて頂き、筆者と同じ悲しい気持ちになりました。
    私も愛犬と暮らす生活をしており、人の感情を見抜き、優しく寄り添ってくれる日々癒されて過ごしています。
    人間と同じ、気持ちを持つ生物です。
    こういう記事を世界中の人たちに読んでいただき、殺処分ゼロの世の中になって欲しいです。
  • 投稿者

    20代 女性 ゆい

    記事を読んで怒りで震え、そして涙が出ました。闘犬自体、もうこの時代にあってはいけないと思います。闘犬を行うから、かませ犬が必要になるという負のサイクルをス今すぐトップするべきです。言葉も感情も伝えることのできない犬にただ噛ませるだけの役をさせるなんて、人間は本当に浅はかです。じゃあ、人間がこのような「かませ犬」のような立場になった時にはどうなるのでしょうか?そう考えると、人間の身勝手な娯楽のために昔から仲良く暮らしてきた犬を犠牲にするなんて、悲しくて心が痛くなります。ピットブルは確かにタフで危険だと思われがちです。しかし、実際はおっとりとしてとても人懐っこい性格のピットブルもたくさんいるので、フラワー・パワーのような活動がたくさん行われるといいと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 ロン

    闘犬に自信をつけさせるための「かませ犬」なんて、とんでもない話だと思います。引退した闘犬の口を縛ってかまれ役にするなど、虐待以外の何ものでもありません。アメリカでのピットブルの殺処分をなくすための活動ということは、これはアメリカの話なのでしょうか?
    記事を読んで少し調べてみると、アメリカでは当然、闘犬は法律で禁じられていますが、ヤミ賭博として行われているようでした。違法な状況で行われる闘犬だから、言語道断な行為が行われているのでしょう。かませ犬だけではなく、闘犬自身も、相当ストレスフルな状況に置かれているのも、想像にかたくありません。
    ギャンブルという、完全に人間の勝手で行われている「娯楽」(?)のために、犬をはじめとした動物が犠牲になるのは、決して許されることではありません。
  • 投稿者

    女性 aoi

    こういう虐待めいたことを行うのは全て人間のエゴからくるものですよね。そもそも闘犬というものに疑問を感じているので、こういった犬の扱いはとても不快に思います。
    「かませ犬」なんの冗談かと思いました。本当にそんな役割を背負った犬がいると知った時の感情は表現できません。犬だって歳を取ったらゆっくり余生を過ごしたいはず。痛い思い怖い思いをしなくてもいいはずです。

    ピットブルというと獰猛な犬、というイメージが多いですが、本来しっかりとした服従心や飼い主への忠実さを持ち合わせている優秀な犬種です。しつけ次第で制することは十分に可能です。それを凶暴な闘犬にしたのは人間です。攻撃性を高める必要がどこにあったのか、その疑問を投げかけてみても、愛犬家とは考え方が違うのでおそらく納得できる回答は得られないと思います。
    闘犬が素晴らしいと考える人には、もっと犬の命の重みを知ってほしいと切に願います。
  • 投稿者

    女性 ムツコ

    本当に、耳を疑いたくなるというか衝撃しかありませんが、現実に今も起こっているえだろう目を背けてはいけないことですね。本当にかわいそうとしかいいようがありません。闘犬に自信をもたせるためにかまされ続けるなんて。他の犬とも人とも同じで痛みがあり傷ついているのに、どうしてそんなことができるのかがわかりません。人間のエゴですよね。
    これは今の時代に育った自分だから思えることなのかもしれませんが、闘犬がスポーツといわれていた時代があるのかもしれませんが、現代に闘犬は必要でしょうか。それを見て誰が何を学ぶのでしょうか。何の必要性があって、まだ続いているのでしょうか。日本でもある一部の地域でまだ闘犬が行われていると知り衝撃です。私は子供には決してみせたくありません。人間が闘犬を作り、かませ犬を作っているのです。私も断固反対をしたいです。
  • 投稿者

    女性 もっち

    「かませ犬」という言葉自体に腹が立ってきます。闘犬については既に歴史があり、過去のことは仕方が無いと思いますが、現在の社会において本当に必要なことか?と言えば、全く必要のないことだと思います。ただ単純に、人間のエゴですよね・・・。殺し合うまで戦わせてそれで興奮するなんて、なんて残酷なことだろうと思います。これを面白がって行う人間に対し、呆れてものも言えません。今回の記事のマードックもピットブルなのですね。ピットブルは闘犬として向いていると言われたりしますが、実際はとても優しくて人懐っこい犬です。たくさんの人が「ピットブルは危険だ」と考えていると思うので、こういった写真家の人が本来の姿を全世界に届けてくれるといいなと思います。
  • 投稿者

    40代 男性 柊

    自分が持つ常識を押し付けるのではなく、他者・他国の歴史や文化を尊重するのが友好関係を築く基本であると自覚しているが、闘犬を通り越して「かませ犬」までくると、なかなか受け入れるのが難しいというのが本音である。記事内ではアメリカのピットブル種が取り上げられているが、日本でも土佐犬という歴史があり、種として「闘う犬」であり、その個性を尊重して守らなければならないという風潮も根強く残っているのだから、アメリカの闇である部分を一方的に叩くのはどうかと思う。

    ピットブル種については、非常に攻撃的性質が強く人間に対しての殺傷事件が問題視され、国によっては輸入や飼育にについて厳しい規制をかける等、簡単に飼育や取引ができない犬種になっている。が、こうなってしまったのも、人間の勝手な思い込みによるものではないか?と思わされるニュースを最近知った。米ワシントン州内で捨てられていたアポロというピットブル犬が、様々な偏見を乗り越え、訓練を受けたところ、かなり優秀なレベルの麻薬探知犬になったという件だ。訓練で触れ合った人や他犬とも友好的であり、一番の成績を収めたこと、今では相棒(警察官)も見つかり活躍していることを知った。検索すれば、多くの動画や賞賛の声が寄せられていることがわかる、こういうところもアメリカらしいのかもしれない(笑)

    胸を張って言えるのは、ピットブルにも噛ませ犬にも罪はないということである。闘犬としたがったのは、人間の思い込みや都合でしかない。ピットブルにも土佐犬にも、いい未来が待っていることを願ってやまない。
  • 投稿者

    20代 女性 Yoshiko

    かませ犬…記事を読んで人間の愚かさに涙が出ました。もともと人間のためにいろいろな改良が加えられてきた犬ですが、その中でも特にひどい役割を担っているのがピットブルなのですね、、人間のエゴで性質を捻じ曲げてまで傷つけられる犬たちが今なお存在していることが悲しいです。

    今回の記事を拝見してソフィーさんのやり方はとても賞賛すべき活動だと思いました。闘犬には長い歴史があるので、世間のイメージも固定化されています。だからこそ写真を通してあえて優しいイメージを作るといった手法は、とても効果的だと思いました。

    闘犬以外にもパピーミルや虐待など、多くの犬が犬らしい生活を送ることができていない現実があります。ただかわいいだけでなく、愛犬家はこういった現状にも目を向けて一歩でもそういった犬が減るように何か踏み出すことができたらと改めて考えました。
  • 投稿者

    30代 女性 ひめかわおかん

    どうしてこんなひどい事が出来るのか私には理解できませんし、したくもありません。
    どんなに辛かったか。この子の孤独と絶望を思うと胸が痛みます。
    仕事で虐待されていたと思われる犬と接する事があります。
    虐待されていた子ほど、いい子が多いです。
    体を触ってもらう事が大好きで、名前を呼ぶと嬉しそうに尻尾を振ります。
    こんないい子に痛い思いをさせる人間がいる事に憤りをいつも感じます。
    マードックの写真をみましたが、目や傷は痛々しかったですがとてもいい笑顔の写真でした。
    この子がこれから幸せになるよう祈ることしか出来ませんが、この子の存在を知れて良かったなと思いました。
    どんなにひどい虐待をしても、動物虐待は罪が軽くまた同じ事を繰り返す人も多いと聞きます。
    いつになったらこんな事をする人間がいなくなるのか。いつも考えますが、何も出来ない現実が嫌になります。
  • 投稿者

    20代 女性 ゆず

    ソフィーさんが初めてマードックと出会った時の話を読んで涙が出ました。人間に傷つけられてもそれでも人間のことを好きでいてくれたマードック。そんな心が広く優しいわんちゃんのことを知ってさらに犬が大好きになりました。しかし、それと同時に傷だらけになったマードッックのことを考えるとあまりに酷い現実に言葉もなく、ただただ悔しくて、悲しくて、申し訳なくて、やるせない思いでいっぱいになりました。マードックには辛かった過去のぶんまで幸せになってほしいと心から思います。それは、マードックだけではなく“かませ犬”という不名誉な名前を付けられた全ての犬に対して願う事です。できるだけ早くその子のことを愛してくれる飼い主さんと出会って欲しいです。そのためには、記事にもあったように危険だという偏見を取り除いていくことが不可欠です。ですから、ソフィーさんの活動は本当に素晴らしいと思います。ソフィーさんの活動を応援していきたいなと感じました。
  • 投稿者

    女性 チーズケーキ

    闘犬という文化は私は実際には見たことはありませんが、きっと世界中にあった文化だと思います。いろいろと考えると胸が痛くなってしまいますが、今の時代このような悲しい思いをする犬が少しでもいなくなっていればと願います。
  • 投稿者

    40代 女性 シロ

    噛ませ犬…なぜ、なぜその様な悲惨な犬が存在するのでしょうか?
    それは、闘犬が存在するからです。
    この世に何故闘犬などという殺傷し合う犬を作りあげるのでしょう。
    全て人間のエゴが生み出したもの。
    攻撃する犬の方も人間の歪んだ考えの為に仕方がなくしているのだと思います。
    悲しいです。
    酷い虐待です。。
    闘犬などという悲しい犬種は無くするべきです。

    その様な
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    一番酷いのは人間ですね!悲しく為ります。何故こんな行為が許されてるのか?解りません、犬は人間に忠実で賢いのに!噛ませ犬として生まれて来たわけでは無い!人間や犬仲間と幸せいっぱい受ける為に生まれて来たのに!涙が止まりません!噛ませ犬を廃止は出来ないのでしょうか?
  • 投稿者

    女性 匿名

    これをして来た人間や
    これを許して来た人間に、
    当然の報いがありますね。
    その時には、そして最終的には、
    全てを知ることとなるそうですが、そうあって欲しい。
    自分自身、虐待に当たることは一切していないし当然、することはないが、
    その現場を止めるようなことに影響するようなアクションもしていない。
    そこにも罪はあると思う。
    最終的にとなった時に、出来なかったことと、やらなかったことの罰は受ける。
    そういうものだと思う。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。