ブリーダー崩壊の現場で僕が見たものとは…

ブリーダー崩壊の現場で僕が見たものとは…

近年ニュースやネットなどでよく耳にするブリーダー崩壊。健全な運営をされているブリーダーさんもおられる中、歯車が狂って運営困難に陥る方もおられます。過去に僕が放置された犬のレスキューに出動した体験をお話ししましょう。

はてな
Pocket

シーズーの大群

厳しい現実

僕はペット業界側の人間なのでこのテーマを書こうかどうか悩みました。
近年動物愛護法の改正や保護犬を迎え入れる愛犬家が増えているなど、ペットに対する意識が高まっており、まだペット後進国の日本が少しでも先進国に近付いて欲しい、犬の地位が向上して欲しいという願いを込めて書こうと決めました。
(使用した写真は本編とは全く関係ございません)

1日に350匹!

上の数字は何だと思いますか?

日本で殺処分されている犬や猫の数なんです。

年間にして12万8241匹(※2013年環境省動物愛護管理室調べ)法律では野良化、捨てられた犬や猫に飼い主が見つからなければ殺処分の対象になるのです。

引取り数約17万6000匹の内、信じられない事に約3万7000匹(※)は飼い主の持ち込みなのです。
ここに業界側の数字は入っていません。

今現在は規制が強化され、なかなか持ち込めない様になりましたが…。

シーズーと遊ぶわんぱぱ

嫌な予感が的中した!

僕がレスキューに出向いたのは今から10年以上前の事なのですが、当時はまだ動物愛護法も緩く、儲け主義の「にわかブリーダー」がどんどん「出荷」していた時代です。

知人でブリーダーを始めたA氏という人物が居て、最初は確か4匹ぐらいの少数でアットホームな感じで順調に運営されていたのです。
僕もアドバイザーとして携わっていました。
しかしいつの頃からか母犬、父犬の数が増え始めていきました。

僕は、
「止めた方がいいよ。このままだと世話しきれないよ」
と注意した事もありましたが、
「大丈夫大丈夫♪そんな無茶はしないから」
と軽くあしらわれていました。

その後、あまり連絡も無くなり、たまに足を運ぶたびに犬が増えて居ました。
「なんか増えてない?家が犬舎で人が居候してるみたいだよ」
「いやいやおかげさまで最近取引先が増えてさぁ♪世話係のアルバイトも来てもらってるんだよ♪」
「それならいいけど…」

僕はそんなA氏との会話から、言い知れぬ違和感を感じました。(大変な事にならなきゃいいけどなぁ…)

一抹の不安を覚えながらも月日は過ぎて行きました。
そして突然その日が訪れたのです。

目を背けたくなる現場

シーズーアップ

ある日の早朝、当時お世話になっていた保護犬シェルターの所長から着信がありました。

「A氏が居なくなったって!妹さんから連絡があった」
「え~~‼︎」
「もう一週間ほど連絡が取れないって」
「犬達は?」
「判らん…。妹さんがA氏宅に来てるそうなので今から行ってみるぞ!」
「はい!すぐ行きます!」

所長と合流しA氏の家に向かいました。
道中、行政と警察に連絡を入れ、到着すると妹さんが家の前で立ち尽くしておられました。
家の中から犬の弱々しい吠えは聞こえますが、人の気配はありません。

「お留守ですね…。鍵を開けてください!」
「はい。お願いします」

妹さん立会いのもとドアを開けます。

モワ~とした悪臭が立ち込める薄暗い家の中。
吠え声のする奥のリビングに進んでいくと、ズラ~とケージが何段にも積み上げらています。
電気を付けて全貌が見えた瞬間「えっ⁉︎」所長と顔を見合わせました。

餌も水も与えられていなかったのでしょう。
数匹の犬達が既に息絶えていました。
その中にパピーも含まれています。

ガリガリに痩せ細った子、皮膚病や疥癬ダニや感染症に侵された子。
数匹の子は何とか生命を維持してくれていました。

「ひどい…。何て劣悪な状態だ。なんてことを…」

言葉を失い身を背けたくなる光景でした。
その後行政の方が到着され、対策会議が始まりました。

所長が、
「とにかく息のある子はうちで連れて帰ります。亡くなった子はそちらでお願いします」
と言うと、行政の担当者は、
「分かりました」
と応え、そこから誰も口を開くことなく黙々と救出作業が始まりました。

僕は所長と1匹1匹抱きかかえ車のケージに運びました。

「お前らよく頑張ったな…帰ったら腹一杯食べろよ」

犬達も中には気が立った子もいて、攻撃的に噛んでくる子もいました。
そりゃこんな目に遭わされたら人間不信になりますよね。

総数40匹。内死亡26匹(パピー10匹)。
生還14匹(患犬8匹)。

帰りの車の中、当然許せないという怒りも込み上げてきましたが、『何でもっと早く気付かなかったんだ』という自分への怒り、切なさと虚しさがより大きくてやりきれない気持ちだったのを覚えています。

シェルターに連れ帰った子達を洗って上げて餌を与え獣医さんにメディカルチェックして頂き、出来るだけのことはやりました。
しかし患犬の内6匹は、看病の甲斐もなく虹の橋を渡りました。
残りの8匹は数ヶ月後、順次元気になり里親さんの元にお渡しすることが出来ました。

犬の大群

原因を考えました。

何故A氏はこんなことになったのか?後で聞いた話ですが犬が増えすぎて衛生面が疎かになった。
不衛生なので感染症が出てしまった。それが他の犬に広がったにも関わらず病院代をケチって見て見ぬふりをしたのだそうです。

すると手に負えない状態に陥り、犬は売れない、しかし良心から処分する訳にもいかず飼育し続ける。
売上は上がらないのに餌代や病院代は掛かってしまい自分の生活自体が困窮しままならなくなる。

当時ブリーダーは簡単に始められたのですが、素人が利益優先でやると、こういう末路を辿ることになるのです。

今もパピーミルが蔓延(はびこ)る部分もある、この業界の暗部であることは言うまでもありません。

現在でも国内で推定年間60万匹とも70万匹言われるパピー達が流通しているそうです。
しかし飼われるパピーは30万匹から40万匹という噂も。

この話を聞くだけで何で差があるの?
残った子達は?
と思いますよね。

お金のために犬を『家電の様に生産する』感覚を何とかしない限り、ブリーダー崩壊は無くならないんでしょうかね。
そりゃ生きていく上でお金は必要ですが『命を売り買い』している事を肝に銘じないといけません。
犬は物じゃないんですから。

トイプーを抱くわんぱぱ

私たちにできること

僕は今もたくさんのブリーダーさんとお付き合いさせて頂いています。
皆さん堅実に愛情たっぷりで営んでおられますよ。

これは僕個人の意見ですが、ブリーダー崩壊は明らかに利益主義で需要と供給のバランスが取れない業界側の責任です。

先ず蛇口を閉めて、今、家族を待つ犬達の行き先を探す。
パピーは「完全予約オーダー制」にするとか、本当に犬が欲しいなら待てるでしょう。

世界のパピー事情を見てみると日本ほどパピーを欲しがる国は少ないのです。
欧米諸国は比較的成犬が求められるのです。
そしてもう一つ、日本はパピーの月齢が若いほど高く売れるという常識。
これがパピーミルが減らない一番の原因なのです。
「保護犬を迎える」という選択肢がもっともっと浸透してくれれば、少なくても今の現状はちょっとは脱出できると考えます。

『供給する側の意識改革!』
『飼う側の意識改革!』
『子犬の社会化期義務教育化!』

僕はこの三つの指針をここ10年間訴え続けています。

僕はドッグトレーナーとして普段から、
「飼う側の意識改革!」
と散々言っていますが、業界側の人間として襟を正しブリーダー崩壊や殺処分という現実問題に立ち向かう必要があると思うのです。

喜ばしい事に、業界の中にもそういう意識を持って犬のために必死で取り組んでおられる団体が全国でどんどん増えています。

僕もこれからもっと声高に叫びます!
悪徳ブリーダー撲滅運動や保護活動も始めたいと考えています。

トイプーパピー

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 さえこ

    記事を読んで、あまりにリアルなため言葉を失いました。
    愛犬のグッスリ眠っている横でこの記事を読み、私は愛犬を抱きしめました。あまりに悲しい現実に怒りも哀しみも寂しさも感じ、こんなひどいことできる人の気持ちが理解できません。
    利益のためにパピーを増やす…たしかに日本では赤ちゃんであればあるほど可愛いと思ってしまう人が多いかもしれません。そこにつけこんで高値で売れるからまた増やす…一向に減りませんよね。
    しかし、そんな悪徳ブリーダーを撲滅しようと活動されている方も増えているということに、とても安心しました。
    この今の現状が良くなることを祈っています。
  • 投稿者

    30代 女性 もこじ

    私が子供の頃に初めて飼った犬は、飼い主に捨てられた犬でした。家に来た頃はガリガリに痩せ細って、毛もボサボサ、息は荒く、常に口から泡が出てる1歳ちょっとの柴犬でした。保健所に連れて行かれる直前で助けることが出来ましたが、子犬の頃にやるべきワクチンプログラムをしてないままだったので、家に来た時には既に何個か病気にかかっていて、早5歳でお空に行ってしまいました。短い人生でしたが、家に来た頃の姿を思い出し、「最後まで一生懸命生きてくれた。最後までちゃんと家族揃ってみてあげれた。」と悲しい中にもホッとした気持ちもありました。
    当時、私は子供でありながら生き物を飼うと言うことが、どんなに大変で責任重大なことなのかを知りました。
    日本ではテレビ番組やテレビCMでペットを利用してはペットブームが起こり、飼いたがる人が増え、売る人間、繁殖させる人間も増えて、結果幸せになる犬と同じかそれ以上に不幸になる犬が増える。
    日本は生き物を簡単に扱いすぎです。
    お金があれば簡単に手に入ります。
    お金と愛情がなくなればすぐ手放すこともできます。

    ペットを扱うお仕事の方以外にも、ペットを飼いたい!と言う方も資格、試験、面接、審査等、厳しくしてもいいと思います。それが嫌だ!めんどくさい!と言う人はペットを飼う資格もないと思うし、飼ってからも同じ事を言うと思います。
    人間も犬も同じ生き物です。
    みんなが幸せになってほしいと、本当に思いました。
  • 投稿者

    40代 女性 TIKI

    今回記事を読んで、なんて人間は身勝手なのだろうと怒りを覚えました。犬だって1匹1匹大事な命なのに、利益重視で増やすだけ増やして世話が出来なくなったら「ハイ、お手上げです。」なんて許せないことですよね。どうか、こんなブリーダー崩壊が起きないよう願うばかりです。
  • 投稿者

    30代 女性 patata

    ブリーダー崩壊による事件は多くのメディアに一時期取り上げられ問題になりましたが、まだまだ経営破綻等で山に捨てられたり、今回の記事の様にわんこさん達を放置して夜逃げしてしまうブリーダーさんがいる事が悲しいです。現在は、動物愛護法も厳しくなり、動物保護を訴える保護団体が増え昔よりもわんこさん達にとって環境が良くなったとは言え、まだまだ日本は動物先進国に比べたら後れている状況です。わんこさん達にとって何が大切なのか、ブリーダーさん達も大変なのは分かりますが、命を扱っている以上は、わんこさん達の命をお金ではなく、一つの命として責任を持って取り扱って欲しいです。そしてわんこさん達と暮らす私たちも次にわんこさんを家族に迎える場合は、保護犬を視野に入れて1つでも多くの命を救う為の小さな活動をして行きたいと思います。保健所や動物保護団体のサイトを見ると可愛いわんこさん達が沢山いますよ。
  • 投稿者

    30代 女性 ミニー

    犬が毎日殺処分されている数に驚きです。せっかく産まれてきたのに苦しんで亡くなるなんて胸が痛み涙が出てきます。悪徳ブリーダーが1日も早く撲滅して欲しいです。どうしてこんな事が出来るのが不思議でたまりません。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    悪徳ブリーダーは勿論のこと、パピーミルや素人繁殖も法律で禁止にして欲しいです。捨てたり虐待する飼い主に罰則強化して、安易にペットを買う方が減りますように。それと、ブリーダーやペットショップ側が雌の犬や猫は避妊してから売るように法律を改正して頂きたいです。
  • 投稿者

    女性 たなか

    ペットの里親募集サイト観ていても譲渡理由が理解できない方がいます。子供からを生んだから...ってありますが、子犬のほうが人気があるからか..。乳離れすぐ離す人が多すぎます。
    需要と供給がおかしすぎます。動物が飼われるのを待つのではなく。人がお迎えできるのを待つ時代がきますように
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    私の職場にいる女性の旦那の話です。
    最近 子犬をもらってきて飼い始めたのですが、まだ本当に小さい子犬を「犬は外で飼うもんや!」と 過去に病死した犬の小屋に繋いで飼ってるらしく、毎晩 凄く鳴いてるらしいです。 もちろん 犬小屋は病死した犬が入っていたにも関わらず 消毒してない。
    そして、「今は柴犬が流行っている」と 柴犬成犬2匹も新たに買い始め 「増やして売る!」とか言うているらしいです。
    もちろん、ブリーダーなんてした事ない。
    私は何度も止めたのですが、「旦那には逆らえない」と……
    犬は病院で検査もしていない、ワクチン接種していない状態。
    そこで飼われていた歴代の犬は、長くて1年半しか生きなかったらしく
    どうすれば良いのか 分からない状態です。
    こんな人が現実にいてるのも確かです。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    我が家の近所にも犬のブリーダーさんがいます。よく大声で怒鳴ったり、「保健所に連れて行くぞ!こら~!)と言ってます、、しかしホームページでは、愛情いっぱいに育ててます。と書かれていて、犬たちが本当に可哀想です。まだまだこれが現実なんでしょうか。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    悪質なブリーダー追放と言っても私達は何をしたら良いのですか?
    私は、初めて里親になろうと思い、色々な情報をみて、憤りを感じてます。特に悪い状態で保護されているのはブリーダーによる子達が多い気がします。みんな糞尿まみれで白内障。
    ブリーダーは簡単に始められてしまうのですか?免許はないのですか?悪質な人の名前を公表する制度にはできないのですか?
    それよりも海外みたいに、日本もペットショップは無くせないのでしょうか?消費者は簡単に手にすることができないように資格制度にはならないのですか?あまりにも簡単すぎる。
    門戸が緩いなら社会的に厳しく制裁することが必要だと思います。
    業界の人の雇用や生活の心配をして緩いならば、それなりの政策をしてほしい。命を預かるのだから。これじゃボランティアの人は都合良く使われてる感じがして、怒りがこみ上げます。
    里親を考えてる私達は、こんなブリーダーらの受け皿じゃないです。
    ぬるま湯のブリーダー社会の撲滅は具体的にどのようにしたら良いのですか?
  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    ペットショップの裏事実を数年前にネットで知りました。涙が止まらなく悲しい気持ちになりました。我が家にもトイプードルがいるのですが、お留守番が長くならないようにとか、お散歩を毎日行ってあげる、太らせない体調管理、歯磨きや爪のお手入れなど、ほんとに気をつけて育てています。
    犬はほんとに賢くて従順で、人の気持ちを理解してくれる動物なだけに、悲惨な目にあっているわんちゃんが、可哀想で胸が締め付けられます。
    保護団体のボランティアに行きたいのですが、自分の気持ちが入り込んでしまって気持ちを保つことができなくて鬱になりそうで、、物資やお金での援助しか出来ません、、ごめんなさい、、
    ひどいブリーダーがなくなって、生体販売がなくなってほしいです。
    わたしも、そのために何かしたいのですが、具体的に何をすれば良いのでしょうか。悪徳ブリーダーをなくすために協力できることがあれば
    微力でも力になれればと思っています。

  • 投稿者

    男性 匿名

    『子犬の社会化期義務教育化!』はかなり賛成です。
  • 投稿者

    20代 男性 ベル

    業者を叩き上げても需要がある限りイタチごっこ。
    需要側(飼い主)をもっと切り込んで行く必要がある。
    車と同じ様に市町村登録制度にして
    ブリーダー、ペットショップは減税や行政登録されている施設から保護されたのを里親として飼った場合は生涯減税
    障害のある場合は生涯免税と医療費無料などの弱者に優しい
    ペット取得税(国税)、1年1回必須の健康診断税(県税)、各種ワクチン税(市税)、ペットフード税(国税)を徴収してそこから市町村、県、国の各個別の殺処分、動物保護等の対策費や動物と人間が共存できる街作り、手厚い医療保険制度等を確立し
    種類や大きさ、飼い主の収入に応じた保険料のペット保険強制加入させたらペットショップなどで安易に飼えてしまって簡単に捨ててしまう様な事が少なくなり、繁殖業者も繁殖させても儲からないという構図が出来上がると思う。
    少子高齢化社会にいよいよペット税も必要になると思う。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    近所に犬を悪徳ブリーダーだと思える家があります。悪臭が凄く、朝は何匹もの犬の鳴き声、窓は布で見えないように目張りをして、変な虫が窓枠に沢山死んでます。時々男の人が来ていますが散歩は見たことがありません。どうしたらいいのか知恵をお願いします
  • 投稿者

    40代 男性 ペロミツ

    僕が6月にもらって来た子が正にそんな環境で二回の出産をした後の子です。
    悪性乳腺種で、残りの命の時間が3〜4ヶ月と判明しました。
    産まれてから3年、身体の痛みに耐え、ずっと我慢をして来たからか、我慢強く、わがままを言わないいい子ですが、左前脚も悪く、元気に走ったりも出来ません。
    僕の所で10年生きてくれたら今までの辛い環境を忘れるかなと思っていた矢先の余命宣告。

    夫婦で泣きました。
    こんな不憫なわんこ達が少しでも減る様に、行動を起こしていかないといけませんね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。