車に轢かれて後足が麻痺した野良犬の救助。数週間のリハビリの結果…

車に轢かれて後足が麻痺した野良犬の救助。数週間のリハビリの結果…

Animal aid unlimitedに隣人から歩く事が出来ない犬がいるとの電話が入ります。犬は寝たきりの状況で、一生麻痺が残り歩けない可能性がありました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

歩く事が出来ない犬を救助

犬は歩く事が出来ず、寝たきりでした

近所の人からの救助要請を受けAnimal aid unlimitedのスタッフが駆け付けます。

犬は横になった状態で動く事ができないようです。

近所の優しい人々は、服を着せ毛布をかけて温めてくれていました。

犬を施設に救助します

犬は車に轢かれた事で自分の足で体重を支えられなくなっているようです。

すぐに施設に運び込み詳しい症状をチェックします。

診察を受けるます

ひどい痛みのせいで、彼は硬直してしまっていました。

診察の結果、事故の影響で背骨を損傷しており、さらに後ろ足が後ろ側に広がっていました。一生麻痺が残るかもしれない状況でした。

治療を始めます

難しい状況でしたがスタッフは諦めません、彼を励まし筋肉を維持するためにマッサージと理学療法を行います。

それにこたえるように彼は流動食を食べました。

しかし、3週間が経っても歩く事は出来ませんでした。

諦めないスタッフと犬の努力

事故後、血も出ておらず骨折も見受けられませんでしたが、症状はなかなかよくなりませんでした。

しかし、根気強くスタッフの治療は続けられます。

あまり若くない犬はこのまま回復出来ないように思えました、

でも6週間が経ち、「バスター」と名付けられた犬は軽快に歩けるようになりました。

さいごに

奇跡的にもバスターは優しくしてくれた人々の待つ場所に戻る事が出来ました。

インドでは昨今、街の近代化で交通事故が多くこうしたケースが後を絶ちません。

しかしながら、バスターには優しい近隣の人がいて救助要請をしてくれました。

人々の気持ちが彼を救ったのですね。バスターが元気な姿は是非とも動画にてご確認ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Animal Aid Unlimited, India

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。