首に直接巻かれた重い鎖が食い込んで…ネグレクトされた若い犬を救助

首に直接巻かれた重い鎖が食い込んで…ネグレクトされた若い犬を救助

1歳の犬は鎖につながれたまま放置されていました。首にまかれた鎖が皮膚を破り、ケロイドのような状態になっていた犬を、飼い主はあっさり動物愛護団体に譲渡しました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

鎖と孤独

発見

1歳の「バスター」は、飼い主の愛情を受けることなく、鎖につながれて放置されていました。

背中の脱毛も治療されていません。

その上、首輪でなく、鎖が直接首にまかれていました。その鎖の一部が首に食い込んで皮膚を破っていたのです。

ケア

首回りや脱毛の治療期間に滞在する療養部屋を確認中のバスターです。布団が敷きつめてあり、柔らかい!

バスターにとって、こんなに柔らかい「地面」は初めてかもしれません。

感激の里親さんの元で

治療が功を奏し、バスターは回復しました!

そして療養中には、里親さんも見つかっていたのです。初対面で、女性はバスターをしっかりと抱きしめ、思わず叫びました。

「ああ、うちに来てくれて本当に嬉しい!」

里親さん宅の庭で、新しい(たぶん初めての)おもちゃをくわえて、得意げなバスター。

首もすっかりきれいでしょう?

最後に

里親さん:「我が家の犬は家族の一員です。孤独になんかさせません。」

頼もしいですね。

痛みに耐え、孤独に耐えた日々には、さようなら!

庭でちょこちょこと嬉しそうに遊ぶバスターを、動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。