野良のコッカ―スパニエルを保護。その犬の目はチェリーアイだった

野良のコッカ―スパニエルを保護。その犬の目はチェリーアイだった

空腹を抱えて家屋の床下をねぐらにしているコッカ―スパニエルのオス犬を保護。つかまると嫌がって暴れましたが、食べ物を与えると夢中で食べて、警戒心は薄れますが、今度は、移動したくないと座り込み。この犬種に多い「チェリーアイ」が見つかりました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

おなかが一杯になると、そこを離れたくないという犬

通報・発見

この1ヵ月ほど近所をうろついて、家屋の床下に居ついている犬の保護依頼。保護団体HOPE FOR PAWS が出向きました。

犬を家の裏庭の方に追い込んで、コーナーに追いつめたいところです。

保護

家の裏が行き止まりだと悟った犬は、再び公道に出て行こうと突進してきました。追ってきた人の足元をすり抜けるつもりです。

そうはさせない!と、ワイヤリードの輪を走る犬の方に素早く差し出すと、犬の首にはまりました!犬はもんどり打って倒れ、すぐに立ち上がって今度は跳ねて抵抗します。

疲れてきて「さて、どうしよう」という顔つきです。どうしたかというと…

食べ物をもらうことにしました!女性は手をかまれているんじゃないかというぐらい、バクバク食べています。

やわらかいリードをつけることができて、車へ移動しようとすると「行きたくないよ。」と座り込んでしまいました。

なだめすかして、動いてもらおうとしますが、この表情。

「やだよ、行かないよ。」

結局、抱き上げて車に乗せ、「エイモス」と名前をつけました。

向かって左の目が、ちょっと変ですね?

ケア

病院で健康チェックをした結果、エイモスの目は「チェリーアイ」と呼ばれる、普通は格納されている瞬膜の一部が飛び出した状態であることがわかりました。後日、去勢手術とともに、チェリーアイの手術も行いました。

この「瞬膜腺脱出」という症状は、コッカ―スパニエルやビーグル、セントバーナードなど特定の犬種に多発するそうです。

体を洗い、トリミングをして、気持ちよくリラックしたエイモスです。

その後

すっかり落ち着いたエイモスは、里親さんと巡り合う日まで、一時預かり施設でのんびりと過ごします。リードをつけて歩くことにも慣れた様子のエイモスを、動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws - Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。