犬好きさんには知ってて欲しい!黄色いリボンの意味とは?

犬好きさんには知ってて欲しい!黄色いリボンの意味とは?

街で黄色いリボンをつけた犬を見かけたことはありますか?このリボンにはいろいろな意味のメッセージが含まれています。犬を飼っている人も飼っていない人も、ご理解いただいて、協力して欲しい活動の一つです。ここで言う協力とは、そのプロジェクトに積極的に参加して何かを行うというものではなく、そっと見守ること、ただそれだけなのです。犬に黄色いリボンを着ける「イエロードッグプロジェクト」、心の片隅に記憶しておいて、見かけたら思い出して下さい。

はてな
Pocket
お気に入り登録

振り返る愛犬

イエロードッグプロジェクトについて

「イエロードッグプロジェクト」という運動をご存じでしょうか?
このプロジェクトは2012年6月にスウェーデンで始まった運動です。

この運動の主旨に賛同したアメリカ、オーストラリア、カナダの三国の有志が基金を立ち上げたのがはじまりで、今ではインターネットを通じて多くの国でたくさんの人の知るところとなりました。

概要とリボンを着ける意味

散歩中の愛犬

犬の心理学者やドッグトレーナーなどをメンバーとするスウェーデンのグループが、オーストラリアの一部のドッグクラブで、周囲の刺激に敏感に反応してしまう犬の目印として、黄色いリボンをつけていることをヒントに

  • 健康上の問題
  • トレーニング中
  • 社会復帰のための訓練中
  • 他の犬が怖かったり、他の犬が近くに来ると反応してしまう

など、様々な理由で、他の人や犬との関わりを避けたい犬に「黄色いリボン」や「黄色いバンダナ」を着けることで、周りの人に「そっとしておいて欲しい犬」であることの目印としようと始めたものです。

リボンをつけた犬を見かけたら

むやみに近づいて撫でたり、触ったりせず、そっとしておいてあげて下さい。
そして、そんな活動が今世界で少しずつ広まっていること、リボンを付けた子を見かけたらどうすればいいのか、周りのお友達や家族にも教えて欲しいと思います。

草むらに座る愛犬

まとめ

活動が始まって、もう何年か経ちますが、まだまだ知らない人は多いのではないでしょうか?
かく言う私も実際に黄色いリボンを着けた犬に遭遇したことはありません。

そして、もし黄色いリボンやバンダナを着けた犬にあっても、その意味を知らなければ、「あら可愛い黄色いリボンを着けてるのね」で終わってしまい、黄色いリボンを着けていることによる効果は得られないことになります。

つまり、より多くの人がこの黄色いリボンに託された意味を知ることが、一番大切な事なのかもしれません。

飼い犬に何か問題を抱えていて、周りの人や犬にそっとしておいて欲しい飼い主さんには、是非試してほしい試みである一方、こんな活動も存在していてることをより多くの人に知って欲しい、そして協力して欲しい、そんなプロジェクトなのです。

人の生活の中で例えるならば、この黄色いリボンやバンダナは、車の初心者マークやシルバーマーク、電車やバスに乗っていると良く見かける「お腹に赤ちゃんがいます」というホルダー等と同じようなものです。

それを着けている人を見かけたら、周りがほんの少しだけ思いやることで、当事者は余計な緊張やストレスを軽減出来ることにつながるでしょう。

「イエロードッグプロジェクト」の様な活動が私たちの生活の中に浸透していくことで、人にとっても、犬にとっても、より住みやすい環境になることを願ってやみません。

▼イエロードッグプロジェクトHP(海外サイト)
http://www.theyellowdogproject.com/Home.html

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。