愛犬の拾い食いをやめさせたい!

愛犬の拾い食いをやめさせたい!

お気に入りに追加

『愛犬が何でもすぐ食べちゃう』とか『拾い食いで動物病院に行った』などと嘆く飼い主さんがいらっしゃいますが、その「愛犬の拾い食い」を諦めてませんか? 取り返しのつかないことが起きる前に、きちんとしつけてあげましょう。

24357view

タバコ

愛犬の「拾い食い」その危険性について

犬は人間に比べると、胃腸が比較的丈夫に出来ています。お散歩中に電信柱や道路を舐めても平気でいられるのはこのおかげです。しかし、いくら胃腸が丈夫だからと言っても、お散歩中や家の中には、間違って食べたら危険なものがいっぱいあります。

特にお散歩中は、石ころやゴミ、食べかす、ビニール袋、煙草の吸殻、他の犬猫の糞尿、虫や鳥の死骸、雀だって幼鳥であれば犬が生きたまま咥えてしまうことがあります。

落ちているのは、モノだけではありません。
道端に生えっている雑草にはもしかしたら「除草剤」や「害虫駆除」の薬剤が撒かれている恐れもあります。また、水たまりの水は伝染病の原因となる細菌やウイルスが沢山いるかもしれません。そして、近年、多数起きている、「悪意ある人間」が「毒入りのエサ」をまいている事件もあります。実際にそれを拾い食いした犬が亡くなったというニュースが報道されました。

このように、日頃何気なくお散歩している道には、じつは様々な危険が落ちている可能性が考えられるのです。また家の中でも、ゴミ箱に入った生ごみをあさり、犬にとって劇物にあたる「玉ねぎ」や「チョコレート」など、犬に食べさせてはいけない食材を誤って食べてしまうケースや、消化出来ない「お風呂のスポンジ」をちぎって食べてしまうケースも考えられ、この場合、開腹手術が最悪必要になる犬もいます。

愛犬の命を守ってあげられるのは飼い主さんだけです。

しつけで拾い食いをやめさせる

拾い食いする犬

まずは、『拾い食い』をしてはいけないことを知ってもらう必要があります。

犬はとても頭の良い動物で、リーダーの言うことはゼッタイです。つまり飼い主さんがリーダーとなることが重要なのです。

愛犬にご飯をあげるときはアイコンタクトで「食べてもいい?」という意思表示を示すまで待たせて、示せたら「よし!」と飼い主さんの指示で食べさせることを教えましょう。

そして愛犬が咥えたおもちゃや飼い主さんが食事中に落としたご飯など、一度口に入れたものを出させるしつけも必要です。

「出せ」や「ちょうだい」など決められた言葉と同時に口に入れたものを出させます。

しかし慌てて口から取り出す行為は、愛犬が「自分の見つけたものを奪われた!次からは早く飲み込まないと取られちゃう」と勘違いしてしまうことがあるので注意が必要です。

お散歩中は『リーダーウォーク』という飼い主さんに寄り添って愛犬が歩けるようにしつけておきます。

そしてお散歩中にも愛犬がアイコンタクトで飼い主さんの歩く方向や速度に注意が向くようにしつけます。

それにはお散歩は楽しいもので、お散歩中には良いことがあると愛犬に知ってもらい、飼い主さんの横についていれば良いことがあると思っていれば、自然と飼い主さんに注目するようになるでしょう。
犬が飼い主さんを無視して自由気ままに歩き回ることはやめさせるのです。

このように、日常生活から心がけると飼い主さんの一言で拾い食いをやめさせることは簡単となります。

そして愛犬が拾い食いをしないで、飼い主さんにアイコンタクトをしてきたときには「ご褒美」が必要です。ご褒美は『おやつ』『おもちゃ』『なでる』とその愛犬が好きなことが一番効果があるでしょう。

しかし、それぞれに「タイミングと方法」を間違えないようにすることが必要です。

まず『おやつ』は、愛犬が喜ぶ低カロリーなもので少量のもの、一口サイズがベストです。そして必ず飼い主さんの手からあげてください。

『おもちゃ』は、室内で教えるときが好ましく、一番のお気に入りのおもちゃでそのまま回収できなくなることを想定して一番最後に与えるようにしましょう。

『なでる』は「よし」や「いいこ」、「グッド」などの褒め言葉を決めて普段から使っておきます。その掛け声と共に軽く一度だけなでてあげます。

あまり撫ですぎると興奮してしまったり、なでる行為に慣れてしまって喜びを感じなくなってしまう恐れがあります。

これは他のしつけでもいつも同じように褒めてあげてください。それでも愛犬が拾い食いをするときには愛犬が自発的に拾い食いをやめさせる方法があります。

それは「拾い食いで嫌なことが起きる」という経験をさせる方法です。ペットショップに愛犬が嫌う味のスプレーも販売されていますが、タバスコやカラシなど舐めると不快になるものを塗って愛犬が拾い食いしそうな場所にわざと置いて、落ちているものはマズイという罰を知ってもらうことです。

そして愛犬の口から出させます。同じことを繰り返して愛犬が口にせず飼い主さんにアイコンタクトをした時には、しっかりと褒めてあげましょう。

このように「リーダーの言うことを聞いたら褒めてもらえた」と覚えてくれるまで愛犬とコミュニケーションを取りながら諦めずに根気よく教えてあげましょう。

まとめ

ぬいぐるみ

犬はもともと、自分の環境の中で何か食べられそうなものが落ちていれば見つけ、他の動物に取られる前に食べてしまうことを、本能として持った野生の動物です。

そして犬にも様々な性格がいます。視覚や嗅覚が抜群なために何か動いてたり音がするものを追って拾い食いしてしまったりする犬や、拾い食いしたことで飼い主さんが大騒ぎして、それを構ってくれたと勘違いし喜んで拾い食いを繰り返してしまう犬もいます。

また、体内にビタミンや繊維質が足りないと察知して植物や他の犬のウンチを食べてしまったり、フードの量が少なくて空腹のときや喉や胃腸の具合が悪いときにも、拾い食いをすることがあります。

このように愛犬の心理的なものも関係してくるのでしょう。飼い主さんが愛犬の気持ちを察知し、その子に合ったしつけの方法で拾い食いを止めさせてあげることで、愛犬との信頼関係も更に深まり、愛犬を危険から守ることもできるでしょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 ゆず子

    愛犬も拾い食いしてしまいます…しつけ教室で相談したところ、同じ様にリーダーウォークとごほうびを提案されました。落ちてるものを拾い食いしそうになったら名前を呼んでこちらに意識を向かせ、できたらごほうびをあげるというもの。ただ、うちの子はちょっとずる賢い所があって「拾い食い=おやつをもらえる」と考え、おやつをもらうためにあえて拾い食いしようとしてしまって^^;
    うちはこの方法はダメでしたが多くのわんちゃんには有効だと思います。本当に道には色々な物が落ちていますよね。ちょっと前は鶏の胸肉(生)が草むらに1枚落ちて(?)ました。誰がどうやって?なぜ?と不思議に思いましたが、思いもしない物が落ちてる事があるので気をつけなければいけないなぁと。そして、マナーとしてポイ捨てをしない世の中にしていかなければと改めて感じました。
  • 投稿者

    20代 女性 りん

    わんちゃんのお散歩で気をつけるべきなのは、拾い食いですよね。道端には人が捨てた食べかけの食べ物や、食べ物ではない物もたくさん落ちています。わんちゃんは嗅覚が鋭いのでとにかくにおいに反応してしまうので、物を見つけやすいので私達が目を離していると口に含んだりしてしまう可能性があるのでお散歩中はわんちゃんを見ながら危険を回避できるようにお散歩することが大事ですね。
  • 投稿者

    40代 女性 小夜

    我が家のワンコも拾い食いが原因で散歩中に義母を転倒させてしまった事があります。特にゴミの日などは生ゴミなどから食べ物が飛び出していることもあり、突発的に拾いに行ってしまうのですね。でも、普段から食べていい時間(おやつタイムなど)以外で拾って食べてはいけないという事をしつけなくてはいけませんね。愛犬の健康被害にもつながるので、しっかり教えたいと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 レナ

    愛犬の拾い食い怖いですよね。今のところ、私はまだ愛犬が拾い食いで怖い思いはしたことはないのですが、私がキッチンで野菜や肉を切っていてそれがポロッと落ちた時や、子どもがポィと落としたお菓子やごはんは、すごい勢いで走ってきて食べてしまいます。それをやめさせたいのですが、なかなかやめてくれないですね…。外では、食べ物が落ちていても拾い食いはしないので、そこは褒めてあげたいですね♪
  • 投稿者

    20代 女性 ロラン

    拾い食いは、愛犬の生命にかかわる事なので躾をしっかりして直した方が良いです。愛犬も拾い食いをしてしまうので、現在「ちょうだい」を躾ている最中です。諦めず、マスター出来るように頑張ります。
  • 投稿者

    40代 男性 eda

    散歩中に草を食べたことが原因で嘔吐をしてしまったことがあります。季節柄、除草剤を巻かれていたものと思われますが、地面をクンクンしているだけだと思っていたので、嘔吐物から草が出てくるまでは気が付きませんでした。散歩中に明らかにゴミが落ちてたりしたら気を付けるのですが、盲点でした。
    そういえば良く利用するドッグランで、以前チョコレートがばら撒かれていたという悪質ないたずらがありました。早朝に利用された方が見つけて掃除をしたそうですが、ドッグランですのでリードから放たれた犬は食べてしまう恐れがあるので心配です。拾い食い防止のため、飼い主のOKサインがあるまでは、何も食べてはいけないということを教える必要を感じました。
  • 投稿者

    女性 バキューム

    うちの愛犬はまだ1歳です。まだ子犬なので、何にでも興味があり、何でも食べてしまうので、困っています。散歩に出ると、必ずと言っていいほど何か食べれるものを見つけ、拾い食いしてしまうのです。なので、散歩に出る時は私自身も道をしっかり見ながら歩いています。以前、人間の飲む薬を誤飲してしまった犬が下半身麻痺のような状態になってしまったというニュースを読んだことがあり、とてもショックでした。この場合もこのワンちゃんがお散歩に出ている時に、落ちていた人間用の薬を食べてしまったので、このような惨事になったそうです。拾い食いをしないようにするには、とにかく「しつけ」が大事ですよね!このリーダーウォークを取り入れて、根気強くしつけていこうと思います。
  • 投稿者

    40代 男性 キュアパパ

    拾い食いするコはご飯やオヤツの量が少なすぎかもです(*^^*)

    犬にも非常食にガムを常に置いて置けば拾い食いはしませんよ(*^^*)

    犬に取って、拾い食いやゴミ箱をあさる行為は飢えなのです(ノ_<。)

    冬場は特に犬も脂肪が必要なのに、太るからとか、見た目が悪いとか、健康的じゃないとか、拾い食いをさせているのは飼い主のエゴです(*^^*)

    拾い食いをする方が恥ずかしい事ではないですか・・・

    動物は全て冬場は脂肪を貯める物です(^_^)v

  • 投稿者

    女性 コロ

    拾い食いは本当に危険です。
    散歩中、愛犬はニオイを嗅いだだけだったのですが、急性肝炎になったことがあります。有毒な何かが撒かれていたのだと思います。除草剤などは口に入れなくても、鼻から摂取するだけでとても危険です。
    怪しいものが落ちていた時はなるべく遠回りにしたり、リードを引いて「ダメ!」というようにしています。

  • 投稿者

    女性 伊達巻

    うちの犬は拾い食いをしないので心配したことがありませんでしたが、以前知り合いの犬を2日預かった際に、その子が拾い食いをする子で散歩中は気を遣って大変でした。成犬になってからはトレーニングが難しいといいますが、その子は2日間でしなくなりましたよ。
  • 投稿者

    20代 女性 みけ

    昔、友達の愛犬をたまに散歩させていましたが、とにかく拾ってしまうわんちゃんでした。大きな犬だったので制御するだけで一苦労。わたしはいつもへんな食べ物を口にしちゃったり、小さな釘なんかを口にしたらどうしようと不安になりましたね。飼い主が必ず散歩出来ればいいんですが、出来ない人であれば出来たらやめさせた方がいいと思います。このわんちゃんは捨てられていた犬で少しトラウマがあるみたいでしつけも時間かけないといけなかったようてすが…。ペットホテルなんかだときちんと見てくれるかわからないから本当に心配だと友人も言っていました。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。