ありえない!犬を捨ててしまう人が考えている3つのこと

ありえない!犬を捨ててしまう人が考えている3つのこと

日本では犬の殺処分数は減少傾向にあるようですが、犬を捨てる人はまだまだ少なくありません。ではそんな人達は何を考えて犬を捨てているのでしょうか?

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬を捨ててしまう人が考える3つのこと

リードをつけて散歩をするジャックラッセルテリア

世話ができない

最も多いと思われる理由が、飼い主さんの老化や病気、環境の変化によって世話ができなくなって捨てるというものです。捨てる前にどこかに譲渡できないか行動を起こしても見つからず、犬が行ったことない場所に捨てるという行動に出てしまうこともあります。

なかには直接保健所へ連れて行き、殺処分をお願いする飼い主さんもいます。自分たちが世話できるかどうか、もしも自分たちが世話できなくなった場合にはどうするかを考えてから犬を飼うようにしましょう。また、予想外のことが起こったときには周りに相談しながら解決できるように努めてください。

親切な人に拾われてほしい

どこかの親切な人に拾われてほしいと思い、殺処分ではなく捨てるという行動に出る方もいます。殺処分は避けたい、でも飼えない、という結果捨てるという考えになるようです。

捨てられた犬は衛生状態も悪く、警戒心も強くなっているので、たとえ親切な人が保護しようとしてもできないことが多く、事故や病気で亡くなってしまったり、保健所へ連れて行かれたりして、殺処分になってしまうことも少なくはないと聞きます。犬のためと思って捨てたのかもしれませんが、結局は犬のためにはならないのです。

最期を看取りたくない

犬は人間よりも早く歳を取ります。そして人間同様に体が弱り、認知症などになることもあります。そういった姿を見るのが辛い、最期まで看取りたくないという飼い主さんも少数ですがいるようです。

捨てられた老犬は、保健所や保護施設などに保護されてももらい手が見つかりにくいのが現状です。

犬を飼うならいつか最期を看取ることになるのは決まっています。犬も最期に飼い主さんや、自分を大切にしてくれる人と一緒にいたいと思っているのではないでしょうか。

捨て犬はどうなるの?

夕日に向かって座る犬のシルエット

捨てられた犬はどうなるか知っていますか?おそらく、捨てた方々の多くは犬のその後を想像もしていないと思います。捨てられた後の犬の扱いは、大まかに分けて3種類あります。

  • いろんな場所をさまよって病気や怪我、事故などで亡くなる
  • 親切な人に保護されそのまま新しい家族のもとで暮らす
  • 保健所や動物愛護センターに連れて行かれ新しい家族が決まる、または殺処分

1は亡くなった後は見つけた人が自治体などに連絡し、回収してもらい自治体から民間のペット葬儀会社や寺院等へ火葬や埋葬の依頼をする、もしくは普通の燃えるゴミとして焼却処分されます。

2は稀な例ですが、さまよっている犬を保護してそのまま家族にしたり、保護施設や団体などに里親を探したりしてもらい、新しい家族のもとで暮らせるようにする、というものです。

最後の3は保健所や動物愛護センターといった施設に保護され、里親が決まればそこへ、収容期限が過ぎてしまったら殺処分されるということです。

捨てる方の多くは、最初に捨てるという選択肢を選んでしまうようです。捨てる前に譲渡先を探したり、保護施設に相談したりしてほしいと思います。

まとめ

飼い主とハイタッチするパグ

犬を飼うなら最期を看取ることや、病気になったときの世話なども飼う前に考えておかなければなりません。もし予想外のことがあったとしても、周りに相談し協力して可能な限り解決してほしいと思います。

犬は飼い主さんのことを大切な家族だと思っています。できる限り一緒にいて、遊んだり撫でてもらったり、コミュニケーションを取りたいと思っているでしょう。そんな家族に裏切られてしまうのは心の傷になります。

たとえ里親が決まって新しい家族ができても、心の傷はすぐに癒えるものではありません。犬を飼っている方は捨てるようなことがないように、これから飼う方はしっかりと考えて飼うようにしてほしいと思います。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    捨てられた犬は心に深い傷を負い人への信頼を失います。新しい家族が決まろうと傷は癒えないし信頼も取り戻せません。犬を買うのは簡単でも飼うのは予想をはるかに越えるほど難しいのです。理想とかけ離れようと世話が出来なかろうと捨てるのは俺達人間の勝手な都合だろ!捨てられた犬の身になりゃ同じ気持ちにならないか。犬を捨てることは飼育放棄だけじゃなく犬の生き方そのものを駄目にする。最高のパートナーが最悪のパートナーになる。どんなことがあっても犬は捨てないでほしい。どんな種族であろうと必ず心はある。相手を思いやり共に共存していく人間が理想の飼い主になるひとつの要素でしょう
  • 投稿者

    50代以上 女性 りかぴょん

    私にとって愛犬が歳を重ねるごとにペットからかけがえのない家族という存在になりました。
    いつかはいなくなってしまう(死んでしまう)なんて考えられない、考えたくない思いです。
    そんな家族同然の子たちをどうして手放してしまえるのかわかりません。
    今一度、手放そうとする前に愛犬との楽しかった思い出を思い出してほしい。
    どうしても飼えない理由があるのなら
    その子がこれからも幸せでいられる場所を精一杯考えてあげてほしいです。
    私は自分の愛犬が元気な時も病気の時も亡くなる時もずっとそばにいたいと思っています。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。