犬の肝臓病について ~症状や原因、治療と予防法~

【獣医師監修】犬の肝臓病について ~症状や原因、治療と予防法~

お気に入りに追加

犬の肝臓には痛みなどを感じる神経がなく、犬の肝臓病などの病気は原因がとてもわかりにくいと言われてます。初期症状がわかりにくく、気づいたときには病気が進行しているので、定期的に検査を受けることが必要になってきます。

113158view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の肝臓病の概要

診察中の犬


犬の肝臓は、体の中に入ってきた毒素を分解してくれる大切な臓器です。

その他に栄養素の分解や貯蔵をしたり、血液の主成分の合成をしたり、1,500種類ほどの機能があり様々な働きをしています。

その犬の肝臓に炎症が起きて、肝臓としての機能が低下し障害が現れることを肝臓病と言います。

また、犬の肝臓は痛みを感じる神経が無いことなどから『沈黙の臓器』と言われています。

初期症状であれば肝臓の機能に障害があってもなかなか症状が出てこないので、犬が肝臓病になっていても気づけないようです。

症状が出てきたときにはかなり進行が進んでいる状態になっていることが多く、犬の肝臓病はとても注意が必要と言われている病気です。

犬の肝臓病の主な症状

  • 食欲がない
  • 体重が落ちる
  • 嘔吐
  • 下痢、軟便
  • おしっこの回数が増える
  • 水を飲む量が増える
  • 歯茎や皮膚、白目などが黄色くなる(黄疸)

犬の肝臓病の初期症状はこれと言った特徴がなく、他の病気と同じような症状なので判断がとても難しいと言われています。

犬の肝臓に異常があるかどうかは血液検査の数値でわかりますので、このような症状がみられたら動物病院での検査を受けるようにしてください。

犬の肝臓病の原因

聴診器

  • 病原体が感染して肝臓に炎症が起っている
  • 食事・薬物によるダメージがある
  • 太りすぎ等により肝臓に脂肪がたまっている
  • 腫瘍や事故などの要因がある
  • 処理機能を超えた化学物質などが長期的に入り、オーバーヒートした状態である
  • 門脈体循環短絡症(門脈シャント)

犬の肝臓病のの原因はさまざまで、原因を特定することは難しいと言われています。

細菌やウイルスなどの感染、薬物や毒物、腫瘍や外傷など他の病気の影響などの他に、特定の犬種で、

  • ベトリントンテリア
  • ウェストハイランド・ホワイト・テリア
  • スカイ・テリア
などによくみられる、銅が異常に体の中に蓄積してしまう遺伝性の病気なども原因になると言われています。

また、ワンちゃんに与えるおやつの中にも原因になるものがあるようです。

犬の肝臓の数値が悪くなる原因として、『おやつ』と言われるのは飼い主としては心配ですよね。

おやつを控えるだけでも数値が下がることがあるようなので、獣医さんに相談してみてください。

犬の肝臓病の予防と対策


定期的に動物病院での健康健診を受けて予防しましょう。

普段からあまり食べさせすぎないように、食事には気を付けて適度な運動を心がけましょう。

肝臓を休ませてあげたり、犬の肝臓の負担にならない良質なフード与えてあげてください。

犬の肝臓の機能を強化するには、同じ肝臓のレバーを茹でて少量使うのも効果的なようです。

犬の肝臓病の治療方法

辛そうな犬


犬の肝臓病の治療は、血液検査をして、検査の結果をみて症状にあったお薬が処方されます。

病院によっては、なるべく犬の肝臓の負担にならない形で栄養を与え、犬の肝臓が元気になるよう再生を促すために漢方薬を使用するそうです。

犬の肝臓は自己再生力の強い臓器と言われているので、早期であれば、食事管理をしたり、お薬を飲み続けることで回復することがあります。

治療の中で一番重要なのは、犬の肝臓に負担をかけないような『食事管理』をすることです。

犬の肝臓にいい以下の栄養素などを含んでいるドッグフードを与えてあげてください。

  • タンパク質
  • 脂肪
  • アルギニン
  • 亜鉛
  • ビタミン
  • L-カルニチン

脂肪はとりすぎないように注意してくださいね。

1日分の食事量を数回に少量ずつ分けて与え、新鮮できれいなお水を飲ませてあげてください。

犬の肝臓は、早期であれば回復が期待できる臓器です。

原因が特定しにくい犬の肝臓病ですが、ワンちゃんがいつもと様子が違ったり、なんか変かも?と少しでも感じたら、動物病院に行って診察・検査を受けるようにしてくださいね。

また、日頃から定期的な身体検査と血液検査を動物病院で受けることをおすすめします。

通院や手術、検査など、かかるお金は高額になります。ペット保険に加入しておくと、費用を気にせず病院に連れていくことができますので、治療に専念できます。

愛犬のためにも飼い主さんのためにも、元気なうちにペット保険に入っておきましょう。

↓で簡単にペット保険の保険料を調べることができます。

愛犬のペット保険料は?

犬種
年齢

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 央杏

    この記事で犬の肝臓病について知れました。わたしは犬の肝臓病についてあまり知識がなかったので、初めて知ることがたくさんありました。肝臓病の恐さがこの記事から感じとれて愛犬がなったら…と想像しただけで苦しくなります。ならないことを願いますが、もしもの場合もあるので現れる症状など知れたので異常を感じたら自己判断せずにすぐ病院へ連れていくことが大事だと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 ももか

    犬の肝臓は痛みを感じることができない臓器なんですね。知りませんでした。
    早期発見できれば、きちんと回復できる病気なら、定期健診も大切ですが、やはり毎日欠かすことのできないドッグフードや、おやつの見直しも必要かなと思いました。
  • 投稿者

    20代 女性 めだか

    肝臓病の怖さを知りました。身体の問題を何でもかんでも関与してくれる肝臓。それを壊すのはこんなにも怖い事だったのですね…! 症状もただの熱や風邪に間違いがちなものも多いみたいなので、しっかりと症状を見極めないと!
  • 投稿者

    40代 女性 ノンアル

    8歳になるウエスティ(ウエストハイランドホワイトテリア)の飼い主です。飼い主が例年のごとく健康診断での肝臓の数値が思わしくなく(飲酒のせいです)、犬はどうなんだろう?と「犬 肝臓」で検索したら、こちらのページに辿り着きました。犬にとっても「肝臓は沈黙の臓器」なんだと読み進めていた所、"銅が異常に体の中に蓄積してしまう遺伝性の病気"の所に、ウエストハイランドホワイトテリアの犬種が含まれており、大変ショックを受けました。
    調べてみると、「銅蓄積性肝炎」と言われるそうで、特に気をつけなければならないベドリントン・テリアほどではないようですが、いずれにせよ、慢性肝炎と肝硬変を発症するリスクが高い犬種というのを今更ながらに知りました。
    食事の質が大切なこと、そして、まめに血液検査を受けることで初期段階での対応ができることを冷静かつわかりやすくまとめて下さって、感謝です。今年も血液検査を受けましたが、ちょっとグレードの低いタイプだったので、次回からはきっちりと検査を受けさせます。
  • 投稿者

    女性 colo

    肝臓は一度壊れてしまうと戻らない臓器です。それだけに我慢強く、ぎりぎりまで耐えられる臓器でもあります。再生能力も高いので、まだ壊れていない軽い症状のうちなら回復することも見込めます。

    うちの愛犬はノミ駆除剤で中毒性肝炎になってしまいました。体質的に合わないものだったのでしょう。滴下した当日から水をよく飲むようになり、翌日には食欲不振、それから嘔吐、震えまで出てしまったので、急いで動物病院へ行くと、急性肝炎と診断されました。水をよく飲むようになるので、尿の回数も増えます。血液検査をすると肝臓値ALT(GPT)が高いのはもちろんのこと腎臓値BUN、CREも同時に上がっていることがあると思います。
    肝臓だけではなく腎臓にも負担がない食事で調整していく必要があります。細かくした野菜を与えると毒素も一緒に排出する手助けをしてくれるので、効果的に取ると良いと思います。ですが野菜は消化が悪いので、そんな時は野菜を顆粒にしたベジタブルサポートというサプリもあります。
    トライアルセットもあるので、試してみるのも良いと思います。
    愛犬に合った方法で上手く活用してあげてください。
  • 投稿者

    40代 女性 momo

    犬の肝臓病は記事にあるように定期的な血液検査などでわかると思いますので、愛犬にチェック項目で思い当たる症状がある場合は是非診ていただいた方が良いと思います。我が家の愛犬は、一時<ALP>という肝臓の状態を見る数値が高く、思い当たる原因としてビーフジャーキー等のおやつやステロイドといった薬の多用があげられました。不思議な事に、この2つを断ってからは、数値が明らかに改善されました。「674」だった数値が「255」まで減りました。もちろん、一概にこれだけの原因とは限らないかもしれませんが、もしビーフジャーキーといった肉を加工して固めるタイプのおやつを頻繁に与えていたり、多く服用している薬で思い当たる事がある場合は、参考にしたいただけたら嬉しいです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 サニー

    スコティッシュテリアの女の子12歳が、昨年ですが大学病院で肝臓の部分切除の手術をしました。門脈付近の癒着と過成形部分切除です。加齢に伴いALPの数値が物凄く高くなり色々検査して以上の様な治療法に決まりました。ですが術後も数値は高くなっています。遺伝もあるのだろうか?ただ緊急的な要素は回避出来たのだろうと思います。まだまだ元気でご飯も食べられるしお散歩も出来ます。経過観察しながら毎日を過ごしています。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    急性肝炎になりました。
    ご飯を食べて3時間ほどしてから 嘔吐しました。
    続けて嘔吐したので病院へ
    すぐに血液検査したところ 肝臓の数値が上がっており、急性肝炎と診断されました。
    その他の症状はとくになかったです。

  • 投稿者

    20代 女性 あめたま

    我が家ではロングコートチワワの女の子を飼育していますが、ドッグドッグを受けた際に医師から肝臓が悪いとの指摘を受けたようです。

    愛犬は両親が甘やかしているので食べ物やおやつは欲しがるだけ与え、加齢と共に大好きだった運動は日に日に回数が減っていきました。

    食べる量は変わらずに運動量が減り、肝臓に負担がかかってしまった結果だと考えられます。

    したがって、ドッグドッグのような健康診断を受けさせる事は勿論大切ですが、飼い主による体調や体重管理も重要です。

    医療に頼るだけではなく、飼い主として愛犬のコンディションを平均的に維持する事は義務となります。

    ワンちゃんは可愛いですが甘やかせば甘やかしただけ肝臓病だけでなく、様々な病気のリスクが高まってしまいます。

    時には厳しく、ワンちゃんと接して体重を管理してあげましょう。
  • 投稿者

    40代 女性 mint

    うちの子は、肝臓に腫瘍があったため手術をして肝臓病が発覚しました。良性だと思われた腫瘍は実は悪性で、2度目の手術で肝臓の一部を切除しました。症状としては黄疸が出始めたら厳しいようで、一刻も早く対処が必要になるそうです。今では切除した肝臓も少しずつですが再生をはじめ、療法食を与えながら回復に努めています。私の場合もそうですが、主治医によって診断がブレるため、1つの病院で検査するのではなく、セカンドピニオンの利用をお勧めします。
  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    4歳の皮膚アレルギー持ちのシーズー男の子です。土曜の夜、食事後に嘔吐、日曜日は嘔吐がなく月曜日に嘔吐をした為、月曜日に病院へ行きました。食物アレルギー持ちで、土曜日にちょうど新しい食物を試していた為皮膚がお得意のかかりつけ病院へ行ったのですが、恐らくアレルギーが原因でしょう、と、吐き気どめの点滴をして帰りました。その後も食欲が落ち、嘔吐が続く為、4日後に血液検査をして肝臓が悪い事が発覚しました。黄疸も少し出ていました。その後、投薬や病院を変えての入院治療を行いましたが、最初の嘔吐から約3週間後にお空に帰ってしまいました。。
    過去に2年間ほど、アレルギー治療の為にステロイドを服用していた事もあるせいか、最初の嘔吐からあっという間でした。まさか亡くなるとは思っておらず、涙涙の日々です。健康診断、怠っていました。本当に悪い事をしたなと反省です。まだまだ若かったのに。もっと病院選びや適切なご飯・オヤツ選びなどしっかりしてあげれば良かったです。何事も早め早めの受診だと言う事も思い知らされました。
  • 投稿者

    50代以上 男性 恋たろう

    今月10日に愛犬が亡くなりました
    レントゲン、エコーで
    肝臓が異常に腫れて心臓を圧迫して
    血液が中々循環してなぃって言われました
    でも ある人に肝臓は腫れない臓器だと聞きました
    胆嚢では⁉️って

    口の中ゃ目も白くなり
    黄疸も出ていました
    解る方教えて頂けたら有難いです
  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    現在14歳を迎える柴犬を飼っています。
    特に今まで病気をしたことがなかったのですが、12歳になって念の為に検査しようということで調べると肝臓の数値が遥かに悪く、食事療法とお薬を服用しておりました。
    初めは朝晩の1日2回、次第に数値が下がると1日1回になりました。
    13歳になる頃には数値が通常値と少しの差しかなくなったので、食事療法のみになりました。今も食事療法は継続して、半年に1度血液検査する程度にまで安定しております。
    (※賛否はありますがロイヤルカナンの肝臓サポートでウチは良くなりました。)
    なんでも、たまたま検査して改善できる段階だったことを幸福に思います。
    以上、参考までにと。
    皆様の家族のワンちゃんも幸せで長生きしますように。
  • 投稿者

    50代以上 女性 ジャックママ

    まさに今 うちの子は肝硬変の治療中です
    昨年の11月からALTの数値が1000を2回超えて 余命先刻はされていませんが不安な日々を送っています
    経験者の方のお話を聞きたいです
  • 投稿者

    女性 鉄板焼き

    肝臓は沈黙の臓器だなんて言われますから、定期的に健康診断で血液検査をして数値をしっかりチェックしています。まだ子犬だった頃に、血液検査をしたら、正常範囲内ではあるけど子犬にしては数値が高い、肉を食べ過ぎじゃないか?と獣医さんに言われてからオヤツのジャーキーも与えるのを止めました。
  • 投稿者

    30代 女性 ウルまま

    我が家の愛犬はもうすぐ8ヶ月のチワワ雄です。去勢手術を控え、事前の血液検査で肝臓の数値が思わしくなく、一週間後の手術当日、直前の検査で数値か上がっていたため手術は中止し肝臓の精密検査に移行しました。これを書き込んでいる今はその結果待ちなのですがとても不安です。あれが悪かったのかな、これが悪かったのかなと自分や環境を責めるばかりです。餌の食いつきが悪く、あれこれ工夫した結果、材料にはこだわっていたけど色々な物を食べさせすぎたのが悪かったのか…。これから先、バランスのとれた質の良いフードでもドライフードだけで食べてくれるかな…。おやつも大好きなのに…。まだ結果は分かりませんが、どうか早く良くなれるものでありますように。人間でいうと肝臓病なんて不摂生の続いた中年の病気、なんてイメージがありますが、たった8ヶ月の子犬にも襲いかかる異変なのだと改めて怖くなりました。口を聞けない子だからこそ、人間がしっかり管理してあげて、健康長寿をまっとうして欲しいと思います。早く会いたいなぁ…。
    ウルままの投稿画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

愛犬が肝臓病を患った経験がある飼い主さんに質問です

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。