老犬の散歩で気をつけること

18638view

老犬の散歩で気をつけること

老犬にとっても散歩は健康維持に必要なものです。若い頃から、毎日の散歩が日課となっていた犬は、老犬になっても散歩が大好きなはず! しかし、老犬の散歩には気を付けなければならない点があるので、飼い主さんが十分に注意してあげましょう。

老犬の散歩量はどのくらいがいいの?

老犬の顔

若い頃には1時間くらい散歩していたわんちゃんでも、老犬になっても同じ量という訳にはいきません。
適切な散歩の量というのは、わんちゃんによって異なるので、年齢や体力などをよく考えて、体に無理のない程度にしていきましょう。

老犬は、その日の体調によっては、あまり歩きたがらない時もあるかもしれません。
そのような場合には、わんちゃんの様子を観察しながら、いつもより短めにしたり、調整するのも飼い主の役目です。

また、それとは逆に、ぐいぐい引っ張って行って、元気の良い時もあるでしょう。
しかし、わんちゃんのペースに任せて、あまりに遠くまで行ってしまうと、帰り道に疲れが出てしまう可能性もあります。

ですので、いくらその時は元気に見えても老犬であることを忘れずに、適度な散歩の量を心がけたいものです。

老犬は自分が老いたことに気がついていない?

寝ているラブラドール

もし、人間の場合、自分が高齢になったら、それなりに自覚した行動をとるものです。散歩をする際にも、途中で休憩をしたり、水分を補給したり、あまりにも高温な日には外出を控える、などです。

しかし、このような事が犬にとってはまったく当てはまりません。おそらく、犬は自分が老犬になったという自覚がないのです。

明らかにヨタヨタと歩いているような老犬でも、本人は若い頃のままの気分で楽しんでいるのかもしれません。散歩中に楽しそうなことがあったら、元気に走り出したいという気持ちになることもあるでしょう。

しかし、犬は人間の7倍のスピードどんどん老化していきます。そして、人間の言葉を話すことができないこともあり、突然、目に見える形で老化が現れることがあるのです。

ですから、飼い主は、わんちゃんの老化にいち早く気付いて、適切な対処をしてあげる必要があります。そして、散歩中に人間の目から見れば、『ヨタヨタと歩いていて、無理をしているのかな?かわいそう』、と思うような場合でも、わんちゃん自身がそう思っているとは限らない、という事を知って、普段通りに接してあげることが大切なのです。

足腰が弱ってしまったら

マルチーズ

もし、散歩に行くことが困難なほど、わんちゃんの足腰が弱ってしまったとしたら、どうすれば良いでしょう。
老犬になって、歩くことができないから、散歩はしない、というのであれば、散歩が好きだったわんちゃんにとっては、かなりのストレスになってしまいます。

小型犬なら、老犬になって足腰が弱くなったとしても、気軽に抱っこすることができますので、いつものお散歩コースを抱っこしながら歩いてみるのも良いかもしれません。

たとえ、自分の足で歩くことが出来なくても、外の空気に触れたり、風や匂いを感じることが、老犬にとっては大切な刺激ともなり、毎日の楽しみになるものです。

お気に入りの場所まで抱っこしていって、そこで降ろしてあげるのも良いかもしれません。
抱っこをすることが困難な大きさのわんちゃんの場合には、ペット用のカートなどに乗せて散歩に出かけるのもおすすめです。

アスファルトや、砂利道などは、老犬にとっては負担となりますから、土や草の生えたところまでカートに乗せて行くのも方法のひとつです。

また、老犬でなくても旅行などで電車に乗る必要があったり、荷物が多いような場合には、わんちゃん用のカートは大活躍します。普段から、カートに慣れさせておけば、老犬になってからでも喜んでカートでのお散歩を楽しむことができるでしょう。

季節ごとの注意点

散歩中のパグ

老犬のお散歩では、季節によっても注意すべき点があります。
まず、暑い季節には、すべての犬に当てはまることですが、日中の特に暑い時間帯は避けるようにしましょう。

夕方でも、アスファルトは、想像以上に熱くなっていることもありますので、できるだけ、日中は日陰となっていたような道を選んで散歩するように心がけたいものです。

また、わんちゃんの息遣いが荒くなってきたら、それは暑いだけでなく、体力も消耗しているというサインですので、早めに散歩を切り上げることが大切です。散歩の途中で休憩させて水分を与えることも忘れないようにしましょう。

寒い季節には、早朝や日没後は避けるようにして、日差しのある日中に散歩するように心がけましょう。
老犬にとって、普段、暖房の効いた室内で過ごしているような場合は、寒い屋外は負担になることもあるので、もし嫌がらないのであれば、防寒のために何か着せるのも良いかもしれません。

老犬の場合は、長時間の散歩を一日一回行うよりも、短時間の散歩を何回かに分けて行う方が良いケースが多いので、わんちゃんの体調に合わせて調整したいものです。

▼老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識についてもっと知りたい方はこちら
老犬を飼うときに知っておきたい基本的な知識一覧

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!