【奇跡】3年間、20㎞以上を放浪してきた犬が飼い主と再会!

【奇跡】3年間、20㎞以上を放浪してきた犬が飼い主と再会!

迷い犬を保護しました。その犬は、なんと3年前に20㎞以上離れた場所で行方不明になっていた犬でした。

はてな
Pocket
お気に入り登録

3年も彷徨っていた犬

通報

2019年9月20日、1本の通報が入りました。

「首輪をした犬が1匹で歩いてて…どうしたらいいですか?」

通報者に犬を見張っていてもらい、現場に駆け付けました。

犬は、かなり大きかったです。

捕まえようとすると、逃げました。近づくと少しですが唸りもありました。

でも、おやつは手から食べてくれました。

保護

実は2ヵ月ほど前、「ゴールデンのような大きな犬が足を怪我した状態で歩いている」という通報が別の人から入っていました。現場に行き探しましたが、その時は目撃から通報まで数時間経っていたため、犬の姿はどこにもありませんでした。

その時と同じ犬ではないかと思いました。後ろ足を負傷したような歩き方をしていて、ゴールデンレトリーバーのような毛色で体格も大きかったからです。

時間はかかりましたが、なんとか保護することができました。

動物病院

犬はかなり汚れていて臭かったです。

長期に渡って放浪していたのではないでしょうか?

首につけられたチェーンの首輪がさび付いていました。

昨年秋にも、かなり離れた場所で同じ内容の目撃情報が入っていたので、もしかしたら同じ犬かもしれないと思いました。

犬や猫を保護した時は、必ず動物病院に直行します。この時もすぐに動物病院に連れて行きました。

後ろ足

犬の後ろ両足は、重篤な関節症になっていました。

治療法はありません。

痛み止めを処方してもらいました。

耳の汚れもひどく、真っ黒な耳垢が外まで飛び出ている状態だったので、耳そうじをしてもらいました。

犬がどれほど長い間放浪していたのかはかりしれませんでした。

保護

地元のセンターに保護した迷い犬の届け出を出しました。

後日、警察署にも届け出を出しました。

犬は飼い主さんに繋がる情報を身に着けてはいませんでした。

迷い犬のチラシを作って市内各地に貼り、さらにSNSでも飼い主さんに呼びかけました。

ある女性

保護から約1ヵ月後、保護犬猫たちの譲渡会を開催していた日のことです。

会場にも迷い犬のチラシを貼り出していました。

すると1人の女性が「知り合いの犬かもしれないので、この犬に会わせてほしい」と言ってこられました。

その女性の話では、ここから20㎞以上離れた町で3年前にいなくなった弟の犬ではないかということでした。

ただ彼女はその犬と一緒に住んでいたわけではないので、会ってもよくわからないとのこと。

そこで3年以上前に撮影したという、弟さんの犬の写真を見せてもらいました。

その犬の鼻はピンクでした。私が保護した犬の鼻は黒です。

顔は似ているようで似ていない?その写真だけでは私自身もよくわかりませんでした。

その女性は犬の写真と動画を携帯で撮影して、それで帰られました。

その時、私は「なんだ、違ったのか…」と落胆したのを覚えています。

電話

数日後その女性から、弟さんと一緒に犬に会いに来たいと電話がかかってきました。

再会

弟さんは待ち合わせ場所に到着すると、こちらに歩いてきながら、「ここにほくろがあるはず…」と言いました。

その迷い犬には、まさに言われた場所にほくろがありました!

間違いありませんでした。

犬が身に着けていたさび付いたチェーンの首輪を見せると…

「これは俺がつけたチェーンだ」

その瞬間、鳥肌が立ちました。

なんとその犬は3年前の夏、散歩中にチェーンが外れ、行方不明になっていたその男性の犬だったのです!

最後に

弟さんは犬と3年ぶりに再会した瞬間、嬉しそうな顔をされました。

その後、3人で派出所に行き、犬返還の手続きを済ませ、犬は無事、飼い主さんが連れて帰られました。

20㎞以上離れた場所から3年もの間、よく無事で、よく保健所に捕獲もされず…。本当に奇跡的な出来事でした。

犬の後ろ両足が重篤な関節症になったのは、3年間さまよっていたせいだったようです。

この犬の目撃情報は、昨年秋から今年夏にかけて私の元へ届いていました。

その犬を最終的に私のところで保護して、無事飼い主さんに繋げられたこと、その奇跡に感謝しています。

※本記事に掲載している写真や動画は、全てライター自身の制作物です。
はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    ワンちゃんも大変な日々を送ってきただろうけど、3年も諦めず愛犬を探してた飼い主さんも凄い!!
    道のりは長かったけど、飼い主さんもワンちゃんも願いが通じ、再会できて、良かったです。
  • 投稿者

    40代 女性 km

    なんて素晴らしい出来事でしょう。本当奇跡ですね。このワンちゃんはなんてラッキーなんでしょうか。大多数は保健所に捕まってしまうんでしょう。全てのワンちゃんがこの子のように幸せだったらいいのに。この飼い主さんは探してくれてたけどペットを見捨てる飼い主も多いですから。三年も飼い主を探してさまよって生きていていてくれたのにペットとの再会を喜んでないし保健所に連れてく最低な無情飼い主もいるんです。実は私も子供の頃から飼殺ししてる最低な飼い主たちを見てきました。そいつらは飼い犬を鎖につなぎっぱなしで散歩もさせずご飯も水も与えず犬を放置し、当然泣きわめいたり吠えたりしてる犬を無視し続けてました。その犬たちを見て私は余りの悲しさ無念さ自分の無力さと飼い主たちへの怒りで一杯になりました。今でも忘れられない忌まわしい記憶ですが、現在でも飼殺しされてる犬をたまに見るので悲しいです。一体いつになったら動物達は幸せになれるのでしょう。
  • 投稿者

    50代以上 女性 シュウ

    寒いせいか、愛犬は、こたつの、中で、温もっていますヨ!
  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    涙が出ました奇跡の感動
    映画見たいな話があるんですね。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    一番はこうゆう保護をしてくれる人達に感謝です。
    飼い主はその責任を一生持つこと。
  • 投稿者

    女性 匿名

    この犬はずっと飼い主を探してたんじゃないかな。
    沢山怖い思い、辛い思いをしてきたんだと思うと、飼い主が見つかって本当に良かった。これからは平穏な日々を過ごせますように。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。