動物病院の基本的な料金について

72700view

動物病院の基本的な料金について

動物病院でかかる料金は、診察料、処置料、手術代、入院費など諸々ありますが、価格は病院によって変わってきます。たとえば、初診料は一律○○円と全国統一されているわけではなく、同じ薬ですら、病院によっては値段が違います。動物病院にかかる費用は、意外と高くつきますので、なんでも安ければいいというわけではありませんが、色々なことをよく見極めて動物病院を選びたいものですね。

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

動物病院の料金について

聴診器

現在、日本での動物病院の料金は、全国で統一されているわけではなく、料金についてのシステムも確立されていないので、個々の動物病院に一任されていて、病院側で自由に決めることが出来るようになっています。

そのため、どこの獣医師会に属しているかなどでも料金が違い、診療料金だけではなく、予防接種や処方される薬の値段まで、同じ地域内の近所の動物病院で、同じ診療内容や薬であっても料金はマチマチなのです。

よくある病気と基本的な料金リスト

お金

犬を飼う上で、毎年必要なものが以下のとおりです。

初診料などの診察料

診察料にはまず、初診料・再診料がかかります。

A病院の場合

初診料:1,500円、再診料:1,000円

初めての受診を1,500円、次からは何度行っても1,000円(1日の内に2度行くことになってもどちらも1,000円かかりました)

B病院の場合

初診料:2,000円、再診料:1,000円、診察料:600円

初めての受診は2,000円、2回目以降久しぶりの受診の場合1,000円、同じ病名で通院する場合等600円と区別しているところもあります。

その他にも、初診料が500円位のところもあります。

狂犬病の予防接種

毎年、受けるように法律で義務づけられています。行政で日にちを指定して、集合場所へ行って摂取するという方法もありますが、できれば体調管理も含め、定められた期間内に動物病院での接種をおすすめします。

その場合も、病院によって、健康診断を含めての接種として料金を取られたりすることもあるので、料金はマチマチです。私が今までお願いしていた病院の内訳は以下のとおりです。

狂犬病予防接種2,778円、狂犬病予防注射済票預かり金550円、再診料なし。

混合ワクチン

1~9種までのワクチンがあります。

通常だと、2種~8種のワクチンを打つことが多いと思います。どのワクチンを選択するかは、その子の生活環境を考えて選びましょう。

また、毎年接種するのが一般的ですが、最近はいろいろな見解から、毎年打たないという考えかたもあるようですが、信頼できる獣医師に相談して決めることが大切です。

  • 2種:仔犬の初回
  • 5種:比較的アレルギーを起こしやすい犬種など
  • 8種:暖かい地域(関西よりも西)に住んでいるか行く機会が多い・田んぼなどで遊ぶ機会が多いなど
  • 9種以上:いろいろな感染症をカバーしてる。レプトスピラという感染症が多く入ってる

当然ですが、ワクチンの種類が多いほど料金も高くなります。5,000円~8,000円程度。

フィラリア予防の薬

5月くらいから12月くらいまで、近年は温暖化に伴い、寒い時期であるにも関わらず、蚊を見かけることがあります。その場合は1月くらいまで飲ませることもあります。

この薬も、錠剤タイプのものから犬が好んで食べやすくするためのお肉のおやつタイプになっているものまで種類が豊富で、値段もそれによって違います。また、フィラリア予防の薬は体重別に飲む量が異なるため、料金も個体差によって変わります。

因みに小型犬~7.5kgで1錠800~1,500円程度です。

フィラリア感染の判定用血液検査

フィラリア予防の薬を飲ませるにあたり、感染していないかどうかの血液検査が必要です。

1,000~3,000円程度

病院によっては採血料が加算されます。500円~1,000円程度

詳細な血液検査

フィラリアにかかっていないかどうかの血液検査は比較的簡単で料金も安価ですが、年に1回の詳細な血液検査をすることで、フィラリアのチェックも踏まえて、愛犬の状態を知るのに最も有益なので、オススメします。

6,000円~8,000円程度

避妊、去勢手術

どちらも小型犬か大型犬かによっても料金が若干変わってくるようです。

避妊手術の場合

女の子の場合は、男の子の手術よりも大変なので、1~2日の入院が必要になる場合があるため、料金が少しかかります。20,000円~50,000円位

去勢手術の場合

男の子の場合は日帰りのことが多いようです。15,000円~30,000円位

行政からの援助金が受けられる場合もあるようなので、居住している地域の役所へ確認してみるといいかもしれません。

まとめ

子犬

このように、どの料金をとってみても、本当に幅があります。犬を飼えば、当然、動物病院へ行く機会があると思います。最近は動物病院もよく見かけるようになりましたが、初めて飼った犬を、どの動物病院へ連れていけばいいのか迷うところです。

新設の病院が出来るようならば、内覧会がある場合もあるので、愛犬を連れて行ってみるといいかもしれません。設備や病院の先生の雰囲気、愛犬や飼い主さんとの相性も大切ですし、料金体制を把握できます。

また、仲の良いお友達やご近所で犬を飼っている人などに、どこの病院がいいのか聞いてみるのが良いと思います。ご近所の口コミで、意外と動物病院の見た目ではわからない一面も見えてくるものです。

最近では、どうぶつ保険もよく知られるところとなり、利用している方も増えたようですが、人間の健康保険制度のようなものとは程遠いため、愛犬が病気になればかなりの負担になります。

病院によって診療代が大きくかわってくるので、先生の腕や評判や料金等をいろいろと知らべてみて、総合的に判断してかかりつけの動物病院を見つけることをお勧めします。

平松育子先生

記事の監修
  • 獣医師
  • 平松育子先生
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 Chappy

    私は初代の愛犬に病気が見つかった時、3つの動物病院で診てもらいました。
    たしかに、初診料、診察料は皆バラバラ。立地の良し悪しでも料金が変わってくる気がします。
    愛犬が病気になると、本当にお金がかかってくることです。愛犬の命のことを考えたら、出来るだけのことはしてあげたいと思います。
    あとは、先生とこれから先上手く付き合っていけるかも大事ですよね。相性もあると思います。
  • 40代 女性 TIKI

    記事にあるように、本当にその動物病院によって薬代や診察にかかる料金が異なりますね。
    私の住む地域でも、同じフィラリアの薬でも各病院によって安い・高いがあるので、あえて安いところを狙ってもらう飼い主さんもいます。
    ただ、もちろん安い方がいいですが、先生との相性や信頼出来るかによって決めた方が後々良いのかと思います。
  • 30代 女性 もこじ

    昔飼ってた子が子犬の頃からお世話になってた動物病院は凄く安い!と評判でした。10歳を超える頃までお世話になっていたんですが、ある日愛犬の体調が悪くなり、急いで病院に連れて行った時、思わず首を傾げてしまうぐらいの対応の悪さで泣きながら別の動物病院に連れて行きました。

    そこの先生は凄く丁寧で説明も分かりやすく、何より犬に対しての接し方が本当優しい先生でした。そこから亡くなるまでの6年そこの病院にお世話になりました。料金は前の病院に比べたら少し高めでしたが、信用出来る動物病院を見つけられて本当に良かったと思います。ただ単純に安いから!と言う理由だけで病院を決めるのは愛犬の為にはならないと思います。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。