自分の尻尾を噛みちぎってしまう犬。対策は抱きしめること?

自分の尻尾を噛みちぎってしまう犬。対策は抱きしめること?

仔犬時代は母犬から社会性を学ぶ大事な時です。その大事な時間を人間たちが奪ってしまうと、様々な問題が発生してしまいます。自分の尻尾を噛む犬になってしまったモモの例を見ていきましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録

自分の尻尾を噛む犬

モモ

モモは、仔犬工場で産まれました。

Floating limb syndrome

モモは『Floating limb syndrome』という病気にかかっていました。

理由もなく同じ行動を繰り返してしまう病気です。

人懐っこい

モモはとても人懐っこく誰にもフレンドリーな犬です。

尻尾

でも突然、自分の尻尾を攻撃し始めるのです。

飼い主さんが帰宅した時、床が血だらけになっていたこともあったそうです。

切断

モモにとっては、自分の尻尾が敵なのです。

獣医師は、彼の尻尾を切断するしかありませんでした。

エンドレス

飼い主さんが気を紛らわすためにおやつをあげても、モモは尻尾を噛み始めてしまいます。

それはもうエンドレスでした……。

いたたまれない気持ち

モモは自分の尻尾を追うのに疲れ果てると、やっと噛むことを止めてくれます。

飼い主さんは、その姿を見ていたたまれません。

ストレス

「モモは成長過程において、社会性を養うことが必要な時に母犬から構ってもらえなかったのではないでしょうか。それがモモのストレスとなって自分の尻尾への攻撃となったのだと思われます」と獣医師は語りました。

仔犬の時に母犬から十分な愛情を与えてもらうことはとても重要です。

でもモモは母犬の愛情が必要な幼い時期に引き離されました。

鼓動

「モモには、母犬の傍に寄り添うことが必要だったのです。母犬の傍に寄り添って、母犬の鼓動をきくべきだったのです。」とトレーナーは語りました。

落ち着き

飼い主さんが唸るモモを抱きしめて自分の心臓の鼓動を聞かせました。

すると、モモがだんだん落ち着いてきたのです。

「モモがこんなに落ち着いた姿は初めて見ました」と飼い主さん。

防御策

抱きしめるのと同時に、尻尾が噛めないように物理的にも対処しました。

最後に

数日後、モモはとても落ち着いた犬に変わっていました。

もう尻尾を噛むことはなくなったそうです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。