犬のてんかん~ 原因から予防・治療法まで~

31683view

犬のてんかん~ 原因から予防・治療法まで~

愛犬が、いつてんかんの発作を起こすかなんて予測できません。起きた時の対処の仕方や、治療方法についてまとめてみました。毎日のスキンシップで、愛犬の”てんかん”の早期発見ができるように健康管理をしっかりとしていきたいものです。

監修:獣医師 平松育子

(ふくふく動物病院)

カメラ目線の犬

犬のてんかんについて、正しい知識を学んでいきましょう。早期発見ができれば、治療方法がみつかり、毎日の日常生活に支障なく生活できると思います。

てんかんの概要

てんかんとは、どのような状態のことをいうのか?

脳の中の神経が異常興奮して、身体のコントロールを失ってしまっている状態のことをいいます。

てんかん発作の種類と状態

  • 焦点発作・・・脳内の一部で、神経の伝導に異常が起きている状態
  • 全般発作・・・脳内のいろんな場所で、神経伝導に異常が起きている状態

てんかんの主な症状

焦点発作

頭が傾いたり、同じ場所をクルクルと回っていたり、片足を上げたり戻したりの繰り返し動作などをするようになってきます。体の一部分が震えたりしてきます。

全般発作

痙攣したり、倒れることもありますが、その発作が治まってしまうと、何もなかったかのように普通に行動したりします。この発作では、全身の筋肉硬直がおきた後に、小さな痙攣をおこす”強直間代性発作”というものが多くみられます。この全般発作でおきる症状は、

  • けいれん
  • 口から泡をふいてしまう
  • 四肢硬直
  • 尿や便の失禁
  • 意識消失

です。 万が一、てんかん発作が10分以上続いてしまったり、一日で3回、4回と繰り返し起こしてしまうようでしたら、それは重度な状態ですので、早急に動物病院へ行ってください。(重責積発作といいます)

てんかんの原因

犬のてんかんの原因として考えられるものは、5つあげられます。

脳疾患

脳腫瘍や、脳の奇形、脳炎、事故などのよる外傷によるもの

遺伝

先天性の脳異常で起きてしまうものです。原因が分かりにくいために、突発性てんかんと診断される場合もあります。

ストレス

犬自体が神経質だったり、犬にとってその環境がストレスになっている場合でも、てんかんを起こすことがあります。

内臓疾患

てんかんの原因となる内臓疾患は、肝臓疾患と腎臓疾患といわれています。

血液の異常によるもの

血液中のグルコースの不足から起こるもので、低血糖や、血液中のカルシウムが不足する、低カルシウム血症がてんかんの原因になることがあります。

てんかんになりやすい犬種

ボーダーコリー

  • ボーダーコリー
  • ダックスフンド
  • アメリカンコッカースパニエル
  • コリー
  • プードル
  • ゴールデンレトリバー
  • ウェルシュコーギー
  • ビーグル
  • シェットランドシープドッグ
  • シベリアンハスキー
  • ジャーマンシェパード

てんかんの予防と対策

てんかんの確実な予防方法は、残念ながらありません。てんかんの原因となる病気を早期発見することで、てんかん自体の早期発見につながることになります。

病気が原因でないてんかんについては、動物病院での定期健診を受けたり、毎日の健康管理をしっかり行う事で普段から気をつけるしかありません。

健康管理については、愛犬とのスキンシップを取りながら行えば、ストレスがたまる事なく、楽しく行えると思います。

てんかんの治療方法

聴診器

てんかんの治療を放置してしまうと、発作の回数が増えてきてしまいます。毎日てんかん発作がおきなくても、必ず治療をしましょう。

薬物療法

抗てんかん薬を投薬します。てんかんを治す薬ではなく、てんかん発作を起こさないようにする薬になります。

薬を決められた回数と量を投与していきますので、勝手に投薬をやめてしまうと、発作はひどくなってしまいます。抗てんかん薬は、太りやすくなる可能性があるので、体重の管理もしっかりとしていきます。

病気からおこす、てんかん発作

肝臓疾患や腎臓疾患が原因でおきるてんかんについては、原因となる病気の治療を行います。

てんかん発作が起きたときの応急処置

てんかん発作に対する処置は、飼い主ができることは特になく、自然に発作が治まるのを静かに見守ることしかできません。発作がどのような状態で起きているのかを、しっかりとみておきましょう。

それは動物病院へ連絡するときに大切な情報になります。てんかん発作が起きている時に、万が一、犬が嘔吐をしてしまったときは、嘔吐物が気管支に詰まってはいけないので、顔を横に向けてあげましょう。

また、口の中にものが詰まりそうなときは、取り除いてください。(かまれないように注意してください。)

てんかん発作は、いつ、どんな時に起こるのかは分からないですが、発作が起きる前の犬の行動でわかる事もあります。

それぞれの犬の状態にもよりますが、飼い主に甘えてきたり、水をたくさん飲み続けるという行動を起こすこともあるそうです。飼い主の、毎日の健康管理で(スキンシップ)愛犬の状態を把握しておくのが、とても重要で大切なことになります。

大切な愛犬を飼い主さんがしっかりと見守ってあげましょう!

▼犬の病気を症状や病名から調べる▼
犬の病気大辞典!知っておきたい基礎知識

記事の監修

  • 獣医師
  • 平松育子
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 ken

    うちの犬は軽度のてんかん持ちの疑いがあります。
    初めて見た時は震えているだけかと思ったのですが、小刻みに震えながら尻尾を股の中に入れて消え入りそうな声でピーピー鳴きながらクルクル回る姿に違和感を覚え、スマホで撮影をしたものを獣医さんに送って見てもらいました。すると恐らくてんかんの初期症状だろうとのことでした。
    てんかんは、発作を起こしているところを見せないと診断が出来ないため、もし犬が発作を起こしていたら手が空いている人がいたらスマホで撮影をしておいてもらうことをおすすめします。
    またてんかんの発作時に恐いのが、痙攣発作を起こしている際に頭を打ち付けたりしてしまう事故です。愛犬を安全な場所にうつして、嘔吐物や舌で呼吸が妨げられないようくれぐれも配慮が必要です。
  • 女性 シュナ

    わたしのまわりにもわんこにもてんかんの方はいらっしゃいませんが、自分でコントロールできるものではないので、発作の際は本当に注意が必要だと思います。うちのわんこは3歳のシュナウザーですが、今のところこういった発作の兆候はありません。ですが、こういった記事や病気のことを知っていくと、自分のいないときに発作が起きたら、、高いところや階段にいるときだったら、、などなど心配がつきません。うちはお留守番のときは決まったスペース内での自由行動なので転倒や怪我などの2次災害は防げると思いますが、てんかんもちのわんこの飼い主さんは本当に目が離せなくなりますよね。人間でもコントロールができない病気なので、わんこへの治療法発見もまだまだ先になりそうです。発作が出ないことを祈りつつ、発作を起こしたときは冷静な対応を心がけたいと思います。
  • 30代 女性 モカ

    うちはミニチュアシュナウザーを飼っています。てんかんとはまだ診断がついていないのですが、先日急に昏倒しました。あまりのことに驚いてすぐに病院に連れて行ったのですが、連れて行く道すがら何事もなかったかのように意識を取り戻したのでてんかんかもしれないという診断でこの次同じようなことがあったら写真なり動画なりを撮っておくよう言われて返されたことがあります。それ以降今のところ意識を失うようなことはないのですが、それ以来はよく注意してみているようになりました。
    はじめてのことで私も本当に慌ててしまってよく観察もしていなかったので、いろいろ可能性のお話をしていただきましたが、あまり憶えておらず情けない飼い主です。
    一回大きな動物病院で全身診てもらうよう勧めていただきましたが、全身麻酔を考えるとかわいそうな気がして迷っています。
  • 40代 女性 匿名

    4歳のビーグル女の子

    はっきりは覚えてないのですが初めての発作は2年以上前だったと思います。
    朝方嘔吐後に突然、全身痙攣の発作
    それから半年に1回程の間隔で同じような発作があり
    今年に入り発作の間隔が短くしかも1度発作が起きると4時間位おきに発作が起きる様になりました。
    食事療法やハーブを頑張ったのですが先日2ヶ月振りの発作
    2日間に渡り計7回もの全身痙攣発作が起きてしまいました。

    遅かったかもしれませんがその2日間の発作後に投薬療法開始しました。
    2日間の発作後も2日間はイラつき、顔の痙攣、足腰のふらつきがありましたが
    薬が効いたのか投薬2日後にはそれら痙攣も治まり元の愛犬に戻ってます。

    お薬は副作用の少ないとされているゾニサミドを1日2回半錠です。
    以前より座薬は常備してます。
    今のところ副作用はないかな?ビーグルなので前から食いしん坊でしたし
    てんかんには糖質が大事との事で焼き芋やアイスクリームを食事療法に取り入れてるので以前に比べかなり太りましたが(笑)

    重責発作を何度も経験しているので油断せず
    お薬に食事療法これからも頑張ります♪
  • 50代以上 女性 さんご

    10歳のトイプールは、2歳の時に発作をおこしたました。30分経っても治まらず、救急病院へ。MRI検査で、他疾患が無い事を確認し、最終的にてんかんと診断されました。重い発作をおこす為、抗てんかん薬を飲ませる事は迷いませんでした。いずれ悪化していていく事も覚悟していましたが、薬の量も増やす事なく、8年経ちました。発作は時間が短くなり、季節の変わり目は増えますが、3ヶ月以上来ない事もあります。疲労、環境の変化も関係があるようです。薬の血中濃度検査をしながら、ずっと同じ病院でお世話になり、トリミングも病院付属のサロンにしています。服薬で、肝臓の数値が気になりますが、信頼出来るドクターと、年中無休24時間対応の病院のおかげで安定しています。発作を起こしたら、まず時間を確認します。投薬は1日2回が生涯続きますが、悪化せずにここまでこられましたので、頻度が多い発作の場合は、投薬治療が良いと思います。
  • 20代 女性 みづき

    雑種 2歳 男の子
    ずっと元気に過ごしていたのですが3日前に発症してしまい1日に何度も痙攣を繰り返し尿も便も漏らしてしまい発作が落ち着いた所で動物病院に連れていった所、入院と検査の結果てんかんと診断されました。元は捨てられていたのを連れ帰った子で家に来てからは祖父がとても可愛がってお世話していたのですが最近祖父が入院してしまい祖父が帰ってこないのもストレスの原因に繋がってしまったのかなとも思います。今はまだ軽い発作がおさまらず入院していてこれから薬での治療になるそうです。
  • 30代 女性 ひまわり

    以前てんかんを起こしたわんちゃんを見たことがあるのですが、その時はとてもビックリしました。飼い主さんは慣れていらっしゃったのか、落ち着いて対応していましたが、てんかんの原因を知らない私にとっては衝撃でした。。。記事を読んでみて思ったのは、やはり素人では判断や対応が難しいと事と、獣医さんと相談しながら飼い主さん自身もてんかんを勉強してと向き合う事が大切だなと思いました。
  • 女性 もなか

    私の愛犬、おそらく軽いてんかん持ちだと思います。
    激しい発作を起こしたことはありませんが、原因不明の震え症状が年に数回あります。少し時間が経つとケロッとしているので、病院へ連れて行ったことはありませんので、正確にはわかりませんが。コメントを見ていて、そうですね、動画撮影をして獣医さんに診てもらえばいいのかとなるほどです。
  • 女性 ゴン吉

    てんかんの原因は遺伝だけだと思っていたのですが、ストレスや内臓疾患も影響するんですね。愛犬は飲んでいる薬のせいもあって肝臓と腎臓の数値が少し高いので、よく注意しておこうと思いました。
  • 40代 女性 七ちゃんママ

    ブルドッグです。女のコ2歳3ケ月。
    昨日頭が痙攣しているのを発見!
    ショックです。
    病院に連れて行こうと考えてましたが、10秒位の痙攣を15~20分の間に5~7回位していたように思います。
    動画を撮ろうとしましたが、痙攣しているのがわかるのは、2~3秒位を2種類。
    調べていくうちに、ワクチンにより3年以内に「てんかん」を発症するとイギリスでは学会で発表されていると言うような内容の記事を発見!!
    2週間前に5種ワクチンを受けたばかりでした。
    獣医さんが、今夜体調が悪くなったらの時ようにと、夜間緊急医療センターを紹介した…何で?と思ったが、「てんかん」を発症する可能性があるとご存知だったから?!
    短頭種専門の病院に行こう!と考えています。
    4月には狂犬病注射…男の子もいるので、注射が恐いです。
  • 30代 女性 ぶち

    てんかんという病気は飼い主の理解がとても必要な病気かなと感じています。犬が震えてしまうのって正直こわいですよね。わたしの愛犬も一回だけ倒れて震えてしまったことがあります。本当に本当にこわかったです。起き上がってくれた時は涙をながしました。これが日常的に起こるということは大変なことだと思います。飼い主さんたちを応援したいです。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。