犬の脳腫瘍は早期発見がカギ!よくある症状と診断の進め方

119096view

犬の脳腫瘍は早期発見がカギ!よくある症状と診断の進め方

お気に入りに追加

犬の脳腫瘍は飼い主からは気付きにくい症状でもあります。脳は体と心の様々な機能を司るため、実に多岐にわたる臨床症状を示すからです。どの病気でも言えますが、犬の脳腫瘍も初期段階で発見するに越したことはありません。そこで、犬の脳腫瘍の主な症状をご紹介し、その場合の診断の進め方についても解説します。

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の脳腫瘍の臨床症状は気付きにくい!?

犬の脳腫瘍の症状とは

脳は体と心を司る、中枢的な役割を担っている臓器です。犬も人も変わりません。

また体と心のそれぞれの機能は、脳の特定の場所で処理されているため、脳が部分的に障害を受けると、その場所が司っている体、もしくは心の機能も障害を受けます。

犬の脳腫瘍も、人間と同じように脳のあらゆる場所に発生します。

そして脳腫瘍ができる場所によって、犬が障害を受ける機能が異なりますので、犬の脳腫瘍の症状は実に多岐にわたります。
脳腫瘍を初期段階で発見するに越したことはありませんので、下記の症状と愛犬を照らし合わせてみて、少しでも症状がかぶっていたら動物病院で診察してもらい治療の術を聞きましょう。末期症状になるまで放置なんてことは絶対に無いようにしてください。

犬の脳腫瘍の特徴的な症状とは?

犬が脳腫瘍にかかると、下記のような症状がみられることが多く、一つだけ現れることもあれば、複数の所見がみられることもあります。

  • 精神的な変化
  • 目の変化
  • 首の傾きの変化
  • 顔の筋肉の変化
  • 姿勢や歩き方の変化

これらの変化が多く見られるのが犬の脳腫瘍です。では、ひとつひとつの症状を見ていきましょう。

精神的な変化

脳の中でも心を司る場所が障害を受けると、精神的な変化が見られることがあります。

たとえば、急に臆病になった、反応が鈍くなった、怒りっぽくなった、けいれん発作を起こすようになったなど。これと行った理由もなく、愛犬の性格が急に変わってしまった場合は、もしかすると脳腫瘍を患っている可能性があるということを覚えておきましょう。

目の変化

目は実にたくさんの脳神経によってコントロールされているため、脳腫瘍のように脳が障害を受けると、目に症状を持つことが多いです。

眼振(じっとしていても目が揺れている)、視力喪失、斜視(まっすぐ見ていても、目が横や斜めを向いてしまう)、目がくぼんでいるなど。普段から愛犬の顔や目をしっかり見ておくようにして、そういった変化にできるだけ早く気がつくようにしましょう。

首の傾きの変化

脳は体の平衡感覚も司っています。

犬の脳腫瘍がその部位に発生すると、捻転斜頸(首が一定の向きに曲がったままになっている)などを認めます。

顔の筋肉の変化

顔面にある筋肉を司っている部位が犬の脳腫瘍により障害を受けると、筋肉の障害がみられるようになり、片方あるいは両方の顔面の筋肉が下がったように見えたり、頭の筋肉(咬筋といって、噛むための筋肉)が薄くなり、頭のてっぺんの骨が出っ張ったように見えたりします。こちらも普段から愛犬の顔をよくみておくと、比較的気づきやすいかもしれません。

姿勢や歩き方の変化

脳の中でも運動を司る領域に腫瘍が発生すると、後ろ足がふらついたり、一定方向に傾いて歩いたりすることもあります。散歩の時など、歩き方が変ではないかよくみてあげてください。

犬の脳腫瘍の症状は怖い

犬の脳腫瘍は診断がとっても難しい

まずは脳神経の病気なのかどうかを見極める

上記のような臨床症状は、他の病気でも見られることがあり、症状だけで犬の脳腫瘍を診断できることはまれです。
なので、犬の脳腫瘍を診断するときは、体全体をくまなくチェックして、他の病気が隠れていないか十分に調べることも大切なのです。

次に脳神経の病気なら、それが脳神経の中でもどの場所なのかを調べる

もし脳の病気が疑われるのであれば、臨床症状を逆に読んで、その臨床症状の特徴から、ある程度、犬の脳腫瘍の場所を特定することができます。

その脳神経の病気は腫瘍なのかを調べる

さらにその病気が脳の特定の場所に存在するようであれば、それが本当に犬の脳腫瘍なのか、それとも脳炎や脳代謝異常ではないのかを推測します。

犬の脳腫瘍は他の脳炎などに比べて、進行が比較的ゆっくりなので、症状の進み方で見当をつけることもあります。

犬の脳腫瘍の確定診断の方法は?

上記までのステップはどの動物病院でも実施可能です。

しかし本当に犬の脳腫瘍かどうか、脳のどの部位に発生しているのかは、MRI検査や脳脊髄液検査を実施する必要があります。

このMRI検査や脳脊髄液検査は犬を含めペットの場合、どの病院でも実施しているわけではなく、多くは大学病院や大病院で実施されており、全身麻酔も必要で、検査費用も高価なため、そのあたりも踏まえて進める必要があります。

犬の脳腫瘍は進行が遅い

終わりに

上記のように、犬の脳腫瘍の臨床症状は多岐にわたり、一見、「これが犬の脳腫瘍の症状なの?」と思うようなものもあります。

また、犬の脳腫瘍はその他の腫瘍と同じように、そのほとんどが老齢犬で発生するため、中には「ただ年取っただけかな?」と思うような症状しか認められない犬もいます。

さらに犬の脳腫瘍の治療は、まだどこでも実施できるわけではありません。

しかしそれでも一昔前よりは治療も格段に進歩しています。

ただし、治療を行うにも、やはり早期発見が重要です。

少しでも怪しい症状が見られるときは、ぜひかかりつけの獣医師とご相談なさることをお勧めします。

▼犬の病気を症状や病名から調べる▼
犬の病気大辞典!知っておきたい基礎知識

ユーザーのコメント

  • 50代以上 女性 K9-ABC

    以前知人が脳腫瘍を発見した時は、本人はそのつもりでも、一緒にいた人曰く、まっすぐ歩いていなかったそうです。幸い早期発見・早期治療でいまでも元気にお仕事に励んでいらっしゃいます。
    犬の脳腫瘍についての兆候は人間のそれにも当てはまると思いました。愛犬も家族の一員なので人間と同様に、日頃からよく様子を観察して、もし病気の兆候があれば、すぐに獣医師に診てもらうようにしたいです。
  • 20代 女性 モモカ

    記事にみられるような脳神経症状を疑う犬に対しては、まず動物病院で身体検査や脳神経系の検査、さらにCTやMRIなどの画像検査が必要です。画像検査では全身麻酔が必要であり、さらに脳に病変をもっていると、麻酔だけで状態が悪化することもあります。検査にもリスクを伴う、ということですね。
    体に負担をかけないためにも、やはり脳神経系の病気は早期発見が重要だと知って頂けると幸いです。
  • 30代 女性 コメダ

    わんちゃんの脳腫瘍って考えただけでもアタフタします。
    病院でも診断は難しいんですね〜精神的な変化、目の変化、首の傾きの変化、顔の筋肉の変化、姿勢や歩きかたの変化…どれも年を取ったわんちゃんにも見られる変化ですね…
    判断が難しいんですね。何事も早期発見!気をつけて見ていたいですね!
  • 40代 女性 やまと

    2017年 1月12日 愛犬やまとが天国へ旅立ちました。7歳と1か月 脳腫瘍でした。病気が発覚してから、2か月という早さでの死でした。足の震え、急に怒りっぽくなったなど当てはまる症状でした。今思えば。なんでもっと早くに気ずいてあげられなかったんだろう、、、様子が変だと感じかかりつけの病院での診察で、2時間も検査され、結果、膀胱結石という診断。診断後も、悲鳴に似た鳴き声、そして突然の痙攣発作、、、頭が痛かったんだね。ほかの病院でmriをとり脳腫瘍と判明。余命2か月。頭が真っ白になりました。それから自分たちで腫瘍専門の医師を探し治療しました。この先生は非常に熱心で一つひとつの言葉に励まされました。やまともよく頑張ってくれました。最初の獣医はなんにもわからず、とりあえず膀胱結石にしとけばいいやとでも思ってたんですね。本当にくやしいです。こんなことが起こらないよう、みなさんちゃんとした病院を選んで、また愛犬の症状をしっかり観察して早期発見、早期治療してください。涙に暮れる日々です。ずっと私たち家族のそばにいてくれると思ってたのに、、、やまとに会いたい、、、ごめんね、やまと、、、
  • 50代以上 女性 ちーやん

    15歳を目前にし、亡くなったアメコカはクッシング症候群で5年間治療、慢性膵炎 肝臓の数値の異常な高さもありましたが(最終的にはALP17500超え)亡くなる3ヶ月前から フラつき始め 同じ所をグルグル回るなど、1ヶ月後には歩行困難に首の傾きや揺れで水も飲めない 眼球の横揺れ 横になっても勝手に体がねじれるなど、症状も重くなる一方でしたが、検査も出来ない程の衰弱で 最後は痙攣の繰り返し 肝臓も膵臓も限界を超えていたので そのせいかと思ってましたが 黄疸が出てたわけでもなく もしかして脳腫瘍があったのかもしれないと…。気づいてたとしても手の施しようもなかったのですが。
  • 40代 女性 匿名

    15歳のラブラドールです。14歳の時に突然動けなくなりました。眼振もありすぐに病院へ行きました。この時は1週間ほどで回復し、その後軽い痙攣様の症状はあるものの食欲もあり元気に過ごしていました。
    一週間前から再び歩く時にバランスを崩すようになり呼吸も荒く同じ所を回ったり。
    身体の所々に腫瘍があること、ラブラドールは腫瘍ができやすいことから考えて頭の中にもあるんだろうなと、それが原因なんだろうと思います。脳腫瘍の症状のほとんどが当てはまっています。
    排泄しようとよろけながらも庭へ出ようとする姿など見ていてとても辛くなります。
    動物の医療もかなり進歩しているから専門の先生がいる病院へ行けば完治でなくても今より楽になるかもしれない。
    でも高齢のこの子には負担が大きすぎるんじゃないか、負担やストレスが体力を落としてしまう可能性も高いだろうと考えると、どうしてあげることが最善なのか迷ってしまいます。治してあげたいしもっと一緒にいたい、これはわたしのエゴで犬にとって治療は望まないことかもしれない。そんなことを考えると本当にどうしたらいいのか……。胸が痛いです。
  • 50代以上 女性 まじ子

    うちの子の脳腫瘍についてお話しします。
    現在、療養中ラブ14歳の雄です。
    5日前の夜の散歩中、急にふらつきやっと自宅まで帰って来ました。
    その後、水もご飯も食べずウロウロ歩き回りました。
    翌日、すぐに病院に行きました。
    検査をした結果脳腫瘍と診断されました。
    今日まで毎日半日入院しています。
    脳圧を下げる点滴、甲状腺の薬、栄養剤の点滴を朝から夕方まで行っています。
    日に日に麻痺が進行しています。
    今日は歩行器をつけても立てませんし、手も足も出なくなりました。
    寝返りもうてない状況です。
  • 40代 女性 こまの母

    脳腫瘍で愛犬を亡くしました。「巨大腺腫」と言われるものでかなり大きな脳腫瘍でした。何としてでも助けたいという思いで日本でも最高の獣医療を行っていることで有名な獣医院に1か月入院させ、人間と同じ放射線治療を受けさせました。かかった費用は約百万… 。それでも助かるのならという思いでした。遠方の病院でしたのでなかなか会いに行けず、愛犬が淋しさから鉄製の檻を毎晩噛んで、歯がぼろぼろになってしまったことを獣医師から聞いたときは泣けました… 。1か月後退院しましたが、元気だったのも束の間半年後には再発、頭を壁に自分からぶつける、同じところをくるくる回るなど毎日本当に苦しそうで見ていることができませんでした。これ以上、苦しめたくないと思った先の選択は「安楽死」でした。1分、1秒でも苦しめたくなかったのです。苦しめてごめん、最期は、あんなに苦しんだのがウソのように安らかな顔で私の腕の中で天国へ旅立ちました。果たしてあの治療は正しい選択だったのかどうか、お金をかけて、愛犬に淋しい思いをさせて、という思いで私は長く苦しみました 。かかりつけの獣医さんが「あなたの思いはわんちゃんに十分伝わっていますよ」と慰められたとき、初めて救われました… 。
  • 女性 白川

    脳腫瘍は良性でも悪性でも犬の体に悪い働きをします。良性だからと安心はできない病気です。

    脳腫瘍で一番出やすい症状の中でも比較的わかりやすい症状は痙攣だと言われています。食欲減退や異常な過食は、犬の気分でも変わりますし、視力聴力嗅覚の低下なども老化の一種かと思ってしまいがちです。
    腫瘍の場所によっては、発症していてもなんの変化も見られないこともあります。
    痙攣となると、軽い病気ではないことがわかります。動物病院に行く確率も高くなるので発見も早い方ではないかと思われます。

    ゴールデンが特にかかりやすい犬種として報告されています。他にも短頭犬(主にブルドッグ、ボストンテリア)も発症しやすいとされています。発症した犬の年齢が7歳以上である確率も95%以上と、老齢になってからの発症が多く見られます。

    脳腫瘍かどうかを診断するにはMRI検査が必要になりますが、これは全身麻酔を必要とするので、老齢の犬にはとてもリスクが高くなってしまいます。この検査で腫瘍の場所や大きさ、良性悪性かどうか全てわかるわけではないので、老齢の愛犬にかかる負担も大きいです。

    治療方法は、犬が若く手術に耐えられること、手術で取り除ける腫瘍だった場合は外科手術になります。発症しやすい7歳以上が多いことから、手術よりも内服薬を使った化学療法がメインになることが多いようです。化学療法では脳の腫れを抑える抗炎症剤、けいれんに効果のある抗けいれん薬などを組み合わせて処方されます。症状に応じて抗がん剤が出されることもあります。
    放射線治療という方法もありますが、根本的な治療にはならず、腫瘍の進行を遅らせるだけになります。再発率も高く、口内炎や吐き気などの副作用もあります。
    脳腫瘍は原因が不明な病気なので、予防することはとても難しいです。
    ですが、日頃から愛犬の様子をよく観察し、明らかにおかしな症状を発見した時は、早々に獣医さんと相談して早期治療につなげることが大事だと思います。
  • 50代以上 女性 匿名

    4月で15歳になったミニチュワダックスの宝は 3月くらいから慢性腎不全で3日に一度の点滴をしています が 同じ頃くらいか 抱っこしていてピクンと頭が勝手に動いた事から ん? 今のは?と気になりながら時がたつにつれ 頭だけではなく 脚 首 など 少しずつ痙攣が多くなり
    長くて数秒ですが ぼんやりしているときが多く 要求吠えするときなど激しく頭 顔をけいれんさせています 腎臓が悪い為 麻酔での検査はリスクがあるとの事で
    この先がとても心配です この様な場合どうしたらいいのでしょうか
  • 40代 女性 匿名

    脳腫瘍の疑いで 頑張っている
    柴犬 11歳 ♀

    2016年7月に発作が出て てんかんの可能性ありとの事で薬を飲む。
    脳腫瘍の可能性を告げられた。
    2017年7月食欲なく痩せる。
    8.4キロあった体重は 7キロまで減り、顔の筋肉が全くなくなった事から脳腫瘍の可能性が高いだろうと…
    11歳ということあり 全身麻酔を伴う検査、治療は しないで生活の質をあげる方向
    それから 食べたい物を食べ、楽しい事をして過ごす!2017年無事に過ごせました。
    7キロまで落ちた体重は 9.1キロまで
    増やした!よく食べた!

    2018年1月 また 食欲がなくなり
    2日間ご飯を食べず…お肉を口に入れても 出す…頑なに口を開けない。
    血液検査の結果 甲状腺機能低下症

    色んな事が出てくるけど 対処法でしかなく、根本的な解決にはならないけど その時 最善と思う事をやっていきたい!!

  • 50代以上 女性 匿名

    8才、大型犬。脳腫瘍の疑いが濃く、心不全があるためMRIをとるか迷っています。今日、先生と相談をし第二次病院にいくつもりです。愛しい子です。
  • 女性 プー

    この記事を読んで、犬の脳腫瘍はさすがに手術とかないんだろうな、とかMRI高そうだな、医療費はいくらまで出せるかな、とかそんなことを漠然と考えてしまいました。ペットの医療保険に入ってはいますが、高額な治療が必要な病気になった場合、どこで線引きができるか自問してしまいました。人間とは違うから、という理由で諦められるのかしら。どうか愛犬がいつまでも健康でいられますように。
  • 50代以上 女性 匿名

    キャバリアを 飼っていました。最初 あれって感じたのは 痩せ始めて 散歩中 真っ直ぐ 歩かない時が あったり いつも 食べていたご飯も 残したり 頭に触れると 微熱があったり 病院に 連れて行ったけど、少し様子見ましょうと 熱を下げる薬を出してくれました。それから 3〜4日で 全く食べなくて 少しイライラして 丸1日間 与えなくて そうしたら 食べるかなと思って お腹すいている状態と思って ご飯を与えても やっぱり 食べなくて これ おかしいって思って 病院連れて行って 先生は 餌の与え方を 教えてくれました。ご飯を ジューサーで 砕いて 注射器で与えました。段々と 窶れて 痙攣するようになって 立つ事も 厳しくなって 散歩の場所も 歩き易い所まで 抱っこして 連れて行くと 最初は 自分で 頑張って歩こうとする姿が 辛かったです。気分の良い時は 連れて行ってと 小さい声で 鳴くので 連れて行くと 少しだけ 自分で 歩き 疲れると 私の方に倒れ込むように なりました。病院の先生には 頭にできものがあるかも。と 先生に言われて すぐ 癌だなって(;_;)辛かったですけど、最後まで この子と 病気と 戦うつもりでした。食べなくなって 1ヶ月で 天国へと 旅立ちました。9歳でした。元々 心臓も 弱い子でしたので ある程度 覚悟はしていましたが 早かったですね。しばらく 自分を責めました。皆さん 少しでも 変だと思ったら 先生に 見てもらって いろいろな相談して下さい。私は まだまだ 思い出しては 隠れて泣いてます。
  • 50代以上 女性 おかあ

    今年10才になるチワワが突然痙攣を起こし病院でてんかんの診断が出ました、薬を飲んでいても周に二三度発作を起こすので最近違う薬に変えたところ急に大人しくなり足はフラフラで目も焦点が合わずこのまま死んでしまうんでは無いかと心配しています。多分脳腫瘍じゃ無いかと言われました、とても心配です
  • 40代 女性 kokoro

    13歳になったばかりの 2018年9月 突然痙攣を起こし 左回りにグルグル回りだして
    夜間救急に連れて行くと 脳腫瘍と言われました。放射線治療を選択しましたが大きさは殆ど変わらず
    これから抗癌剤治療を勧められました。治療をすごく怖がり悲鳴が中から聞こえたりして緩和治療の方が
    良かったのではないかとか悩んでしまいました。緩和治療ではいずれ薬が効かなくなって来ると言われ
    抗癌治療を受けようと思ってますが 今後 様子をみながら決めて行こうと思ってます。
    放射線治療などでかかった費用は 90万です。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

【教えて!】犬の脳腫瘍について

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。