コンビニの入り口横にジッと座り続けていた犬

コンビニの入り口横にジッと座り続けていた犬

24時間営業のコンビニの入り口付近で、まるで店内で買い物をしている飼い主さんを待っているかのようにジッと座っていた犬のお話です。犬には首輪もリードもついていませんでした。

はてな
Pocket
お気に入り登録

コンビニに通ってきた犬

コンビニ

昨年11月、山口県下関市豊浦町のあるコンビニに、1匹の犬が現れました。

その犬は、まるで店内で買い物をしている飼い主さんを待っているように、入り口横でジッと座っていたそうです。誰もが、飼い主さんを待っている飼い犬だろうと思っていたみたいです。お利巧に待っているんだと。

今日もいる。昨日もいた、一昨日もいた…。同じ場所に同じ座り方で、犬はそこに黙ってジッと座り続けていました。

でも、人々は徐々に気が付きはじめました。その犬は、首輪をしていませんでした…。

捕獲収容

とうとう店の人が動物愛護管理センターに電話しました。犬がいるので捕獲してくださいと。動物愛護管理センターは、保健所です。すぐに職員さんが捕獲に乗り出しました。

犬は唸りながら逃げ回ったそうです。その犬はとうとうセンターに収容されてしまったのです。

収容 私の写真

迷い犬?

迷い犬なのか、野犬なのか、判断がつかない犬でした。

下関動物愛護管理センター譲渡制度登録の愛護団体が、迷い犬として、飼い主さんに情報が届くようにチラシを作って貼って回りましたが、飼い主さんが告示期限までに現れることはありませんでした。

その犬が座り続けていたコンビニで事情を聞いてみたところ、毎日揚げ物を油で揚げ始めたらどこからともなくやってきて、店の入り口横付近に座っていたと言います。

お腹が空いていたのかもしれません。誰かが食べ物をあげていたのかもしれません。

セブン

私たちは、その犬を「セブン」と名付け、センター管理棟で面会を申し出ました。

セブンは、小刻みに震えていました。小さな唸りもありました。職員さんが近付くと必ず唸ると言われました。そういう子は、譲渡対象にはなれません。

でもセブンには、恐怖からの失禁脱糞がありました。それがあるなら、なんとかなる、助けられるかもしれないと私は思いました。

唸る犬

1回目の面会では、移動用のケージを開けて撫でるまでできました。唸る犬のケージの扉を開けるのは勇気が必要です。でも、私たちに時間はそれほど与えられません。

短い面会時間の中で、なんとかその犬に触れて、首輪をつけ抱っこできるまでにならなければ、唸る犬を引き出す交渉は難航します。

だから、イチかバチかで触り、ケージの扉を開けてなんとか首輪をつけるまで、神経を集中させて必死で頑張ります。その犬をなんとかセンターから引き出すために。このままでは、処分になるであろう犬の命を救うために。

2日目

ケージを開け、なんとか首輪をつけてみました。そしてリードを付け、ケージの外に引っ張り出しました。 半ば強引です。助けるためにはたとえ強引でも、時間のない私たちはなんとかしなければならないのです。

そして、私は大きな賭けに出ました。

隅っこに逃げたセブンを、抱きしめました。無我夢中でした。

抱っこ

その次に私がやったことは抱き上げることでした。暴れました。でも、抱き上げました。それからのセブンは、不思議と大人しかったです。

連れて帰りたかった

セブン檻へ 私の写真

その時のセブンはまだ成犬になり切れていない子犬でした。

抱っこしたまま、連れて帰りたい衝動にかられました。でも、それはできませんでした。センターの規則と手順があります。移動用のケージに戻さなければなりませんでした。

最初はあんなにケージから出るのを嫌がってたのに、戻そうとすると、抵抗しました。ケージにもう二度と入りたくはないというような抵抗でした。

でも、私はセブンをケージに入れなければならなかったです。胸が締め付けられる思いでした。「大丈夫、すぐに迎えに来るからね!必ずあなたは私が助けるから!待っててね!」そう声をかけて、後ろ髪ひかれる思いでセンター管理棟を後にしました。

成犬へ

それからセンターといろいろあって、セブンを引き出すことがずっとできませんでした。ようやく引き出せたのは、年が変わった3月8日のことでした。

約3カ月ぶりに再会したセブンは、すっかり成犬になっていました。でも、覚えてくれていました。再び抱っこすることができました。

最後に

セブンは、その後、私の家で人馴れ訓練を行っています。私の部屋で寝起きを共にしながらも、まだ私にしかなついていない状況です。センター管理棟ではつけられていた首輪もリードも、今はつけられない状態です。 触れるけど、抱っこはなかなか難しい状態です。自我が出て、抵抗するようになったのです。

一緒のベッドに寝るのに、首輪をつけようとすると、抵抗して逃げ回ります。抱っこしようとすると、逃げてしまいます。まだまだ時間がかかりそうです。

セブンと一緒にお散歩に行く日を夢見て、そしてセブンを優しい里親様につなぐ日がいつか来ると信じて、私はこの命の活動を今日もつづけています。

セブン我が家で 私の写真
はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 ゆずまま

    私も先日セブンに夜になるとやってきてガラスについた虫を食べにくる猫がいるときき可哀想だなと思ってました 友達はこのままだと保健所に通報すると言われ捕獲機で捕獲し保護しました 難航すると思われた捕獲もお腹がとてもすいてたようで唐揚げですぐ捕まったそうです 真っ白な猫なのですが当時はガリガリで薄汚れて綺麗な猫とはいえませんでした 友達は他にも沢山の犬猫を保護して満員状態です 動物好きの私に相談されたので私が飼うことになりました 我が家も大型犬小型犬猫4匹と大所帯です・・が彼は今までの苦しい環境に比べればと思ったのか最初からおとなしくいつもテラスの棚の上から外を一日眺めています 私にできることはこれから野良ネコがいなくなること 避妊去勢を徹底して野良犬野良ネコをなくすことです それには個人だけの力では限界があり協力してくださる皆さんと頑張っていけたらと心から思ってます ちなみにシロはブルーアイの美しい猫でした 拾ったときは皮膚病、目も潰れててわからなかったそうです これからはのんびりと日々を暮らさせてあげたいなと思っています どうか一人でも多くの人が保健所で処分されるまるでゴミのように処分される罪のない命に目を向け自分にできる何かを考えてくださることを祈っています
  • 投稿者

    50代以上 女性 大吉

    リード=イコール=散歩=楽しいが一日も早くセットになって、イメージできるようになればいいですね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。