救出劇:交通事故に遭った母犬には寄り添う仔犬がいた!

救出劇:交通事故に遭った母犬には寄り添う仔犬がいた!

仔犬を連れた母犬が車に跳ねられてしまい、動けなくなってしまいました。もし母犬が死んでしまったら、仔犬はひとり取り残されてしまいます。目撃した若い兵士は、助けを求めました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

交通事故のあった母犬

通報

地元で犬が車に跳ねられたと、若い男性兵士から救助を要請するメッセージが入りました。

交通事故が起きたのは2日前。そのせいで母犬は動けなくなりました。

もしも、母犬が死んでしまったら、仔犬が取り残されてしまいます。

彼は、母犬が苦しんでいるのを黙ってみていられませんでした。

不安

救助者はこの母子を助けるために、3時間以上車を走らせました。

駆け付けたのは事故から3日目のことでした。

母犬の首は不自然に曲がり、後ろ足が固くなっているなど状態が悪かったので病院までの長旅の移動に彼女が耐えられるか不安でした。

希望

2匹は無事、動物病院に到着しました。

長旅でしたが、2匹とも問題ありませんでした。

母犬は仔犬が一緒にいることで安心していたようでした。

笑顔

検査の結果、脳に水が溜まってむくみ、肝臓の数値もよくありませんでした。でも彼女はきっと良くなる!救助者はそう確信していました。

母犬はだんだん良くなっていました。尻尾を振るようになりました。
そして仔犬の傍にはって行く事ができるようになりました。

回復

2回目のX線検査では、首の椎骨は正常であり、脱臼していないことが判明しました。

3日目には、母犬は歩けるようになりました。

仔犬は相変わらず母犬に寄り添って遊んでいました。

母犬の首の傾きは、首の骨が折れていたのではなく、神経によって引き起こされたものでした。

最後に

母犬は『ポー』と命名されました。

ポーが走るのを見るのはとても嬉しいです。

どうやら彼女が走るのは、仔犬を他の犬から守るためみたいです。

母の愛は強し…ですね!

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 ふくママ

    虐待のニュースが多いなか、こういうお話しは心が温まります。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。