保護犬が女の子の涙をぬぐうわけは?

保護犬が女の子の涙をぬぐうわけは?

1人の女の子と1匹の犬が出会いました。女の子の家族は、その犬を保護して、里親探しを行いました。でも、すでに女の子とその犬には深い絆ができていたみたいです。

はてな
Pocket
お気に入り登録

保護犬と女の子

出会い

”キングコング”は、通りで出会った保護犬でした。

それは運命の出会いでした。

保護

保護主さんは、そのままキングコングを通りに放置することができず、里親さんが見つかるまで保護しようと考え、家に連れて帰りました。

最後の日

そしてその日がついに来ました。

キングコングに、里親様が決まったのです。

キングコングと過ごす最後の日が来ました。

贈り物

女の子は、キングコングが寒くないようにと、服をプレゼントしました。

「あなたがしあわせなら、私もしあわせ。愛しているよ、キングコング。」

里親

キングコングを里親宅に連れて行きました。

「キングコングをよろしくお願いします。」

別れ

キングコングは後追いしようとしました。

女の子は、車の中で泣きました。

別れは双方にとって辛いものとなりました。

サプライズ

その後、誰かが女の子を訪ねてきました。

キングコングが戻ってきたのです!

嬉しくて号泣する女の子に「泣かないで」と言うように、キングコングは彼女の涙をなめ取っていました。

最後に

里親様の判断で、キングコングは女の子に返すべきだと思われたそうです。
今は、キングコングも女の子も幸せそうに過ごしています。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。