犬の熱中症対策グッズ!散歩を安全にするために

【獣医師監修】犬の熱中症対策グッズ!散歩を安全にするために

暑い時期のお散歩では、人間だけでなくワンちゃんも熱中症になる危険性があります。いろいろなグッズを上手に利用して、ワンちゃんを熱中症から守りましょう。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

犬に熱中症対策が必要なわけ

写真の説明暑さでダウン

犬は体高が低く、人間よりも地面までの距離が短いために、地面からの輻射熱の影響も大きくなります。特にアスファルトの路面の場合、夏には夕方になっても、表面温度が50度になることもあるそうです。

さらに、地上30センチ付近は、輻射熱の影響で、気温もさらに高くなる傾向があります。

ただでさえ、人間よりも体温の高い犬にとって、暑い季節や湿度の高い季節の散歩中は、熱中症に十分気をつける必要があるのです。

また、犬は、人間のように汗をかくことで、体温を調節することはできません。犬が人間のように汗をかくのは、唯一、足の裏のみです。

ですから、アスファルトなど温度の高い路面を歩くことで、より熱中症の危険性が高まるだけでなく、場合によっては、足裏にやけどをすることにもなってしまうのです。

散歩中の熱中症対策に使える家庭にある身近な物

散歩中の熱中症対策には、意外と身近なものを活用することができます。

まずは、お散歩には、水の入ったペットボトルを持っていくのがおすすめです。

暑い季節、散歩中の水分補給は欠かせないので、ペットボトルだけでなく、プラスチックの空き容器など、水入れ代りになるものを持っていくのも忘れずにしましょう。

また、直射日光が照りつけると、犬の体は、触って熱いと感じるくらい、表面温度が高くなるものです。

全身、毛に覆われているので、犬自身はもっと暑いと感じているはずです。そのような時にも、ペットボトルに水を入れたものを持っていけば、飲み水としてだけでなく、なにかと活躍します。

例えば、ペットボトルの水の他に、タオルも準備しておき、濡れタオルで全身を拭いてあげれば、犬はかなり涼しく感じるはずです。

なかには、少しでも犬が涼しいようにと、毛を短くカットする場合もあるかもしれません。たしかに、短くすることにより、通気性もよくなり、見た目にも涼しそうですので、有効な手段といえます。

けれども、毛には、日陰を作る効果や、紫外線から地肌を守る働きもあるので、地肌が見えるほど短くカットしてしまうのは注意が必要です。

また、暑い時期や湿度が高い時期には、ブラッシングを念入りにすることで、抜け毛が減って通気性がよくなるだけでなく、皮膚のトラブルを避けることもできるので、特に、お散歩中に濡れタオルで拭いてあげた場合には、お散歩から帰ってきてから、ブラッシングして、地肌がじめじめした状態にならないように、気をつけてあげることが大切です。

散歩中に熱中症から犬の身を守るグッズ

写真の説明便利なもの

犬を熱中症から守るためのグッズとして、たくさんの種類のグッズが売られています。夏用の洋服や、靴など。

見た目も涼しそうで、通気性に優れたもの、人間用でも最近人気を得ているような、水を含ませることによって、涼感を得られるタイプのものなど。

これらのグッズを利用するときに、考えなくてはならないのは、人間と犬との違いです。

人間から見た感覚だけで、選んでしまうと、犬にとって本当に効果があるのか、むしろ逆効果である可能性もあるからです。

たとえば、毛が黒い犬に、黒は暑いからといって、白い服を着せたとします。

確かに、白色のほうが日光を反射し、涼しいといわれていますが、それで効果があるのは、帽子など、あくまでも人間に対してのこと。犬の場合は、暑ければ自然に毛が逆立つようにできています。

ところが、そこに服を着せてしまうと、その毛が寝てしまい、空気の通りを遮ってしまうことになるのです。

さらに、服を一枚着ることによって、空気の層ができてしまい、よけいに熱がこもってしまう場合もあるのです。

その服の素材が、よく考えられた通気性のあるものなら、熱中症対策として、有効なグッズといえるでしょう。

ですが、犬は言葉を話すことができませんから、人間がよく観察する必要があります。

また、水で濡らして、ヒンヤリ感を得るタイプの服の場合、人間には良いかもしれませんが、全身を毛で覆われている犬が、長時間、湿った服を身に着けるという状況は、犬には良いこととはいえないかもしれません。

高温多湿の環境は、皮膚の病気を起こしやすくなるからです。

服ではなく、首に巻くヒンヤリしたバンダナタイプの商品も多く販売されているので、そのような小物を利用してみるのも良いかもしれませんね。

買って良かったと思う熱中症対策のグッズ

暑い時間帯には、できるだけ外出を控えるのが一番なのですが、旅行中の「おトイレタイム」など、どうしても散歩に出る必要がある場合もあります。

そのような場合は、できるだけ短時間で、気分転換させてあげたいですね。

買って良かったと思う、我が家で大活躍しているグッズは、水筒と受け皿が一体になったタイプのものです。

水を直接、受け皿に流しこむことができるので、手早く水分補給することができますし、コンパクトに収納できて、肩からぶら下げることもできるので、お散歩中もじゃまになりません。

受け皿が水筒にあわせて細長い形状で、通常の水入れの容器と比べて、量もそれほど溜められないので、我が家の犬は、はじめは飲んでくれませんでした。

でも、何回かチャレンジするうちに、慣れてきて、上手に飲んでくれるようになりました。

また、我が家の犬は、今年で15歳になり、まだまだ元気ではいるものの、蒸し暑い季節は心配です。

犬は、冬の寒さよりも、夏の暑さに弱いといわれていますので、もし、夏の暑い時間帯に、散歩させる必要ができたらどうしよう、と心配しています。

老犬の場合、おトイレのときは仕方がないですが、長時間、歩いて移動する場合、我が家に便利なグッズがあったことを思い出しました。それは、ペット用のカートです。

本来は、電車で移動する際に購入した、まるでベビーカーのようなもので、実際に、うちの子が乗ってみたこともあります。

ベビーカーと異なるのは、犬が飛び出さないように、前面、側面をファスナー付きのメッシュ素材の布で閉めることができるという点です。

最近は、電車に乗る機会が減っていたので、犬用としてではなく、ショッピングカートとして利用していました。

でも、もう少し足腰が弱ってきたら、このカートに乗せるのもいいかな、と思っています。シェードがついているし、床部にペット用のヒンヤリマットを敷いておけば、ばっちりかもしれません。

抱っこでは人間と密着する分、お互いに暑いでしょうし、お互い疲れてしまうでしょう。

お散歩をさせながらでも、時々カートを利用して、地面から少しでも高い場所で休ませてあげると、老犬の負担も減るかと思われます。

まとめ

写真の説明愛犬を守りましょう

暑さに弱い犬にとって、熱中症対策は、犬の命にかかわる、とても大切なことです。飼い主は、人間と犬との違いをよく理解して、適切な対策をとる必要があります。

なにより、どうしても必要な場合をのぞいて、炎天下でのお散歩は避けるべきでしょう。どうしても必要な場合には、十分な水分補給と、急激な体温上昇を防ぐように気をつけましょう。

なるべく、アスファルトの路面ではなく、土や草に覆われた場所を歩いたり、日陰の場所を選ぶようにしましょう。

首もとを冷やすタイプのバンダナや、便利なグッズを利用してみるのもおすすめですが、過信せずに、本当に効果的なのか、また、実際の犬の様子を、気をつけて観察することが大切です。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。