ドッグラン利用時に気を付けたい4つのポイント

ドッグラン利用時に気を付けたい4つのポイント

最近は、ドッグランの数も増えてきましたね。使い方次第では、楽しい場所ですが、きちんと自分の家のワンコの安全を確保出来ないと、危険な場所になりかねません。うちで、ドッグランを使う時に気をつけている点をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ドッグランで遊ぶ犬

初めて、ドッグランデビューを果たす時、期待と不安でドキドキしますよね。

リードに繋がれていない犬達が、仲良く追いかけっこをしたり、自由に走り回る姿を想像するとワクワクします。

是非、自分の家のワンコも、そんな風に遊ばせてあげたい、と思ってドッグランにやって来る飼い主さんもいらっしゃると思います。

でも、きちんとルールを守って自分のワンコの安全を確保してあげて下さいね。

ドッグラン利用時に気を付けたい4つのポイント

ドッグランには、大きさも性格も違う様々な犬がやって来ると考えましょう。

まず、そのドッグランが、安全な場所なのかどうかを、飼い主が見極めましょう。

①始めのうちは、管理人がいて目を配っているドッグランを使う様にする。

無料のドッグランや、責任者が常駐していないドッグランはルールが守られていなかったりする場合が見受けられます。

ドッグランに慣れないうちは、避けた方が無難です。

②ドッグランが安全な状態かどうか、確認してから入場する。

ドッグランのフェンスの外から、現在どんな犬達が遊んでいるかを見ます。

それらの犬の飼い主が、きちんと犬を見ているか、コントロール出来ているかは、大事なポイントです。

犬が離れたまま飼い主らしき人が近くに見当たらなかったり、スマホやお喋りに夢中になっているような飼い主だと、犬同士のトラブルが起きた時に気づきません。

フェンス越しの犬

③入場する時に一声かける

「今から入場しますが、いいですか?」と中の飼い主達に声をかけておくと良いです。

先に遊んでいた犬達は、たいてい新しい犬の登場に興奮しますので、どっと押し寄せて来る可能性があるからです。

新しい入場者に対して興奮しやすい犬の飼い主は、犬同士の相性が良いか悪いかを判断出来るまで自分の犬をリードに繋いだりする判断のきっかけになると思います。

④犬の大きさ別に分かれたドッグランを使用するようにする

我が家は、大中小様々な大きさの犬を多頭飼いしていますので、小型犬も大型犬も異なる大きさの犬に慣れており、怪我のないようお互い遊ぶ事が出来ます。

しかし、大抵の場合、身体の大きさの違いに慣れていない犬の方が多いですから、全犬種用のドッグランよりは、大きさ別に分かれたところを使われた方が良いと思います。

ドッグランで遊ぶ犬

以上、ドッグランを楽しむための4つのポイントでした!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。