後ろ足が麻痺した犬が繋がれたまま遺棄されていました...

後ろ足が麻痺した犬が繋がれたまま遺棄されていました...

犬のそばには食べ物も飲み物もなく、彼女の名前と年齢、そして説明書きのノートだけが残されていました。

はてな
Pocket
お気に入り登録

遺棄された犬には障がいがありました

遺棄

ルニータと名付けられた足が麻痺した犬は、通りに鎖でつながれた状態で捨てられていました。

彼女のそばには、彼女の名前、年齢、そして説明書きが置いてありました。

発見

彼女の飼い主は、もう彼女のお世話ができないと書かれていました。

彼女のそばには食べ物も水も何も置かれていませんでした。

不幸中の幸い、彼女のことをトリミングサロンの従業員が発見し、動物救済組織の”LUBA Salta”に通報しました。

医療

救援者がルニータのところに駆けつけて彼女の状態を一目見ただけで、緊急に医療が必要であると判断しました。

ルニータはすぐに動物病院に連れて行かれ、適切な医療を受けました。

車いす

そしてルニータに適切な車いすを提供しました。

里親探し

ルニータはシェルターに収容された後、一時預かりさんの家に移動しました。

ボランティアはフェイスブックにルニータのことを掲載し、里親探しをしました。

幸せ

かなり時間がかかりましたが、最終的にルニータに幸せを提供してくれる里親さんが現れました。

ルニータはすぐに新しい家族になじみ、新しい車いすで走り回っているそうです。

ルニータは、先住犬と外で走り回るのが大好きです。

飼い主さん家族からたくさんの愛を受けています。

急変

しかし、彼女の幸せは長く続きませんでした。

11歳の誕生日を祝ってもらってから1カ月後、病気になり集中治療室に運ばれました。

残念ながらその直後に、彼女は虹の橋へと旅立って逝きました。

最後に

でも、ルニータの最期となった年は、彼女にとって最高の月日だったと思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。