犬の貧血の症状や原因、治療と対処から改善方法まで

犬の貧血の症状や原因、治療と対処から改善方法まで

お気に入りに追加

犬が突然ふらふらして動かなくなり、慌てた経験を持つ飼い主さんもいると思います。そんな時、犬は貧血を起こしているかもしれません。犬の貧血は、大きな病気の可能性があるので軽視できない症状です。そのため、犬の貧血が日常生活で改善できるものなのか、病気が原因なのかといった判断が必要となります。犬の貧血は飼い主さんが原因を知ることにより防ぐことも可能です。犬の症状や原因、治療と対処から改善方法などをご紹介します。

87310view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の貧血とは

眠るバセットハウンド

貧血とは、血液中の赤血球の数値や、赤血球に含まれるヘモグロビンの数値が減少する状態を言います。ヘモグロビンは身体中に酸素を運ぶため、減少すると体内は酸素不足となり犬は貧血を起こします。犬の貧血は、さまざまな疾患が原因となって起きている可能性があり、ただの貧血と安易に放置しておくのは大変危険です。

犬が貧血を起こしたときの症状

横たわり診察を受ける犬

  • 結膜や舌、歯茎の色が白っぽくなる
  • 足元がふらついている
  • 立ち上がりが遅い
  • 食欲がなくなった
  • 疲れやすく散歩を嫌がる
  • 階段の上り下りが辛そう
  • 息切れして、歩くペースが遅い
  • 手足が冷えている
  • 元気がなく、動くのを嫌がる
  • 水を頻繁に飲む
  • 血尿、黄疸が出る

このように、犬が貧血を起こした時には、さまざまな症状が現れます。他の病気と区別しにくい症状が多いですが、いくつか当てはまる場合は貧血を疑ってみましょう。

特に貧血の目安となるのが歯茎の色です。犬が健康な状態であれば歯茎の色は明るいピンク色をしています。しかし、歯茎が白っぽい場合は貧血の可能性が高いです。また、血尿や黄疸が見られた場合は、大きな病気の可能性があるので注意しましょう。

犬が貧血を起こす原因

犬の白黒写真

病気による貧血

犬の貧血は、重度の病気のサインの可能性があるので注意が必要です。貧血から発見される犬の病気は、骨髄系の病気(白血病など)のほか、免疫機能に異常がある病気(免疫介在性溶血性貧血など)が多く見られます。

免疫介在性溶血性貧血

犬が免疫介在性溶血性貧血を発症した場合、1年後の死亡率が非常に高くなります。特に小〜中型犬はかかりやす傾向にあり、その中でも発症率が高い犬に、マルチーズ、プードル、シー・ズー、コッカー・スパニエルなどの犬種が挙げられます。また、免疫介在性溶血性貧血はメスの発症例がオスの4〜6倍と大変多いのが特徴的な病気です。

中毒症状による貧血

ネギや玉ねぎ、ニラなどに含まれている「アリルプロピルジスルファイド」という成分は、犬にとっては非常に有害な成分です。これが体内に入った場合、中毒症状として貧血を起こすことがあります。  

感染による貧血

代表的な感染病として「犬バベシア病」が考えられます。犬バベシア病は「バベシア」という血液中に生息するごく小さな寄生虫がマダニの吸血によって犬の体内に入り、赤血球を破壊しながら増殖するため、犬の貧血を引き起こします。

その他に考えられる貧血の原因

外傷による出血多量の場合や、メスの生理期間中にも貧血は起こります。また、親犬が貧血だった場合は、遺伝的に子も貧血になりやすい傾向があります。

犬が急に貧血を起こしたときの対処法 

眠るビーグル

突然犬が貧血を起こして倒れてしまったら、飼い主さんも動揺してどうしたらよいかわからなくなることもあると思います。慌ててしまうかもしれませんが、いざという時の対処の仕方を覚えておくと安心です。犬が貧血で急に倒れた場合は、次の対処を応急処置として行いましょう。

犬の意識と呼吸の確認をする

犬が楽になるように、首や頭を伸ばし、呼吸しやすい姿勢にしてください。また、犬に洋服を着せている場合は、可能な限り緩めてあげましょう。犬の名前を呼んで、呼び声に反応するかを見てください。その時、犬の表情や尻尾を振るなどの反応を確認します。この際、むやみに胸やお腹を押さえたりしてはいけません。犬自身も倒れたことにびっくりしているので、パニックを起こして噛みついたりする危険もあるからです。また、暴れることでより貧血を悪化させてしまうこともあります。呼吸は荒い呼吸か、浅い呼吸か、呼吸音はどうかなどの様子を見てください。呼吸の仕方により、考えられる病気が絞りやすくなる可能性もあります。

病院へ連れて行く

ただの貧血だと思って、自宅で様子を見るという自己判断は犬の命取りになることもあります。軽度な貧血症状ですぐに回復したように見えても、同じような症状が再び現れることも珍しくありません。犬が貧血を起こした場合、病院へ必ず連れて行き、獣医さんの診断を仰ぎましょう。その際に、倒れた時の意識の状態や呼吸の状態を伝えると、獣医さんも症状を把握しやすくなります。また、病院へ連れて行く際は大きなバスタオルなどで包んであげると、犬の体温の低下を防ぐとともに犬が安心する効果があります。

犬が貧血を起こした時の治療法

診察を受けるパグ

犬が貧血を起こした場合、病院での治療は症状や診断によりさまざまですが、主に次のような治療をしてもらうことが多いようです。

酸素吸入

犬が倒れた場合、呼吸が浅くなり体内に酸素が回らない状態が起きています。そこで、空気中の酸素よりも濃度の高い酸素を人工的に吸入させてあげることで、低酸素状態を緩和させます。また、不要となった二酸化炭素を体外に放出することで呼吸も楽になり、症状が落ち着きやすくなります。

点滴・輸血

玉ねぎなどによる中毒が原因だとわかっている場合などは、有害物質の排泄を促す点滴治療などを行います。また貧血症状が重度な時は輸血が必要となることもあるでしょう。輸血後は拒否反応が出ることも考えられるので、経過観察と安静が必要です。そのため、輸血した日は病院に一泊し様子を見ることもあります。

投薬

貧血の原因が特定できたら、主に薬によって貧血症状を改善させていきます。貧血の薬は長く飲み続ける可能性が高いので、貧血の治療薬に対する不安点や疑問点、副作用の有無などを飼い主さんがきちんと理解し、納得して処方してもらうことが大切です。

犬の貧血を改善する方法

餌を食べる犬

犬の貧血は病院での治療の他にも、飼い主さんが自宅でできる改善方法がいくつかあります。

適度な運動とスキンシップ

日頃からの運動で体力をつけることは、人間と同じく犬にとっても大切なことです。散歩や運動を毎日させてあげることで、犬の健康維持にも役立ちます。また、犬の運動を兼ねながら、飼い主さんとスキンシップを取ることも非常に重要です。スキンシップをしながら、犬の身体の変化や日常の様子を注意深く観察していきましょう。

鉄分を多く含む食事

普段の食事から貧血防止となる鉄分を積極的に取り入れましょう。貧血にいい食べ物として代表的な食べ物はレバーです。レバーは鶏より豚の方が貧血に効果的な鉄分がより多く含まれています。また、ブロッコリーやキャベツは鉄分の吸収を助けるビタミンCが多く含まれているので、レバーと一緒に食べさせてあげることで、より犬の貧血の改善効果に繋がります。さらに、食事とは別におやつとして貧血にいい食べ物をこまめに与えるとより一層貧血改善に効果的です。鉄分を積極的に取れるよう犬が食べやすいレシピを考えてみましょう。

ドッグフードを変える

栄養のバランスが考えられたドッグフードは、犬の健康維持に大変有効的です。近年は貧血に特化したドッグフードやサプリメントも多く出回っています。犬の好みの味や、食感のドッグフードを探して、継続的に与えることで貧血を改善していくことが可能です。

まとめ

走るポメラニアン

犬の貧血は直接的に命を落とす病気ではないかもしれませんが、そこに大きな別の病気が隠れている可能性があります。飼い主さんが犬の貧血を安易に考え、病気に気づくのが遅れたり放置したりすることで、大切な家族の一員を失うことにも繋がりかねません。

貧血は家庭内での生活を見直すことで、症状を改善し予防することも可能です。また、検診を受けることにより、発見を早め、軽度の貧血段階から治療を行うことができます。獣医さんと相談しながら、まずは家庭内でしっかり貧血を予防をし、大切な家族である犬の健康を維持していきましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 レディシーズー

    こちらの記事を拝見して、一言で「犬の貧血」と言っても原因が様々で、特定するのも簡単じゃない事がよく分かりました。先だって我が家の犬が正しく「貧血」と診断され、どのタイプか今検査中です。なかなか判定が出ない事に焦りの様なイライラをつのらせていましたが、正しく判定しないと治療がしにくい事もよく分かります。ここはお医者さんの判定を待って確実に治療にしたいと思います。※普段のチェックも大事ですね(^^;
  • 投稿者

    女性 ポンナナ

    我が家の愛犬(フレンチブンドッグ11歳)突然、食欲が無くなり、調べたら、貧血。その他の値は全て正常でしたが、1週間後、立ち上がれなくなり、レントゲンとエコーで、脾臓に何かありそうとなり、緊急手術。犬に貧血が有ることも、脾臓という臓器の事も知らなかったのですが、1日手術が遅かったら、命は無かったと医師から説明を受けました。病理検査の結果、肉腫(悪性の癌)でした。余命宣告を受けながらも抜糸迄こぎつけました。毎日、大好きと伝えています。
  • 投稿者

    40代 女性 えみ

    シーズーとマルチーズのミックス犬です。鼠径ヘルニアを持っています。5月まで1時間も散歩できていたのですが、最近は10分程度で疲れやすく呼吸も荒いです。検査料金が知りたいです
  • 投稿者

    女性 匿名

    コーギー♂推定11歳、3月に呼吸が早く歯茎が若干白くなり、5月初め、3つ目の病院でその日に非再生性免疫介在性貧血か赤芽球癆と診断、輸血を受けました。現在輸血2回、毎日免疫抑制剤とステロイドと抗生剤を飲んでいます。病院はこの病気に詳しく設備が整っているところをお勧めします。検査料金は病院によりますが、それよりも毎日飲ませる免疫抑制剤がお高いです。一応、うちのコは初日輸血をしたので、院内の血球検査と細胞診、外注の血液塗抹検査と薬代7日分を含み約7万円でした。現在週1回通院中で、血球検査と薬代で約15000円ほどかかっています。
  • 投稿者

    30代 女性 さくら

    うちの犬はマルチーズです。トリミングに行って帰ってきたら、身体中の皮下血腫。ビックリして病院につれていきました。介在性血小板減少症で、ステロイド内服中。でも、一時的に血小板が増えても、ステロイドを減らすと血小板が増えません。 。心配です…
  • 投稿者

    女性 サビコ

    私の愛娘だったシベリアンハスキーのサビィが4才の時に、温かい日に外で顔を見ていると何かがおかしい?なんだろう?と見つめていると、いつもは大きい耳の中はピンク色なのに真っ白!
    驚いて口の中を見ると歯茎も真っ白!まるで血が通っていないような、貧血なの?
    異常な事態ですぐに獣医に診せると病名は「再生不良性貧血」。自分の白血球が赤血球をウイルスと勘違いし攻撃をしかけ血液中の赤血球が激減してしまい重度の貧血状態に。
    医師には「覚悟してください」と言われ、待合室でワンワン泣きました。
    幸運にも医師が素晴らしい方で「絶対助けますから」と言って頂き、本当に助けて下さいました。
    治療は週に1度の血液検査と薬の名前は忘れましたが投薬で、4ヶ月程で血液はなんとか正常な数値になりました。
    その後3年程して再発した時は、女の子なので1度数値が落ち着いても、生理がきて出血した時に 亡くなる可能性が高いということで避妊手術をしました。
    2度も命の危機にさらされながらも14才4ヶ月生き抜いてくれました!
    今は虹の橋のたもとで私が来るのを待ってくれていると思います。
  • 投稿者

    40代 女性 かえで

     今飼っている、わんちゃんが貧血で倒れたことがあります。
     ある日に、お鍋で煮た白菜と豚肉を与えていた数時間後に、吐くし、ふらふらしているしで、おかしいなと思い、原因を考えてると、さっきのお鍋でネギを一緒に煮ていたことに気がつきました!
    少量でしたが、体が小さいために中毒を起こしたのかもと思い、すぐに、獣医さんに診ていただきましたら、やはりネギ中毒でした。
    すぐに、注射と点滴治療が始まりました。歯茎が白っぽくなっていたので、貧血を起こしていました。
    すごく、反省しました。気を付けなければいけないのに、申し訳ない!とわんちゃんに謝りながら治療を見守りました。
    一晩入院して様子を見ていただきました。
     退院してから二日目には元通り元気になり、走り回っていました。
    ひやりとした出来事でした!
     中毒は何種類かあるので、普段から、気を付けてやらなければなりませんね。
    かえでの投稿画像
  • 投稿者

    50代以上 女性 やねん

    今、まさに我が家のMDが貧血状態です。
    実は1月の末に様子が変だったので獣医に行きました。
    そこで「溶解性貧血症」だと診断されてしばらく通院しましたが
    2月10日にとても様子が変になりその獣医に行ったら
    「次の日まで存命なら日曜日でも見ると」言われました。
    そしてその日だんだん様子がおかしくなり
    夜に救急センターに連れて行ったら
    肝臓に腫瘍が複数出来ていてそれが破裂して極度の貧血状態と診断されました。
    担当医にこのまま緩和ケアで終わらすか
    望みは少ないが輸血をするかと言われました。
    私は、少しでも希望があるならと、輸血を頼みました。
    そして、普通なら副作用の検査をするのですがその時間さえ間に合わないほどの重篤だったので先生の判断ですぐ輸血を始めました。
    幸いな事に副反応もなく何とか存命しました。
    何とか改善になりそうだったのですが
    2月21日にまた出血していまいました。
    その時にもう駄目かと思いましたが
    今回も何とか乗り切ってくれました。
    ですが、今酷い貧血状態が続いています。
    自らごはんを食べようとはしないので今はシリンダーで食べさせています。
    臓器もあまり良い状態ではありません。
    今は違う獣医に通っていますがそこでは
    点滴と止血剤と抗生物質を投与されるだけです。
    このままでいいのでしょうか。
    何か良いアドバイスがあれば教えてください。
    ツイッターかアメブロで「やねん」で書いてます
  • 投稿者

    20代 女性 さお

    お盆に実家に帰った時、クッキー♂チョコ♂(シーズー)がいるのですが、久々に見たら、クッキーは普通、チョコが明らかな痩せ方、ガリガリになっていまして、最初夏バテで、痩せてるのかなとも思いましたが、明らかに病的な痩せ方だなーと気づきました。14歳で高齢です。それもあるのかなと思いましたが、今日母が動物病院に連れていき、見てもらったら「貧血」とのことを聞き、えー!となりました。病院で預かるとのこと。犬の貧血も、早めに気づいてあげないと生命に関わりますね。離れて暮らしてますが、心配で心配で。。なにもしてあげれないのが残念な気持ちです。どうしたら良いですかね?14歳でも、貧血は治り元気になりますかね?
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

【教えて!】犬の貧血について

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。