道端に遺棄された生後間もない子犬~幸せになるまでの記録

道端に遺棄された生後間もない子犬~幸せになるまでの記録

お気に入りに追加

生まれて間もない子犬が道端に捨てられていました。生きれるかどうかわからない状態で保護されました。その結果…

2316view

生まれてすぐに遺棄された子犬

遺棄

歩道の隅に、生後間もない子犬が1匹捨てられていました。

生まれたての子犬

彼はとても小さくて、体重はわずか160gしかありませんでした。

多分、その日生まれたばかりではないかと思われます。

リスク

生まれたての子犬はうまく成長できるかどうかわかりません。

目もまだ見えず、耳もまだ聞こえず、歯ももちろんありません。

体温調節も自分ではまだできません。

成長

生後1週間目は、殆どの時間を寝て過ごします。

生後3週間目、ぬいぐるみを好むようになりました。

生後7週間目。名前は”ジョイ”。

グッド・ニュース

クリスマスまで2週間と迫ったところ、嬉しいニュースが届きました。

オランダの家族が、ジョイのことを気に入ってくれ、里親になってくれることになりました。

彼らはジョイに会う日をとても楽しみにしてくれました。

お迎え

里親希望の家族は、オランダから車で迎えに来てくれることになりました。

ジョイが保護されているのは、ルーマニアでした。

それで保護団体は、オーストリアのウィーンまでジョイを連れて行き、そこで里親家族と会うことになりました。

ジョイの里親家族は往復で約2,500㎞もドライブすることになります。

一緒に

ジョイの大好きだったおもちゃも一緒に、里親宅に移動しました。

そして

これは、成長できるかどうかもわからない生後間もない子犬が、幸せを掴むまでの動画です。

最後に

もしも発見されて保護されていなければ、その日のうちに息絶えていた小さな命は、優しい人の手によって救われ無事成長できました。

命を救うということは、無理をしなければ救えません。

どうか救ってください!助けて下さい!お願いします!と言う事は誰にでもできます。

でも、実際、救う事が出来る人は限られています…

あなたもその1歩を踏み出す勇気をもって下さい。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 男性 匿名

    とある保護団体の人によると、独身の男性は犬を飼う資格が無いんだそうです。年収の証明を求められたり、転勤が無いことを確約しろといってきたり、プライバシーの侵害も甚だしいですね。人の人生に影響がありそうなことを当たり前に要求できる保護団体って、いったい何様のつもりでしょうか? そんなに偉いんですか? とにかく善意で協力を申し出た人間に対する上から目線は不愉快の一言につきます。保護団体の態度に耐えかねた私はペットショップで犬を買うことにしました。これから先、結婚できる人の数はどんどん減っていきます。それでも独身者を排除して敵に回し続けたら、保護犬活動はいつか破綻しますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。