信じていた家族に捨てられ、テディベアにしかしがみつけなかった犬

信じていた家族に捨てられ、テディベアにしかしがみつけなかった犬

お気に入りに追加

避妊もし、マイクロチップまで入れたのに、その家族は愛犬を何のためらいもなくシェルターに持ち込みました。一瞬ですべてを失った犬に残されたのは、大きなテディベアだけでした。

4358view

テディベアに寄り添う犬

シェルター

ブルー・レーシー犬の”エリー”(1歳)は、米国テキサス州ダラス近郊に家族と一緒に住んでいました。

家族は、エリーに避妊手術をし、マイクロチップをつけました。

そこまでしておきながら、数カ月後にエリーをシェルターに持ち込んだのです。

エリーは、すべてを失いました。

エリーに唯一残されたのは、たった1つの大きなテディベアにしがみつくことだけでした。

シェルターには収容スペースを確保するために殺処分される犬たちの恐怖の声が響き渡っています。

テディベア

エリーはシェルターで彼女の時間のすべてをテディベアに寄り添って過ごしていました。

幸いなことに、彼女がそこで長く過ごすことはありませんでした。

幸運の光

ニューヨーク市にて個人で犬の救出活動をしているジェニファーさんは、ブルー・レーシー犬を欲しがっていたフロリダ州在住の弟さんに連絡をしました。

ジェニファーさんが、ネットでブルー・レーシー犬を探していたところ、エリーにたどり着きました。

お迎え

ニューヨークにいるジェニファーさんの代わりに、彼女の友人がエリーをシェルターから引き出してくれました。もちろん、エリーの大事なテディベアも一緒です。

エリーは、フロリダに旅立つまで一時預かりさんの家で過ごしました。

その家でエリーは、シェルターより落ち着いて過ごせていましたが、それでもテディベアから離れることはできませんでした。

硬直

一時預かりさんが、エリーをテディベアから引き離してみましたが、彼女は恐怖で固まってしまいました。

しがみつく

そのため、再びエディにテディベアを戻したところ、二度と離れないというようにしがみつきました。

そして、とうとうその日が来ました。

”TWD Transport”がエリーをテキサス州からフロリダ州へ連れて行ってくれました。

時間

エリーはとても臆病でした。

彼女がその殻を破るには、時間がかかると思います。

最後に

しかし、ジェニファーさんは、彼女の弟さんはエリーにとって最高の里親になると確信していました。

その予想どおり、エリーは里親さんのたくさんの愛を受けて日に日に落ち着いてきたそうです。

犬にとっても、愛に勝るものはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。