ハリケーン・フローレンスの洪水の中で取り残された犬

ハリケーン・フローレンスの洪水の中で取り残された犬

米国東部を襲った大型のハリケーン・フローレンスは、深刻な複数の州で被害をもたらしました。洪水でアッという間に町が浸水、そんな中で逃げ遅れ、取り残された命がありました…

はてな
Pocket
お気に入り登録

ハリケーンで取り残された犬

ハリケーン・フローレンス

2018年9月中旬、米国東部を襲った大型のハリケーン”フローレンス”は、複数の州で死者を出し、深刻な被害をもたらしました。

洪水

ある女性は、ハリケーン・フローレンスの影響で、アッという間に自宅に水が入ってきて僅かな隙間から急いで逃げなければなりませんでした。

女性は小型犬と一緒に暮らしていました。

愛犬を一緒に連れ出そうとしましたが、水の勢いは早く、犬も女性もパニックになってしまい、残念ながら愛犬を助ける余裕がありませんでした。

救助依頼

女性は幸い、別の市に避難することができましたが、家に残してきてしまった愛犬のことが心配でした。

そこで”Humane Society of Missouri’s Disaster Response Team ”に助けを求めました。

救助活動

同チームは、2回、彼女の家に行っていました。

でも、どちらの時も水位が高すぎて、家の中に入ることがどうしてもできませんでした。

そして3回目…

水位が少し下がっていたので、必死でドアを蹴破りました。

中へ

なんとか家の中に侵入することに成功しました。

果たして犬は…

犬はなんと、家の中で浮かんでいたソファーの上で生き延びていました!

救助者たちは犬をソファーからおろし、外へと連れ出しました。

救助成功

犬は、家の外に出されると必死で泳ごうとしていました。

隊員たちは、犬を無事、ボートまで連れ出すことに成功しました。

最後に

犬はとてもお腹を空かせていたそうです。

それはそうです。

なんと犬は1週間も何も食べずにソファーの上で必死に耐えていたのですから。

その後、安全な施設に連れていかれ、綺麗にシャンプーされたそうです。

救助隊は他にも取り残された犬猫達がいないか全ての家をチェックしたようです。

同団体は、ハリケーンでの被災者たちへの寄付を呼び掛けています。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。